2015-10-25

美味しくできた!グルテンフリースコーン



うちでの食生活ですが、今年の初めぐらいからいろいろ気をつかうようになりまして、ビオショップなどにもちょくちょく出かけます。

夫が一時期グルテン不耐性の症状がなくなっていた(なぜか2013年のフィンランド旅行中からしばらくよくなっていた、Why?)けど、やはり調子がよくないということでグルテンフリー食へ変更してから気をつけるようにした、というのもあります。

でもビオショップで買うグルテンフリーのお菓子はやっぱり高い。そして結構しっかり甘い。ということで使える粉類(米粉・コーン粉・そば粉など)でせっせと甘くないお菓子づくりをしています。

このたびブログで話してもいいかな、と思えるスコーンが出来上がったのでレシピとともに紹介します。


じゃじゃん!
我ながら壮観、、、


参考レシピはこちら:http://freefromfairy.com/2013/10/perfect-gluten-free-scones.html


一応上のリンクにあるレシピを参考にしましたが、材料的にはあまり言うとおりにはしてません。

参考レシピでは、

  • 350g ベーキングパウダー入りのグルテンフリー粉
  • 大さじ1杯 グルテンフリーベーキングパウダー
  • 85g 乳製品抜きのバター
  • 大さじ2−3杯 砂糖
  • 85g レーズン(お好みで)
  • 175ml ミルクまたは 150ml アーモンドミルクと25ml 豆乳クリーム
  • 大さじ1杯 バニラエクストラクト
  • レモンの絞り汁適宜
  • つや出し用のミルクまたは 溶き卵(豆乳クリームを使うと綺麗な金色になる)


となっていますが、私の場合は、、、

  • 300g 米粉 / 50g コーン粉
  • 1袋(6g)グルテンフリーベーキングパウダー
  • 80g オリーブオイル
  • 大さじ1杯 ケーンシュガー
  • 大さじ1杯 メープルシロップ
  • くるみ適宜
  • 175ml 豆乳(バニラ味)
  • レモン汁適宜
  • たまご1個(生地に混ぜる)


と、言うこときかない反抗期の少女のよう。



ちなみにグルテンフリーベーキングパウダーは上の写真にあるものを使ってます。1袋で500g分の粉に使用、となっているけど思いっきり無視して、500g以下でも1袋使ってます。こちらはいつも行くビオショップで3袋0.95ユーロと納得のいくお値段。また、お菓子づくりとは関係ないですが、スープの出汁などに使うブイヨンでもグルテンフリーものがありましてそちらを使ってます。



このあたりが日本で購入可能なグルテン&アルミニウムフリーベーキングパウダーのようです。


あまりレシピに沿って作りませんでしたが、出来上がりは今まででいちばん良かったかも。くるみを5個分入れたので香ばしい味も加わり、それほどパサつきもなし。もちろん通常の小麦粉を使ったような弾力感はありませんが、ボロボロ崩れてくることもなく私的には大成功。


グルテンフリー食をしていると、特に外食ではなかなか難しい面もありますが、こうして手作りしてみるのも新しい世界が広がるようで面白いものです。今後もグルテンフリー食(=ダイエット)のこと、話題にしていきたいと思います。




ジョコビッチの生まれ変わる食事
ノバク・ジョコビッチ
三五館
売り上げランキング: 151


ジョコビッチのファンではないけど、彼がグルテンフリー食に切り替えてからの活躍ぶりはそれは目を見張るものがあるので、この本気になってます。



最後まで読んでくださってありがとうございます。 
フランスはまだまだグルテンフリーのチョイスが少ないけど、普通のスーパーもグルテンフリーのパンを販売してたりしてありがたいです。
クリックしていただけると嬉しいです♪ 


2015-10-24

英語で学ぶフランス語&おすすめテキスト



いっこうに上達しない私のフランス語。勉強してないから当然とも言えるし、今さらフランス人の中に飛び込んでいく勇気もなく、今に至っております。情けなや、、、。

それでも少しは頑張らなきゃ、と気軽に取り組める方法として、お手軽なネット活用をしています。今は家にいてもこうしてネットであれこれできて、本当に便利な世の中になったものです。


ネットでフランス語がフリーで学べるおすすめサイト


まずいちばん利用しているのがこちらのサイト。

1. Comme Une Francaisehttp://www.commeunefrancaise.com




キュートなフランス人女性"Geraldine"が「英語」で解説しながらビデオレッスンしてくれます。現在はサイト内から有料コースをとって更なるフランス語学習ができるようにグレードアップしてますが、毎週火曜日に配信されるメールマガジンから見られるビデオは完全フリー。女性向けだけではなく、生きたフランス語表現がたくさん学べる内容でビデオ自体も6分程度と長すぎずグッド。(あとはその学んだことを自分で使わないとね。)


2. Learn French with Alexahttp://www.learnfrenchwithalexa.com



こちらは正直それほど利用はしてないのですが、1で紹介したサイトで一度リンクがあって面白そうだなと思ってたまーに利用しています。こちらも講師の女性"Alexa"が「英語」で解説しながらレッスンが進められます。上の"Comme Une Francaise"より語学学校的な雰囲気があり、勉強している気がしてきます。(といいつつ、いつも何かしながら聞き流してる私、、、)


やっぱり練習問題解かないという方にはこちら


言語を身につけるにはやはり手で文字を書いたり、たくさんの練習問題を解かないと、と思うタイプの方には実際に私が使っているテキストがおすすめです。



清岡&レナ式 フランス語初級卒業講座―文法が好きになる1200問
清岡 智比古 レナ・ジュンタ
NHK出版
売り上げランキング: 214,589

日本語で書かれた初級者用のフランス語テキストならこちらがおすすめです。説明文がクスッと笑えるのが決め手。おかげで楽しく進められます。



Vocabulaire progressif du français - Niveau débutant. Buch mit Audio-CD - 2ème édition

Klett Ernst /Schulbuch
売り上げランキング: 17,002

こちらは全部フランス語で書かれていますが、私のような初心者でもイラストが多いおかげでそれほど手こずることもなく、何よりボキャブラリーを増やすのにはもってこいです。



Grammaire progressive du français - Niveau Débutant. Avec 400 exercices. Buch mit Audio-CD 2ème édition
Maîa Grégoire
Klett Ernst /Schulbuch
売り上げランキング: 45,457

新しい言葉を身につけることにおいて文法は避けては通れないもの。特に文法がしっかりしている言語であるフランス語においては重要です。こちらは学校に通っていた時に使用していたテキストですが、練習問題も豊富にあり使える文法用テキストです。



今回紹介したサイトやテキストは私のレベル(初心者・ビギナー)向けなので、これからフランス語を学びたいという方にピッタリです。私の場合、いい加減このレベルじゃいけないんだけどね〜。


少し前に隣町ネルニエで見かけた看板。看板もいい学びの素材です。


書かれているのは、以下のとおり。

"Tu deviens responsable pour toujours de ce que tu as apprivoisé." "Compris?"

意味は「あなたは飼っているもの(ここではペット)に対して一生責任がともないますよ。」「わかった?」ってとこかな。

こうでもしないと犬のウンチが放置されちゃうからか、町のあちこちにこの看板がありました。効き目があるといいね〜。


というわけで今回の最初と最後の写真は隣町のネルニエからでした。


フランス語に関する関連記事







最後まで読んでくださってありがとうございます。 
こうしてブログを書くことで自分のお尻をたたいてみる作戦。さて続くかな、私のフランス語学習?
クリックしていただけると嬉しいです♪


2015-10-22

秋色始まってます in 2015

<img src="autumn-colour1.jpg" alt="Autumn Colour" />

<img src="autumn-colour2.jpg" alt="Autumn Colour" />

<img src="autumn-colour3.jpg" alt="Autumn Colour" />

時折晴れ間も見られるこの頃。

うちのもみじ系の木の葉っぱが色づいてきました。今年は夏前に家の外壁のペンキ塗りを業者さんにお願いしたので、その際の溶剤か何かが木にかかったのか、痛んでいる葉っぱの多いこと。それでも赤・黄・緑と3色入り混じった様子はなかなか美しいです。

<img src="autumn-colour4.jpg" alt="Autumn Colour" />

こちらはうちからいちばん近いスイス側国境の町エルマンス(Hermanceで目にしたおうち。蔦のような葉っぱがすっかり赤くなっていました。夕日を浴びてさらに赤みが増してきれいだった〜。

本日の朝の気温、車の気温計に表示されていた気温、なんと4℃。寒いわ。冬だわ。この温度差が秋色を作り出すんだろうけど、昼の気温も10℃ちょっとであんまり気温差はないかもね、うちの辺り。


なかなか赤くなる葉を見かけることは少ないこの辺りですが、見つけたら嬉しいからか、私、結構この「秋色」テーマでこれまでも書いてきてたんですね。よかったら他の秋色もご鑑賞ください。


秋色がテーマの関連記事





最後まで読んでくださってありがとうございます。 
もう何年も紅葉狩りに出かけてないな〜。やっぱり黄色い秋色より赤い方が秋を感じます。
クリックしていただけると嬉しいです♪


2015-10-16

フランス語での犬の鳴き声


やってきました、どんよりな季節!
太陽のかけらも見えず、冷たい雨が降り冷たい風が吹く秋。だから紅葉する前に葉っぱが落ちちゃうっていうのもあったりなんか。それでも負けずに散歩に出かけてます。そろそろ手袋しないとね。


写真は先週末また愛犬かなちゃんを引き連れて出かけたトノン。前回と全く同じコースで写真も代わり映えしませんが、少し季節が進んだ感じでしょうか?


訪れたカフェも全く同じ(というかここしか開いてない!)だったのですが、さすがに外は寒くて中のテーブルへ。紅茶を頼むとイギリスのティールームでよく出されるステンレスのティーポットでサーブしてくれるのが嬉しい。

私たちがお茶をしていると、2歳ぐらいの女の子を連れたお母さんが少し後に入ってきました。その女の子がすぐにかなちゃんに気付いて発した言葉、

「ワワ、ワワ!」

一瞬、キツネに間違われなくてよかったと思ったすぐ後、なんか日本の子供の呼び方と似てるなと思い、夫に聞いてみました。「フランス語で犬の鳴き声ってなんて表現するの?日本だと、ワンワン、って言うけど。」

「んん〜。いろいろあるけど、よくあるのは

「ワウ、ワウ(wow wowでいいのかな綴り?)」
「ウフ、ウフ(wof wofでいいのかな綴り?)」

かな。英語のような bow wowではないよ。」とのこと。


ひとつお勉強になりました。

その女の子はずーっとかなちゃんに気を取られて何度も「ワワ、ワワ」と言ってました。まだはっきり言葉を話してなかったからまだ2歳ではないかな?でも可愛らしかった♪


店の外観。
お茶以外に甘いものなどあるとさらにいいカフェなんですが。





最後まで読んでくださってありがとうございます。 
これからの季節、吹き付ける風が冷たそうなトノンの湖畔の遊歩道へお散歩行くかな私?苦笑
クリックしていただけると嬉しいです♪



先日投稿した記事「秋色のマルシェ」が広島にある宮島を一望できるフレンチレストラン「セイホウ・オンブラージュ」のサイト内のコーナー「四季を感じるブログ集」の中で紹介されました。
セイホウ・オンブラージュ | 広島で極上のフレンチを世界遺産の島・宮島を望む美しい景観とともにご堪能下さい。 

ありがたいお話です。


2015-10-12

大活躍お疲れさまでしたラグビー日本代表


今日本で話題になっていることのひとつがこのラグビー日本代表の今回のワールドカップでの大活躍じゃないでしょうか?

ご存知のとおり、初戦で強豪南アフリカ代表に最後の最後で大逆転の歴史的勝利!これ、フランスでは一般のチャンネルでは放送がなかったのでBBCのライブスコアでちらちら気にして見てたんですが、「え、ええー!?日本勝っちゃった!??」と驚いちゃいました。

私、むかーし昔大学ラグビーにハマってた時期があって少しラグビー興味ありまして。その頃からルールがだいぶ変わってるけど、これぞ男のスポーツ(女子ラグビーもあるようですが)でトライを決めても派手に喜ばない控えめなところが紳士的で惹かれるスポーツです。


今回のW杯で得点王にもなりそうな五郎丸選手。 
ルックスもいいから既に人気者かな?


残念ながらフランスではフランス代表の試合しか放送してくれないので、一度も日本代表の雄姿を目にすることはできなかったのですが、日本での盛り上がりや開催国イングランドでも南アフリカに勝利したことでいい意味で話題になっているようで、何だか誇らしい。


昨日グロスターで行なわれたの日本対アメリカの試合での一コマ。
日本びいきの地元の人のようです。

今回の3枚の写真は全てBBCからお借りしました。


ご存知のとおり、3勝しながら決勝トーナメントには進出できませんでしたが、次回日本で開かれるワールドカップの前に多くの人の注目を集めることができて、2019年は盛り上がってくれるといいですね。

私はテニスやサッカーのように常にラグビーをフォローしているわけではないので、にわかファンのひとりのようなものですが、各国の代表チームには全てではないけど、愛称(ニックネーム)があるんですね。誰もが知るニュージーランドのオールブラックスは置いておいて、今回初めて知った日本代表の愛称「ブレイブブロッサム(Brave Blossoms)」。訳して「勇敢な桜たち」。なんかいいじゃん!かっこいい!日本らしさが表現されてる!

今回の日本代表はまさにこの愛称どおり勇敢であきらめない戦いぶりでしたね。4年後も大いに期待してます!


ちなみに各国の愛称も気になったのでググってみたらまとめページがありましたので、興味がある方は(こちら)をご参照ください。





最後まで読んでくださってありがとうございます。 
フランス代表は準々決勝に残ったんですが、対戦相手が前回優勝のオールブラックス。きっと放送されるだろうから見てみよう!オールブラックスのハカも見たいしね。
クリックしていただけると嬉しいです♪


2015-10-11

家庭画報 International 英語で日本文化を知る



家庭画報という雑誌、ご存知の方も多いかと思います。
私が持つ家庭画報へのイメージは医者や弁護士など比較的豊かな暮らしをされている奥様御用達の雑誌。私の生活レベルとはあまりにもかけ離れているので、これまで家庭画報を購入したことはありませんでしたが、昨年ジュネーブのPalexpoで開かれたブックフェアで家庭画報のインターナショナル版が存在することを初めて知り初めて買ってみたらこれがなんと面白い!


日本文化を英語で伝えたい人にももってこい


インターナショナル版なので、当然英語オンリーの雑誌ですが、英語が分からなくても写真の美しさで思いっきり引き込まれちゃいます。おそらく英語を解する外国人向けに作成されている雑誌なんでしょうが、例えば日本人でも外国人の友人に日本文化を説明する時の素晴らしい参考書になることは間違いなし。

私が昨年のブックフェアで購入したのはこちらの京都特集版でした。

KIE2013SPRING/SUMMER vol.31 (家庭画報特選)
世界文化社
世界文化社 (2013-03-01)
売り上げランキング: 369,853


京都市内の情報は日本語のガイドブックや情報誌でもたーくさんあるけど、こちらでは市外の木津川や伊根の情報も網羅しており、新たな発見となりました。掲載されているホテルなどはやはりラグジュアリー系が多いのでおいそれと利用できるわけではないけど、こちらは私の中の永久保存版です。


定期購読がおすすめ


で、こちらの雑誌をこれからも買いたいな、ということになったのですが、うちの辺りでは見つけにくいので、定期購読をすることに。インターナショナルという名のとおり、海外にも配送してくれるのですが、配送料がやはり高い。

こちらの雑誌は年2回のみなので、雑誌の価格が1200円(+税)でも特別高いとは感じないですが、フランスまでの送料を含めると5660円と雑誌価格の倍以上になってしまう。電子版もあるので、そちらも考えましたが電子版は税金分がかからないだけで割安感もないし、夫が「こういう雑誌は紙媒体でとっておきたい。」と主張したので、出した結論は、「私の親宅に送っちゃえ!」。嬉しいことに日本国内だと送料は無料。もちろん雑誌代は私が支払い受け取りだけをしてもらうようにしてます。で、私宛に時折小包を送ってくれるので、その際にこの雑誌も混ぜる、と。

欠点は雑誌が発売されてすぐに読めない(3月と9月発売)ところで、最新版もまだお目にかかってないのですが、流行り廃りのある内容の雑誌ではないので、まあ何とか待てます。


最新版はこちら

KIJE2015AUTUMN/WINTER vol.36 (家庭画報特選)
世界文化社
世界文化社 (2015-09-01)
売り上げランキング: 73,375


定期購読を希望される方は家庭画報のサイト(こちら)のいちばん下の「Subscribe」をクリックすると申し込みページへリンクします。

読書の秋、英語の勉強にもなり、美しい日本の風景、工芸品などの写真も楽しめる家庭画報インターナショナルをお楽しみください。



最後まで読んでくださってありがとうございます。 
最新版を手に出来るのはもうしばらく先になっちゃいそうなので、読んだ方いたら感想お聞かせください。
クリックしていただけると嬉しいです♪


2015-10-06

秋色のマルシェ


週末の日曜日、いつもは隣町のマルシェへ行くのですが、先週末は日本祭り参加で行けないことがわかっていたので、前日の土曜日に少しだけ離れた町シエ(Sciez)のマルシェに初めて行ってみました。

この辺りではいい感じのカフェ「Lancelot」が近くにあるマルシェですが、シエの町はどちらかといえばいつも通り過ぎるだけで、その何度か通りすがりの際に土曜日にマルシェがあるのは知っていたのでした。

でも実際に行ってみてびっくり。「あら、これだけ?」と驚きの小さなマルシェ。いつもの隣町マルシェの10分の1ぐらい?


あまり選択肢がなかったけど、とりあえず欲しいものは買えました。秋らしい栗やかぼちゃなどが並んでいましたよ。
(このかぼちゃ見た目によらずあんまり美味しくないのよね、残念。)


うちも秋らしく、くるみを買ってみました。立派な殻付き。専用の殻割り器を持ち合わせていないわが家は仕方なくトンカチでガンガン割ってます。それでも何とかなるもので、大きくて新鮮なくるみがいただけて幸せ〜。この辺りではフランスのグルノーブルの辺りがくるみの有名な産地だとか。


マルシェの入口近くにあるもみじ系の葉っぱはすっかり秋色に色づいていました。



最後まで読んでくださってありがとうございます。 
いつものマルシェの偉大さに気付いたよ!ここは日曜日に行けない場合のみだね。
クリックしていただけると嬉しいです♪
 


【2015.10.16追記】
こちらの「秋色のマルシェ」の記事が広島にある宮島を一望できるフレンチレストランセイホウ・オンブラージュのサイトの中のコーナー「四季を感じるブログ集」の中で紹介していただけました。

セイホウ・オンブラージュ | 広島で極上のフレンチを世界遺産の島・宮島を望む美しい景観とともにご堪能下さい。

宮島へはまたぜひ行きたいので(2014.06に行きました。広島 神秘的な宮島縮景園と宮島カフェSarasvati)、その際にぜひ立ち寄りたいです。


2015-10-05

快晴の中の日本祭り2015


昨日の日曜日はジュネーブ(カルージュ)で日本祭りが行なわれました。天気予報はあまりよくなかったけど、朝から1日中快晴で絶好の祭り日和でした。

昨年はなかった紙提灯のオブジェがなかなか素敵でしたよ。


正面から見ると、手前の噴水(だと思われる)に提灯が反射してより綺麗、なはずなんだけど、バックグラウンドにあるサインが邪魔で残念でした。


昨年とは逆向きに撮影してみた入口の垂れ幕。これはまだ準備段階の様子なので、嵐の前の静けさといったところです。


今年は昨年より時間が短く、昼の12時から夕方の6時まで。上の写真もスタート前の食の屋台の様子なのでまだまだ余裕がある感じですが、開場後は去年同様長蛇の列が出来上がっていました。特に人気なのはお好み焼きの屋台だったかと。

左側にある写真の「弥勒米」は広島産の減農薬米だそうで、小さめではありましたがおにぎり1個が1スイスフランとお値打ち価格だったのでいただきました。シンプルな塩むすびだったけど、ふっくらした美味しいお米でしたよ。炊きたての試食までいただいちゃいました。


さて写真展の方ですが、今年は先にも書いたとおり、開会時間が短かったからか人の入りが集中して、写真の前に人だかりが出来る時間が長く、写真をゆっくり見ていただく時間があまりなかったように感じました。通路の壁際に展示していることもあって、気付かない人も多く、写真にもたれかかったりするもんだから、何度背中を触って注意したことか。

それでも昨年購入していただいた方もまた何名か見に来てくれたり、声をかけてくれた方はみな一様に気に入ってくださったようでありがたかったです。11月からニヨンのレマン湖美術館で開かれる写真展のフライヤーがちょうど直前に刷り上がったので、それを配布することができたのもよかったです。

日本祭り自体はお天気に恵まれたこともあって、多くの人出があり、今年も大成功だったのではないでしょうか?(って私は主催者側でもなんでもないけど) 主催者やたくさんのボランティアの方々、出店者の方々、みなさんお疲れさまでした。




最後まで読んでくださってありがとうございます。 
まだ2度目の参加だけど、日本祭りの日は暖かく過ごしやすくなる吉日なのかと感じたのは私だけ?
クリックしていただけると嬉しいです♪


UA-68325954-1