2014-04-30

ひとりでも友達とでもなカフェ Cafe du Lys


4月はあまり更新できませんでしたが、今月行ったカフェの話は4月末の今日までにしたかったので、ちらっと・・・。

それはそうと、4月末ともなれば日がかなり長くなり、今日の日の入は20:40頃。21時でも真っ暗じゃないってすごいわ~。


余談はおいておいて、ジュネーブのカフェ「Cafe du Lys」のお話。
初めて行ったのは、3月だったかな?2月だったかな?とにかくひとりで朝ごはんを頂きに行ったんです。ジュネーブのプランパレ地区にあるんですが、以前となりのカフェに入った時に、wifiの有無を確かめたら隣の「Cafe du Lys」の名前が出てきたので、いつかひとりで行ってみようと思っていて。


朝のまだほの暗い時間帯だったので、店の真ん中にあるカラフルなライトには灯りがともっていました。朝ということもあって、一人客が多い印象。iPhoneやパソコンを広げている人もちらほら。wifiあるからね~。


私は席についてから紅茶とクロワッサンを注文したけど、様子を見ているとほとんどの人は店に入るなりカウンターのところで飲み物を頼んで、カウンター上にあるクロワッサンなどのパンを手にとり、好きな席へ座っていました。

後で夫に聞いたら、ジュネーブのカフェではよくあることで、店を出る時に自己申告制で支払いをするんだとか。例えばコーヒーとクロワッサン2個、と伝えて支払いをする、ってこと。他の店でも見かけたことは何度かあったけど、信頼関係があるのか、日本よりも大らかな会計方法ですよね。


カウンターの上にはこんな風にパンが置かれてます。


こちらのチョコケーキは今月お友達と行った時に注文したもの。チョコのお国スイスだけあって、濃厚まったりしっとりなしっかりしたケーキでした。よくあるけど、ストーンタイプのお皿もいい感じ。


お茶をティーポットで注文したらこちらでよく見かける鉄瓶でサーブしてくれました。(お茶入れてから写真撮ればよかった・・)

ここのカフェはお値段もジュネーブにしては良心的で、店内が広々しているので窮屈感がないところ。ひとりでも友達とでも楽しめるカフェです。夜はバーのようになってイベントなどもいろいろ行なわれているみたいですよ。


Cafe du Lys
Rue de l'Ecole-de-Médecine 7, 1205 Genève
Tel: +41(0)22 328 78 26
http://www.cafedulys.ch/
(お店のサイトは新サイトに移行中で現在は見られないようです。)




最後まで読んでくださってありがとうございます。
店名の「Lys」は英語の「Lily」。つまりユリ。お店のロゴがそうだったのですぐわかりました!
クリックしていただけると嬉しいです♪


2014-04-29

藤の花とお呼ばれ


また更新が滞ってました、すみません・・・。
することがいろいろあり、いや、ありすぎてなのか、ブログに到達できない日々でした。

上の写真、うちの近所のご立派な藤の花。こちらもすっかり満開時は通り越してしまってますが、今年も美しい咲きっぷり。去年はもう少し遅かったので、今年は何もかも早く通り過ぎて行く感じ。


最近、少し出かける機会があったんですが、どうも写真が撮りづらいシチュエーションが続き、写真は1枚だけ。


お出かけのひとつ、夫の同僚宅へのお呼ばれに持参した花束。白を基調にとお願いしたらなかなかいい感じに仕上げてくれた花屋さん。お邪魔したお宅も白い花がいくつも飾ってあって、偶然にもマッチしてよかった。

そのお宅はうちから車で10分ぐらいの近さ。冬に私たちが先に招待してそのお返しのお呼ばれでした。6月に結婚式をあげるカップルで今はその準備で2人の故郷、フランス南西部に頻繁に帰っているそうで、そこの名産を地元で仕入れてきてくれ、それらを振舞ってくれました。

フランス南西部の名産と言えば、フォアグラ。
私はこのフォアグラが苦手で食べられなかったら申し訳ないな~と思っていたんですが、「本物の」フォアグラは全然違った!あまりくどさがなく、本当のレバーペーストの味で私もペロッと食べられました。見た目もこちらのスーパーで買うモノとは全然違ったし。(写真撮らせてもらえばよかったな~。)

メインもカモ肉のロースト。もちろんこちらも南西部から持ち帰って来たもので美味しかったです。チーズもローカルなものを出してくれたけど、メインの後にチーズが出される(フランスならでは!)のは私にはキツイのだ・・・。ほんの少ーーしだけいただきました。(ってなぜかその後のデザートは食べられたんだけどね。チーズも不得意なので、、)

2人の結婚式は地元で挙げるそうですが、ジュネーブ近辺の友人向けのパーティーを後日開くそうで、それにも招待してもらえました。幸せそうな若いカップルを見ていて、こちらも楽しい気分になった週末の夜でした。


最後まで読んでくださってありがとうございます。
夜の7時半から12時までの盛りだくさんな夜だったので、その後はダイエットしております。笑
クリックしていただけると嬉しいです♪


2014-04-24

私の太陽


気付いたら1週間以上も更新してなかった・・・。すみません!
体調を崩していたわけじゃないんですが、パソコンに向かう気がしない日が続いていたり、なんだかんだ。一度ブログをストップしちゃうと何からスタートしたらいいのか、というとまどいからまた数日ストップ・・・の悪循環でした。

更新しなかった間にいろんな花の最盛期が過ぎていて、この時期の1週間の早さを感じます。今はあちこちでライラックが満開でいい香りを放っています。


この3色ともライラックなのかな?近づくとどれも同じような香りだったので、そんな気がするけど、それにしても薄紫・白・濃い紫の3色ライラックを並べて植えるってステキだな~。


この頃は天気予報に反して結構いいお天気続きで、昼間は半袖で十分な暑さ。既にマロニエの花も見えたりして、今年は去年より何もかもひと月早く進んでいる感じです。

そのスピードについていけないのか(単に歳ということ?笑)、いろんなバランスが崩れていたこの頃。そんな私を元気づけてくれるのはやっぱり・・・

あたししかいないっしょ♪


ホントにいつも元気で。でも私が元気なくいると心配そうな顔をみせる優しいかなちゃんです。

そんな彼女にひどい仕打ちをしちゃった私。というのも、天気のいい昼間は喚起のためにかなちゃんのハウスの屋根を上にあげておくのですが、昨日はそれを閉め忘れた・・・。いくら昼間は暑くても朝は結構冷えるこの辺り。今朝、体を触ると、ちょっと湿った感じで冷えたんだろうな~。ごめんよー!かなちゃん!

それでも朝、私を見ると嬉しそうに近づいてくるいたいけなかなちゃん。最初の頃は友達感覚だったけど、今ではすっかり私の娘です!でもその娘にたくさん助けられている私。今じゃ彼女なしの生活は考えられない。

かなちゃんは私の太陽のような存在です。いつも本当にありがとう!



最後まで読んでくださってありがとうございます。
これだけべた褒めしてくれたんなら昨夜の仕打ちは許してあげることにするか。by Akana(と思ってくれてることを祈る、、)

クリックしていただけると嬉しいです♪


2014-04-16

花粉症用のくすり


近所でこの頃、藤の花を見かけることが多くなりました。
藤は好きな花のひとつでいつも楽しみにしています。1枚目の写真は近所のパブの建物にいい具合に張り付いてる藤。いつもは人が外にいるので撮りにくいところだけど、まだオープン前か休みだったかで誰もいない時にこっそり撮らせてもらいました。

 
こちらの藤のあるお宅が今まで見た藤の中で一番綺麗だと思えます。去年もこちらに載せましたが、今年はうまい具合に太陽が藤全体に当たっている瞬間に前を通らないものだから、横からのショットだけ。そのうち撮れたらまたアップしますね。


さて、花粉症の薬ですが、買ったのは下の2つ。


左が錠剤で1日1回。このタイプの薬は飲むと眠くなることが多いので、夕食後に服用してます。水で飲むのではなく、舌の上に乗せて溶かすようにして服用するとのこと。飴ちゃんみたいに舐めないこと、とのこと。青リンゴ味で飲みやすいですが、結構眠くなります。

右は薬というより鼻洗浄スプレー。なぜか英語バージョン側を写してますが、裏はフランス語表示です。海水が原料ということもあって、ちょっとしょっぱいですが、これを使うと鼻がスッキリします。私は鼻の粘膜が弱いのか、しょっちゅう鼻をかんでいるとすぐに鼻血が出てきてしまうのでこういったスプレーは欲しかった。でもまだ鼻血は時々出ますけど。

これらを使用し始めてから、くしゃみがほとんど出なくなりました。目のかゆみもほとんど治まったし。効いてるのかな?錠剤は7日間だけなので終了したらどうなるのか。様子をみないと何とも言えないけど、今のところ私には効果大です。ありがたや、ありがたや。



最後まで読んでくださってありがとうございます。
薬局で誰でも買える薬なので、強い薬ではないし、スプレーは海水原料なので安心なのもいいところ。
クリックしていただけると嬉しいです♪


2014-04-14

秘密の散歩道


ブログ更新していなかった間、またまた花粉症がひどくなってついに薬局で薬を買いました。まだ試して3日だけど、何もしなかった時よりはいい感じです。もう少し様子をみてさらに効いてる感が得られたらまたお話します。

そんなこんなで週末もあまり外に行きたい気分ではなかったのですが、何せこのところのあまりの快晴ぶりと暖かさ(昼間は暑いともいう)でちょっとした探検を兼ねた散歩に行くことに。

うちの町の小さなビーチからジュネーブよりの隣町のニヨン行きのボートストップまでレマン湖沿いを歩ける小道があると聞いていたので、本当に歩けるのかどうかを確かめる探検散歩です。


最初のうちは森のような箇所もあって誰でも歩いてよさそうな散策道だったけど、途中からどうみても湖畔にある個人宅の庭先を通らざるをえない様子。それでも最初の方は誰も住んでいなさそう or 別荘でいつも住んでいる感じではなさそう、だったのでずんずん進んで行くと、ついに数名の人が湖畔でだべっていました。

夫がここは歩いていいのかと聞いたら、その中のひとりが感じよく、「国境まで行けるわよ~。」と答えてくれたので、お墨付きをもらったかの如く歩き続けました。


夫はもちろん写真撮影が目当ての散歩だったので、いつものように気に入ったポイントでは無制限ストップ。私は愛犬かなちゃん連れだったので、彼女が飽きないように適当に歩いては戻り、日差しがかなりきつかったのでなるべく日陰に隠れたり。この時期に日焼けしちゃったらこれがずーっとひと夏ついてまわるのでね~。

でも結局、湖畔沿いのお宅の庭で結構な人数でお茶をしている人たちがいたので、さすがにそこは通りづらく、Uターンして戻ってきました。

暑かったけど、新しい散歩道発見できて楽しかったよ~♪



うちのAkana姫は途中バテ気味だったけど、森の中では息を吹き返したように引っ張る、引っ張る。本当にどこまで行けるのかは分からず仕舞いだったけど、いい気分転換になりました。

今日の写真はその散策道の風景です。



最後まで読んでくださってありがとうございます。
散歩に出かけた理由のひとつに、去年買った夏のパンツが履けなくなっていた、という悲しい事実もアリで。泣
クリックしていただけると嬉しいです♪


2014-04-10

光のある風景 in ジュネーブ


昨日のジュネーブは朝から眩しい光がそそぐいいお天気でした。朝は足元が冷える感じで公園のベンチに座ることはできなかったけど、新緑がたくさん顔を出していました。

昨日は妙に光が気になる1日で、思いっきり逆光な写真を何枚か撮っていました。出来はともあれいくつかご覧くださいませ。


1枚目はこのブログに頻繁に登場するバスチョン公園の入口です。門扉の影が気になって。


ゴミ箱がなかったらもっとよかったんだけどね~。


昼過ぎにアンティークマーケットで目にした繊細な模様が施されたグラス。


おまけで・・・


「Solar Queen」という光つながりで・・・。笑
雑貨屋さんのウインドーで手を振ってるエリザベス女王とコーギー犬。これって太陽光にあたると手を振る仕組みになってるのかな?この人形の存在は知ってたけど、じーっと間近で見たのは今回が初めてだったかも。こういう商品、嫌いじゃないです。笑



最後まで読んでくださってありがとうございます。
ちゃんと落ちになってたでしょうか?笑  クリックしていただけると嬉しいです♪


2014-04-08

パン屋の自動レジ


ついこの間までの冬枯れの風景から急激に新緑の景色に変わりつつあるこの頃です。少し前までは花屋の店先でしか見られなかった色鮮やかな花も散歩に出かけるだけであちらこちらで見かけられるようになりました。本格的な春の到来です。


写真は少し前にジュネーブで撮ったものですが、うちの田舎町でもチューリップやら既に藤も咲き始めてます。ただ町役場あたりの植え込みにあるチューリップは色が多すぎて目がチカチカしちゃう。せめて2色にまとめてほしいな~、と勝手に思ってます。

ジュネーブで見かけたこのテーブルかわいい♪


さて、今日もいつものように近所のパン屋へいつものパンを買いに行ったんですが、時間が遅すぎて(午後3時)いつものパンが売り切れ。(店の外から見えた。)仕方がないのでもう1件のパン屋へ行き、似たようなシリアルパンがあったので買いました。

そのもう1件のパン屋は近頃レジが変わって、お金をお店の人に渡すのではなく、お札・コイン別にお金を入れる箇所があり、自動計算しておつりがあれば出てくるマシーンが導入された模様。入れたお金・支払う金額・おつりが画面に表示されるので、私のような言葉が不自由な人にはありがたいシステム。

パンの代金が1.70ユーロだったので、持っていた5ユーロ札をお札入れに入れました。おつりは暗算でも3.30ユーロだとわかります。機械だから間違えることはないだろう、とおつりを正確に確認はせずそのまま家路につきました。

家に帰ってポケットに突っ込んだおつりを財布に入れようとコインを見たら???

3.31ユーロ。なぜか1サンティーム余分に?

マイナスじゃないからいいけど、あの機械大丈夫なのかしら?と少し心配になりました。笑



最後まで読んでくださってありがとうございます。
お題を「自動レジ」としたものの、ホントにこの単語で合ってるのか疑問です。日本語すら怪しい私・・・。苦笑
クリックしていただけると嬉しいです♪


2014-04-07

もうひとつの桜と白鳥


週末は期待していた雨は降らず、なんだかんだといいお天気&ぐんぐん気温が上がり、昼間は半袖でもいいぐらいでした。外にいる方が気持ちいいのはわかっているけど、外に出られない辛さよ~。極力家の中にいたおかげか少しは花粉症の症状が治まりつつはあります。

ピンクの桜がほぼ散ってしまった今、うちのもうひとつの桜?が満開です。桜と呼んでいいのかどうか不明ですが、さくらんぼがなる木が3本もあって、去年はほとんど咲かなかった1本が今年は一番綺麗に咲いています。近づくと甘い香りがして、ミツバチがブンブン周りを飛び回っています。


日曜日に短めの散歩に行こうとしたら、愛犬かなちゃんに拒否られ、散歩モードに入っていた私はちょっとふてくされながら犬と一緒には行けないビーチまで歩いて行きました。(たぶん暑くて散歩したくなかったんだろうな~。寂しかったけど。笑)


穏やか~なビーチ前の芝生には寝転がったり、のんびり座っている人がちらほら。何にもないけど、こういう場所でゆっくりできるということは幸せなことなんでしょうね~。かなちゃんと散歩ができなかったことだけじゃなく、何だかストレスの溜まっていた私は昨日の時点ではそういう考え方はできなかったけど、改めてこの何もない風景写真を眺めたらここが徒歩10分ほどのところにある、ということは贅沢なことだと思えてきました。


こちらは前日の土曜日の散歩時に近づいてきた白鳥。かなちゃんを目にしたからか、「シェーーッ!」と声を上げてました。白鳥って見た目に寄らないところがあるので、ビーチに上がってこないか心配だったけど、そこまで凶暴じゃなかったです。

手が届きそうなくらい近づいてきたので、写真撮ろうとしていたら、夫が撮ってあげる、と私のコンパクトカメラで何枚が撮った一部が上の写真。同じカメラでも私が撮るのとは雲泥の差。「シェーーッ!」という叫びが聞こえてきそうなダイナミックさがありますよね~。夫は動物を被写体にすることはほぼないですが、撮った写真はどれも動物の躍動感を感じられる出来栄えなんです。出来は撮り手次第でカメラ云々ではない、という一例でした~。笑



最後まで読んでくださってありがとうございます。
でもいいカメラで撮ると撮り手の実力以上の出来になる、とも言う。笑
クリックしていただけると嬉しいです♪


2014-04-06

上原ひろみコンサートへ


1週間以上も前の話になっちゃいますが、ジュネーブで上原ひろみさんのコンサートがあり、初めてビクトリア・ホールに足を踏み入れました。

何度も前を通り過ぎたことはあったけど、なぜか私も夫も場所はどこ?と聞かれると説明ができず、早めに行ってまずは場所確認。その時に写真を撮ったので、まだ外は明るめ。夏時間に変わる直前で夜の7時過ぎでもまだまだ明るい時間帯の頃でした。(今は夜8時過ぎまで明るいです!明るいことはいいことだ。ウン)


外灯の装飾もお美しい。


近くで軽くスープをいただいてから会場入りしたけど、まだ席につける時間じゃなかったので少し待ちました。

やはり日本人パフォーマーということで日本人客は結構多かったです。友人にも偶然会えて夫を紹介できてよかった。

でも私、上原ひろみさんのこと、名前とジャズピアニストだということぐらいしか知らなかったんです。昔「情熱大陸」で見た記憶があったぐらい。でも情熱的な演奏をするピアニストだということは認識していたので、夫とともにジャズ好きなことで行ってみることにしました。彼女は海外では「Hiromi」名義で活躍しているようで、もちろんジュネーブのポスターも「Hiromi」となっていました。


夫が割といい席を予約してくれたんですが、席の前にちょうど柱がドーン!かろうじて彼女が座る位置が隠れてなくてよかったけど。

本番は中座なしでアンコール2回を含め2時間の演奏。あの小さな体からどうやったらそんなパワフルな演奏ができるんだろう、と感心しっぱなしで、パフォーマンスもかっこよかったです。ちょっとジャズが少なめだったのが残念ではあったけど、観客のみなさんも興奮して大喜びしてました。日本人という共通項しかないけど、少し誇らしい気分に勝手になってました。笑


終了後に柱なしのホールの全景を見たかったので、少し前に行って撮ってみました。なかなかいい感じのホールです。昔行ったローマのオペラ座、ほどではないけど、こういうクラッシックな雰囲気は好きです。

やっぱり音楽はライブで聞くのがいいですね~。またこちらへ赴く機会があるといいな。



最後まで読んでくださってありがとうございます。
舞台のすぐ後ろに席が設けられているのが何だかすごい。あそこに座ると気持ちいいだろうな~。
クリックしていただけると嬉しいです♪


2014-04-02

ジュネーブに桜並木


しばらく更新が滞ってしまっている間にうちの辺りの桜はほぼ散り落ち、葉桜になりつつあります。でも今回はその桜にまつわるお話です。それもうちの個人的な桜ではなく、誰もが見て楽しめる桜。

夫がプロジェクトに関わったことから、ジュネーブにあるアリアナ美術館の敷地内に植えられた桜の木、合計20本の植樹式に私も参加させていただきました。


20本の桜の木の割合はわかりませんが、ソメイヨシノとタイハクという2種類。上の写真はタイハクです。気持ち花の大きさがソメイヨシノより大きめでしょうか?苗木とはいえ、だいぶ大きくなった状態で植樹されたので既にかなり大きくなって、このところの暖かい陽気も手伝って満開のピークは過ぎたもののまだ花が楽しめる状態でした。


この桜並木の中に上の写真にあるプレートも立てられています。「Allee des sakura」は桜並木の意味で、今年が日本とスイスの国交樹立150周年であることを記念してジュネーブのジャパンクラブから寄贈された桜の木々である、と書かれています。


これはほんの一部の風景です。来年、再来年、そして子供や孫の世代まで残る美しい桜並木になるといいな~。


アリアナ美術館の敷地内に入るのは今回が初めてでした。ずっと行きたいと思っていたけど、いつでも行ける距離にあるとなかなか行けないもので。こちらの公園内には上の写真にある灯篭や、


こちらの鐘があるんです。桜はこの周りに植えられてここだけまさに日本の風情そのものです。(真横には国連の建物があるとこがまたオツ?笑)

これは東京の品川区にある品川寺(ほんせんじ)から寄贈されたものだそうです。この鐘には逸話があって、幕末に海外に流れ、その後行方不明になったそう。大正期に当時の住職がこのジュネーブのアリアナ美術館にあることを突き止め、返還交渉をし、何とか返還されたとのことです。そして1991年に品川寺からジュネーブ市に寄贈された(アリアナ美術館はジュネーブ市の美術館)のが今ある鐘だというお話。そのことから品川区とジュネーブ市は友好都市関係となっています。(wikipediaと品川寺サイトより)

なぜジュネーブにあったのか謎ですが、こちらは日本からやってきたほんまもん、ということで、日本の桜に囲まれて喜んでることでしょう。(ホント?笑)


植樹式の後はアリアナ美術館のエントランスホールでレセプションパーティーが行なわれました。お寿司や焼鳥、日本酒などが振舞われ、「さくらさくら」の合唱もありました。着物をお召しになった女性も多く、会場は華やかでしたよ。

偶然にも夫がこのプロジェクトに関わることができ、その妻である私が日本人であることに何かの縁を感じざるを得ないことと、やはり日本人なので桜は単独で植わっているより並んでいる方ががいいと感じることから、この桜並木の完成は大変喜ばしいです。

そのうちこの桜並木の周りで花見会が開かれたりするのかもしれませんね~。


【2014年4月11日追記 】
スイスのニュースサイト「swissinfo.ch」にこの植樹式の記事が掲載されました。
興味のある方はこちら→をご参照ください。(日本語で書かれています。)
記事の中で夫がスイス人となってますが、違いますので~。笑



最後まで読んでくださってありがとうございます。
4月のスタート記事としてはなかなかいい感じじゃないですか?(じこまん。。笑)
クリックしていただけると嬉しいです♪


UA-68325954-1