2015-11-01

最後の秋色とテニス・バーゼルオープン


週末の日曜日、思いがけなく午後から晴天となり、これまでも何度か散歩に出かけた近くの町トノンへかなちゃんを車に乗っけて行ってきました。(夫はこれまでと同様自転車にてトノンへ。)

通常の日曜日というだけでなく、今日はフランスの祝日「Toussanit(諸聖人の祝日)」だからだったこともあってか、湖畔の遊歩道は大勢の人で賑わっていました。ただ単に暖かめでいい天気だったからかもしれませんが。



そろそろ秋色も終了かな、という時期なので、お日さまに照らされた最後の輝きを目にできてラッキー。風もなく穏やかな日曜日でした。


いつものカフェでお茶をした後の午後5時ごろには既に夕焼け時。黄色の世界が赤くなっていてまた違った美しさを目にすることができて、こちらもラッキー。

このように人間はハッピーと感じたものの、愛犬かなちゃんはいつもより大にぎわいの湖畔の通りに驚いたのか少し居心地悪そうでした。ソーシャライズできない犬は人ごみが苦手で。トホホ。


人が多いと落ち着かないワン!



さてさて、話は変わって、久々のテニスねた。
今週スイスのバーゼルで開催されていたテニスのスイス・インドア・バーゼルトーナメントで久しぶりに我らがロジャー・フェデラー優勝しました。万歳!

試合をテレビで見たわけではなく、結果のみ散歩帰りに知っただけだけど、対戦相手が長年のライバル、ラファエル・ナダルだったこともあって余計に嬉しい。ナダルと久々(1年9ヶ月ぶり)しかも決勝で対戦できたというのももっと嬉しい。やっぱりこの2人が戦うと絵になるな〜。


絵になるツーショットです。


そしてこのバーゼルオープンの目玉、というか面白いのが、優勝者がボールキッズたちにピザをごちそうするという企画。ロジャーはバーゼルが自身の出身地ということもあり、子供の頃このボールキッズをしたことがあるそうで、ピザを食べたことがいい思い出として残っているそう。この大会7回目の優勝の今夜も上の写真にあるようにボールキッズに囲まれながらピザを食べた模様。彼らにとっても忘れられないいい思い出となることでしょう。いいな〜。

(写真は2枚ともDaily Mailよりお借りしました。)


今年は日本が誇る錦織くんが後半ブレーキがかかちゃったかのようで去年ほどの活躍ができなかったのが残念でしたが、11月15日からスタートするツアーファイナルには出場が決まって何より。来年のシーズンにつながる好試合を期待してるよ、錦織くん!


関連記事




最後まで読んでくださってありがとうございます。 
本当はテレビ観戦したかったところだけど、スイスのテレビチャネルが今のうちでは見られなくて残念。でもまだまだロジャーの活躍が見られるのは本当に嬉しい!
クリックしていただけると嬉しいです♪

0 件のコメント:

コメントを投稿


UA-68325954-1