2014-09-30

County Mayo(マヨ郡)の風景と癒しの羊


コネマラ地方を後にし、北東方面に車を進めました。
この日の目的地はひとつだけ。もしそこに行くまでに良さそうなスポットを 見つけたら停まるという行き当たりばったり的な日でした。

で、早速見つけました。いい感じのお店。
上の写真にあるような茅葺き屋根の家屋や店舗をアイルランドでは何軒も見かけました。マヨ郡(County Mayo)の都市ウェストポートの中心から少し離れた海岸沿いを走っていた時に見つけて写真だけ撮りました。ここを通る直前にカフェに入ってしまっていたので、写真だけ。でも何ともいい雰囲気です。

The Sheebeen
Rosbeg, Westport, Co. Mayo
http://croninssheebeen.com


このレストランを見つける前に入ったカフェはこんな感じで女の子受けする雰囲気満載です。私はハーブティーだけをいただいたんですが、ショーケースに美味しそうなケーキが並んでいたのに魅かれた夫がレモンケーキを注文。見かけによらず結構な甘さだったけど、素朴な風情のお菓子が大好きな私たちは結構気に入りました。(結局ケーキ食べてるし、)


その後は目的地へ向かってひたすら北へドライブ。途中は全く何もなく、ランチをする店も見つからずで目的地の町Ballycastleでようやく可愛い外観のお店を発見。

コテージと名付けられたお店は品のいい高齢のマダムがひとりで切り盛りをしている模様。いつものようにスープランチを頼み、目的地の場所などを聞くと他にも近くに見どころがあるようで親切に教えてくれました。アイルランドの片田舎の町だけど、マダムは訛りがなくきれいなイギリス英語を話されていたから移住者の方かも?温かくて素朴なコテージでした。

Mary's Cottage Kitchen
Main Street, Ballycastle, Co. Mayo
Tel: +353 (0)96 43361


さてこちらがこの日の目的地。



「Downpatrick Head」と名付けられたバリーカッスルの北岸にある岩(島とも言えるのかな?)。


角度を変えて横から見るとこんな感じで全く違うもののように見えます。アイルランドの守護聖人である聖パトリックがこの地に教会を建てたことからこの名がついたとのことです。


この岩島がある後ろを振り返るとグリーンの絨毯が広がる穏やかな風景。羊も放牧されています。(なので羊の糞がいっぱい!でも基本乾燥しているので踏んでもくっついてはこないです。)

駐車場も完備されていて、このダウンパトリック・ヘッドの辺り一帯を歩くこともできます。のんびりするには良さそうです。駐車場周辺は同じように羊などの放牧地となっているので、ファーマーの方も見かけましたが、皆さんフレンドリーに挨拶してくれるので、こちらからも気軽に挨拶させていただきました。本当にアイリッシュの方たちフレンドリーです。

ダウンパトリック・ヘッド情報はこちら→をご参考に(英語)。


こちらの古そうに見えるモニュメントがコテージのマダムご推薦のトレイルコースに含まれたガゼボと呼ばれるモニュメントです。

お店にこのトレイルコースのパンフレットがあり、このガゼボの写真を見た夫がアイルランドらしいと感じたものだから行くことになりました。予定になかったけど、こういう偶然の発見は面白いもの。

とはいえ、ここにたどり着くのは簡単ではなかったんです。バリーカッスルから少し南東にあるKillala(キララ)にある「Lackan trails」という4.2kmコースの中の1スポットだけど、細い道をぐねぐね運転しなくてはならず少し怖かったです。ガゼボ近くの教会の庭でお茶をしている3人組の女性がいたので歩いて行けるかと聞いたら、「あなたの健脚度合いによるわね〜。ここからかなり丘を登った上にあるし、車を駐車できる場所もあるから車で行った方がいいわよ。」とありがたいアドバイスのおかげでたどり着けました。会えてよかったお姉さんたちー!


お姉さんの言ったとおり、荒涼とした丘の上にポツンと立つガゼボはパンフレットによると、1794年に建てられた塔で昔は灯台のようなナビゲーションの役目も果たしていたとのこと。もう少しスピリチュアルなものかと思っていたけど、そうでもなかったようで。でもまあ行けてよかったです。

さあ、モニュメントも見れたことだし、ホテルに向かおうか、まだ先は長い!
と思っていたら、Sligo(スライゴ)という大きめの町を通り過ぎてから何度も目にする滝を表示する看板。「あ、やばい、絶対行きたいって言うわ。」と思ったとおりの反応をしてくれた夫。まあこの日は水系のスポットがなかったので行くことにしました。


滝の名前はGlencar Waterfall(グレンカー滝)。駐車場も整備されて大きなものでした。この駐車場前の風景が北イングランドの湖水地方の風景によく似ていて私はそれが懐かしくうれしかったです。


しつこくもう1枚。小ぶりなグレンカー湖畔にいた羊たち。ここまで運転してきて疲れた私の心を癒してくれました。

滝はこの駐車場から歩いてすぐ。遊歩道も整備されていてこれほど簡単にたどり着ける滝は初めてだったかも?肝心の滝の写真は実は撮ってない…。いい滝だったんですが、少し暗かったのと、楽に到着できて感動があまりなかったこともありまして。滝って「ようやくたどり着いたー。」という感覚がいつもあるのであっさりしすぎで拍子抜けしちゃったのが本音です。(滝の様子はこちらをご参考に→



最後にまた羊。
私の羊好きは何度かこのブログでもお伝えしてきたので、覚えていらっしゃる方もいるかと思います。アイルランドはそんな私にはパラダイス!?黒い顔の羊があちらこちらにいます。ただ、特にコネマラ地方を運転中、道の脇にいたり、道の真ん中をのんびり歩いていたり、と運転しながらひやっとしたことが何度かありました。

アイルランドの田舎道は道幅が狭くても制限速度100km/hなんていう道も結構あるので、ひかれてしまう羊たちも結構いるんじゃないかな、と心配になりました。

私にとって平和の象徴で癒しの存在の羊たち。交通事故にあったりしないでほしいものです。




最後まで読んでくださってありがとうございます。 
この後は私にとっても初の北アイルランドに入ります。クリックしていただけると嬉しいです♪


2014-09-28

カイルモア修道院とコネマラシーフード


アイルランド西部コネマラ地方では、この辺りで一番の観光スポットでもあるカイルモア修道院(Kylemore Abbey)にも行きました。

コネマラ国立公園の北側のポラカパル湖沿いに立つ修道院は写真のとおりとても美しいです。ちなみにこの写真を撮った地点までなら入場料を払わずに写真を撮ることができます。外観だけにしか興味がないという場合はご参考に。


夫はその外観だけに興味があるとのことで私だけ入場しました。中は修道院だけではなく、教会や庭園もありかなり広いです。教会に行く途中はこのように湖畔沿いの道を歩いていくのでハイキング気分です。この日もご覧のとおりいいお天気でベンチに座っているだけでも気持ちいいぐらい。


こちらがネオゴシックスタイルの教会です。こじんまりしていますがここに行かないなんてもったいない話。


天窓から注ぎ込む光が美しかったです。


シンプルだけどステンドグラスもなかなかなもの。


教会までは湖畔沿いを歩いたので、修道院の下の部分を歩くかたちになって通り過ぎてしまい、改めて修道院の中へ。


いくつかの部屋が公開されていて、こちらは豪華なダイニングルームです。
こちらの修道院は初め城として1867年に建設され、その後1920年にベネディクト修道院となり、3年後に全寮制の女学校となり、つい最近の2010年までその学校は続いていたとのこと。この学校に入学するのは良家の子女が多かったようです。

そしてこのカイルモア修道院のもうひとつの目玉であるビクトリアン庭園は少し離れておりシャトルバスが出ているのでもちろん利用させていただきました。バスで5分ほど行くと到着。


6エーカーもの敷地に花の庭園と野菜ガーデンがあり、何かの賞もとったことがあるとのことですが、、、んんん。私はあまり好きじゃなかったです。(夫は間違いなく嫌いなはずなので入場料払わなくてよかったね〜。)


でもひとつ嬉しかったのが、ドライブ中たくさん見かけたフクシア(Fuchsia)の花の写真が撮れたこと。アイルランドでは家の生け垣にもなっていたり、とにかくあちこちで見かけました。こんな真っ赤なフクシアが咲き乱れていたものだから、アイルランドが余計にカラフルなイメージとなったぐらい。


庭園前のティーハウスの横にあったこちらの羊のオブジェは抜群のアイデアですけどね。ここに行けたのはよかったけど、わざわざ行かなくてもいいような気もしました。だってコネマラの風景はこの修道院よりずっとずっと素晴らしいから。


こんな何でもない谷間の風景の方が好きでした。


カイルモア修道院(Kylemore Abbey)
開園時間:9 - 18(年中無休)
入園料:大人13ユーロ



コネマラ地方に行くまで知らなかったですが、漁業が盛んでレストランでもシーフードメニューが充実していました。宿泊していたクリフデンの町からもそう遠くないところにあった「コネマラスモークハウス」というサーモンをはじめ、マグロやサバをスモークし販売している工場を少しのぞいてきました。

残念ながら作業風景は見られなかったけど、マネージャーらしき人がいろいろ説明してくれ、スモークサーモンを試食させてくれたりと親切でした。サーモンはワイルドサーモンやオーガニックサーモンを主にスモークしているとのこと。オーガニックサーモンとは1トンあたりの水に2匹のサーモンしか育てないようにし徹底管理しながら養殖しているのだそう。

価格表を見るともちろんそれなりのお値段だけど、今まで食べたスモークサーモンで一番じゃないかというぐらい美味しかったです。オンライン注文もできるようなので、特別な時にオーダーしてみるのもいいかも。

コネマラスモークハウス(Connemara Smokehouse)
Bunowen pier, Aillebrack, Ballyconneely
http://www.smokehouse.ie



これがコネマラで食べたシーフード(の一部)です。
上はイカのフライ。左下はムール貝のワイン蒸。右下はスモークサーモンのクリームパスタ。ムール貝とパスタは見かけによらずかなりのボリュームでした。もちろんお味はよろしゅうございましたよ。




最後まで読んでくださってありがとうございます。 
普段美味しいシーフードにありつけないこともあって大満足でした。コネマラではぜひシーフード食べてくださいね。
クリックしていただけると嬉しいです♪ 


2014-09-27

シャレー風パティスリー Lancelot


とてもよい天気に恵まれた週末土曜日の今日。買い物に出かけた際に立ち寄ったカフェがこの辺りらしいかわいいお店でした。

外観写真はないけど、この近辺でよくあるシャレー(山小屋)タイプ。好きな人は大好きなハイジの世界です。(ちなみに私はあんまり好きじゃないですが、)


店内奥にこじんまりとしたティールームスペースがあり、素朴な小物がたくさん飾られていました。上の写真のコーナーにはクリスマス向けの紅茶やラッピンググッズが置かれていました。


お店はショコラティエ&パティスリーとなっていて、お店に入るとケーキ類のショーケースがあり、その背後にはたくさんの紅茶缶が並べられています。コーヒー派が多いフランスではかなり珍しいお店かと。もちろん数多くの選択肢から紅茶を選び、お菓子はベリー風のティラミス。商品名がそうなっていましたが、ティラミスではなかったな。むしろパンナコッタと言った方がいいかも?でも今日の昼間は20度以上あったので、さっぱりいただけてよかったです。




ティールームから店内はこんな感じで、アルプスの山小屋の雰囲気です。どちらかといえば私の好みではないけれど、アイルランドで素朴なカフェを見てきて捉え方が変わったのか、その土地らしさを全面に出したデコレーションというものが素晴らしいと思えるようになったのか、「いい」と感じました。

このお店の存在は前から知っていましたが、いいタイミングで行くことができたのかな?アイルランド前に入っていたら今日のような感想は抱かなかったかもしれないです。



Lancelot Pâtisserie
806 Avenue de Sciez, Sciez, France
Tel: +33(0)4 50 72 60 27



最後まで読んでくださってありがとうございます。 
とにかく紅茶の種類が多く、値段もほぼ統一されていて良心的。いいとこ見つけた♪
クリックしていただけると嬉しいです♪ 


2014-09-26

アイルランド西部コネマラ地方


ダブリンでの用事を済ませ、夫を迎えにダブリン空港まで行き、レンタカーをして向かったのはダブリンと正反対の西部、コネマラ地方です。

その前にレンタカーですが、ダブリン空港では各レンタカー会社の車に乗って、空港から少し離れた事務所へ行き、そこで手続きをして車を借ります。私たちはE社に予約をしていたんですが、手続きが進むにつれて予想外の価格の跳ね上がり様ったら。私たちが不満顔だったのか、受付のお兄ちゃんは気を利かせてくれたのか、車をグレードアップしてくれたけど、これがまた余計なお世話的なサービスで…。私たちはコンパクトカーがよかったのに、なぜかファミリーカー。その後運転しづらく結構苦労しました。ここだけ今回の旅で不満だったことでした。

愚痴は置いておいて、写真をご覧のとおりいいお天気で気持ちよかったー。


1、2枚目の写真は、西部では大きめの町ゴールウェイの北部に位置するコリブ湖畔の風景。湖はかなり大きく、多くの小島が浮かんでいるからか湖畔というより海岸沿いのよう。でもとても静かで、温かかったこともあって、湖畔でランチをとっている人もいました。外でのランチに抜群のロケーションですよね。


こちらの風景はコネマラの観光サイトにも取り上げられているぐらいコネマラを代表する風景。なのに行ってびっくり。この湖に浮かぶ島の前に思いっきり電線が!でも不思議と写真を撮ると消えてる!でもやっぱり残念なのでなんとかならないものかな?この風景を見るためにか駐車スペースもあり、かなりの人が車を停めて写真におさめていました。

コネマラは雄大で手つかずの自然がたっぷり残された地域で、夫がアイルランドで一番時間をかけたかったところだったため、3泊しました。それなら通常ゴールウェイに宿泊するところ、そこから80kmほど離れたクリフデンという町に泊まりました。ここもレストランや宿がかなりあり、車も停めやすい町で結果的によかったです。

でもやっぱりかわいいと評判のゴールウェイは見ておきたい。


ホント可愛かったです。町中花が飾られ、大きすぎず小さすぎずの程よい大きさ。でもやっぱり大きめの町での運転は慣れないこともあって不安だらけでしたけどね。

そう、アイルランドは日本と同じ車は左側通行なので、慣れている私がメインのドライバーだったんです。だからこそコンパクトカーがよかったんだけどな〜。


こちらはランチをしたレストラン。
なぜかフランス風。


店内もいい感じで店員さんも感じがいい。アイルランド全体に言えることですが、誰もがフレンドリーで優しいんです。旅をする上でこれって重要ポイント。そしてアイルランドの食事、全般的に美味しいです。もちろんここのレストランも美味しかったですよ。

コネマラは内陸部には湖が多く、そして海岸線も多く、本当に自然の宝庫。


海もこんなにきれいです。これはどこだったかな?隣のビーチにいた時に突然おじさんが話しかけてきて、「このすぐそばの○○ビーチもきれいだから行ってみるといいよ。」と教えてくれたので行くことができたビーチ。何もないけど、沖縄のように美しい海。ここはもう大西洋です。大西洋と聞くと、遠くに来たもんだと感じます。


ひたすら海岸沿いを運転して夕食をとるために停まった名前も忘れてしまった町にて。夕暮れ時の静かな海辺にケルト文字が刻まれた小さな石碑がありました。意味は全くわからないけど、このフォントが好きなので思わずパチリ。

次の1枚はコネマラ地方ではありませんが、


こちら結構有名なモニュメントで知っている方も多いでしょう。クレア郡のバレンにある"Poulnabrone Dolmen"と呼ばれる墓石です。日本でいう古墳のようなものでしょうか。もう少し大きいものだと思っていたけど、案外小さめ。このドールメン(日本語で支石墓)は約5000年前にできたものらしいです。アイルランドにはこのドールメンが大小いくつも残って他にも見かけました。(また別の投稿にて)


こちら3泊したクリフデンの街並みと朝食。イングリッシュブレックファーストならぬアイリッシュブレックファースト(ほぼ同じ内容です)も頼めたけど、多すぎるのである日の朝はパンケーキをいただきました。薄めのクレープ風。かなーり甘かったです。上の方に見えるバターがコロコロしていてどうやって作るんだろう?と毎朝考えてました。


ご参考に:
コネマラ観光サイト(英語)
http://www.connemara.net





最後まで読んでくださってありがとうございます。 
もう1回コネマラ地方続きます。一番の観光スポットにも行きましたよ。
クリックしていただけると嬉しいです♪


2014-09-25

ダブリンの街並みと老舗カフェ


今月9月の初めに行ってきたアイルランド旅行記、始めます。
前回アイルランドから帰ってきた報告がてらダブリンの街並み写真を共に載せましたが、今回もダブリンから。

最初の写真はマーケット・アーケードの看板のある建物。こういうレンガ造りの建物はフランスのこの辺りでは見かけないので新鮮に映ります。中は看板のとおり屋台が並ぶマーケットでロンドンのコベントガーデン風でした。


こちらはショッピングストリートのグラフトン通りの脇道。最初に着いた日にランチをした通りでふと奥をみたら教会があったので思わずパチリ。地図によると聖アン教会(1720年建築)とのこと。


アイルランドの守護聖人として有名な聖パトリック。3月半ばにある聖パトリック・デイのパレードは世界各地で行なわれていて知っていたけど、前回時間がなくて見られなかったので、少し歩いて行ってきました、聖パトリック教会。教会の前の公園では子供達が走り回っていてのどかな雰囲気。教会はまあ想像どおりというか特に感想はなく。


この教会前にアイスクリーム売りの車が止まっていました。他の場所でもいくつか同じようなアイスクリーム売り車を見かけたけど、どれも日本風のソフトクリームを売っていた模様。

他にも観光スポット的なところは見ましたが、また別の投稿にてお話します。


ダブリンでは最初はひとり滞在で、植物療法カンファレンスに参加していたことが前にもお話しました。その中でニュージーランドの学校でのクラスメイトと一緒に入った老舗カフェがよかったんです。


ダブリンのガイドブックにきっと載っているであろう老舗のカフェ「Bewley's」。カップにもあるように1840年創業。

Bewley's
http://bewleys.com


ショッピングストリートであるグラフトン通りにあり、その通りをホテルからカンファレンス会場であるトリニティーカレッジに行く通学路?にしていたので、毎日気になっており、カンファレンス最終日にようやく行けました。

店の外観は割とこざっぱりしてますが、中はクラシカル。でもこういう雰囲気好きです。


紅茶とブルーベリー・アーモンドタルトをいただきました。お菓子もずっしりしていたけど、紅茶もたっぷりだったので結局これがこの日の夕食となってしまいました。

友人とは5年ぶりの再会。
彼女はフランス人でずいぶん若い頃にNZに移住し、英語も それほどフランス語訛りはなく聞き取りやすい。彼女に「フランス語で会話してみる?」と言われたけど、丁重にお断りいたしました…。フランス語のアドバイスも少し受けながら、アロマの話、ビジネス話、NZのパスポートを取った話など結構長い時間話すことができ楽しかったです。

そうそう、そのパスポート取得話で知ったのが、NZはイギリスのエリザベス女王が君主である国なので、彼女に忠誠を誓わなければならないとのこと。もちろん形式的なものだけど、「フランス人である私にとってはこれがひっかかっていたから長年パスポートを取らなかったのよ。」とのこと。やっぱりイギリスとフランスって仲良くないのね〜。もちろん人それぞれ違うでしょうが。

そんなこんなでカンファレンス最終日(ちなみに私の誕生日でもありました)は楽しいおしゃべりと有益なカンファレンス内容で充実した1日でした。

この後は夫が加わり、いつもの忙しい旅がスタートしましたよ〜。



最後まで読んでくださってありがとうございます。 
もう一人のクラスメイトと一緒に誕生日プレゼントまでもらっちゃい本当に嬉しかったよ!ありがとう!
クリックしていただけると嬉しいです♪


UA-68325954-1