2015-11-24

冬到来でも湯たんぽでほんわか幸せ感じる温かさ



今年の11月は例年より暖かく、また天気もよくて、寒い地域に住んでいることを忘れてしまうほどでしたが、さすがに11月の下旬にもなるとそうはいきません。

チラリと初雪も降り、気温は0℃前後。冬の初めのこれぐらいの気温の頃が一番寒く感じるもの。これがしばらく続くと、不思議と身体も慣れてきて一桁のマイナス気温なら何とか耐えられるようになるんです、これが。

この寒さの初めに使い始めるといいもの。私にとってそれは「湯たんぽ」です。


湯たんぽを使うと寝付きがよくなる



あまりにも寒いと昼間にも抱きかかえたりしますが、基本は寝る前にベッドの足元に置いておきます。私は寝る直前にシャワーを浴びますが、シャワーだけでは温まらない足も湯たんぽにくっつけるとじわじわと温まってきます。そうすると寝付きもよくなる。足が冷たいと眠れないですからね〜。


おすすめの湯たんぽはドイツ製のファシー





私の愛用している湯たんぽは以前にもブログに書いたことがありますが、ドイツの【ファシー(Fashy)】というブランドで、冬にも使え、水枕としても使えるタイプ。昔、短期間過ごしたイギリスやニュージーランドではこのタイプの湯たんぽで、使いやすかったことからネットで探して買いました。



初めて湯たんぽを使ったのがイギリスでだったので、私はこのタイプが使い慣れていて好きです。このファシーには下部に小さな穴があり(上の写真を参照ください)、使用後に吊るして乾燥できるようになっているので、湯たんぽ内部のカビ防止にもなるので便利ですよ。

私が購入した時はこんなにカバーのチョイスがなかったけど、今はバラエティー豊富ですね〜。個人的にはフリースの肌触りの方が好きです。(ウール素材だとチクチクするので。)


まとめ


日本でいうと北海道や東北地方と同じぐらい冷え込む雪国住まい(降雪量はそこまで多くないですが、それも年によりけり。)で、暖炉もラジエーターもある環境ですが、湯たんぽ独特の温かみが何とも言えず好きです。


【関連記事】







最後まで読んでくださってありがとうございます。 
一度使い始めると温かくなるまで手放せない湯たんぽ!旅に持っていくのもアリです!
クリックしていただけると嬉しいです♪
 

0 件のコメント:

コメントを投稿


UA-68325954-1