2015-11-20

多くの来場者や関係者に感謝の写真展オープニング


先日お伝えした、夫の写真展が昨日よりスタートし、そのオープニングパーティーが昨夜盛大に執り行なわれました。ありがたいことに、大変多くの方々にご来場いただき感謝の気持ちでいっぱいです。




写真展開催に関する記者会見まで開かれた


昨日は午前中のこじんまりした記者会見から始まり、夕方よりオープニングパーティー、と長い1日でしたが、その疲れも嬉しいぐらいの素晴らしい日となりました。

昼間に少しだけ美術館の外にも出ましたが、上の写真(美術館の入口です。美術館っぽく見えない建物ですが。)にある同じポスターを町のあちこちで見かけ、嬉しいと同時にいよいよ始まるんだな、という高揚感が沸いてきました。



記者会見の際に用意された飲み物やスナック。
手前味噌ですが、こうして夫の写真と並べてみるとお部屋のインテリアに結構合うんじゃない?と感じました。いかがでしょう?




美術館では3つの部屋に分かれて写真が81点展示されています。上の2枚の写真は順番的にいうと3番目の部屋で、その部屋は全て日本で撮影された作品ばかり並んでいます。さながら「Salle de Japon(日本の間)」と言ったところ。


オープニングパーティーの様子






18時半からスタートしたオープニングパーティーでは美術館側が用意したドリンクやケータリングのおつまみが美しく並べられていました。(これらは専門業者を利用。)

段々に宝石のように並べられているのはお寿司など。残念ながら私たちは口にすることができませんでしたけど、来場者の方々が満足していたのならそれでよしとしましょう。(ホントはひとつでも食べたかったな〜)


パーティーのはじめには来賓であるニヨン市の文化担当者の方の挨拶、今回の写真展の企画から何から何まで担当してくれた美術館の担当者さんの言葉、そして夫のスピーチがありました。

私だったら多くの人を前にした場合、原稿でもないと全く話せないし、原稿があってもド緊張して何話してるのかさえわからない状態になってしまうけど、夫はスピーチ得意なのです。原稿もなしに、スラスラと来場者や関係者の皆さんに感謝の意を伝え、聴衆している人たちの反応をみながら話の流れを作り上げていくことまでできちゃう。そして私への感謝の言葉まで添えてくれました。(その時、みんなに私の顔を覗き込まれちゃいました。)

今はだいぶ変わってきているかもしれませんが、日本人だと身内のことを褒めたり、感謝の言葉を人前で言うこと、あまり多くないかと思います。私からしたら、写真を撮ったのは彼自身で私が褒められる対象のはずなんてないと思っちゃうし、このことで注目を浴びた時の反応に困るのですが、特に日本では確かに私はいっぱい協力してるよね、と胸を張っていることにしました。

スピーチの後には今回の写真展開催を記念して作られた写真集の販売も会場内で行なわれ、サイン会状態となっていました。



琴の演奏で会場の雰囲気が凛としたものに


今回のパーティーでは素晴らしい琴の演奏も披露されまして、これも楽しみにしていたことでした。

美術館側がジュネーブ領事館に問い合わせて探し出してくれたチューリッヒ近郊にお住まいの日本人女性が演奏してくださいました。

この日のための連絡事項をお伝えするために私が彼女とメールのやり取りをしていましたが、お会いするのはもちろんこの時が初めて。でもとても気さくで感じのいい方で、すぐに気兼ねなく話すことができました。



リハーサル中にお邪魔して横から琴を撮らせていただきました。



演奏は「日本の間」にて。着物も着てくださりました。


日本人である私でさえ、琴の演奏をこんなに間近で聞くことは珍しいぐらいなので、スイス人にとってはかなり物珍しいはず。こちらでも多くの人が興味津々で聞き入っていらっしゃいました。

演奏していない普段の時の雰囲気とはガラリと変わり、凛とした芯の強さを感じる素晴らしい演奏で、おそらく私が一番大喜びしていたんじゃないか、というぐらい聞き惚れてました。年齢のせいや夫のおかげで日本に対する見方や認識が変わってきたせいもあるのか、琴の音色がとても心地よく、同時に日本人であることに誇りを感じることができた夜でした。(って私は琴の譜面も読めなければ、奏でることも全くできませんが。)


来場者・関係者のみなさま、本当にありがとうございました


こういった大きなイベントはひとり、または夫婦だけでは決してできるものではありません。もちろん写真家あっての写真展ではありますが、この日を迎えるまでに多くの人のご尽力があったからこそスタートすることができたんだ、と感じます。改めてご来場者のみなさま、この写真展開催にあたってお力添えをしていただいたみなさまに感謝したいと思います。またこのブログの読者の方々もいつも応援してくださってありがとうございます。

写真展は来年の2月末まで続くので、お時間ある方はぜひご来場ください。



最後まで読んでくださってありがとうございます。 
心地よい疲れ、というのもあるもんだな、とパーティーの翌日である本日は感じております。
クリックしていただけると嬉しいです♪

0 件のコメント:

コメントを投稿


UA-68325954-1