2014-03-25

ますます日本人化?


週末に雨が降ったり、以降寒の戻りがあったりで、桜が満開直前でストップしている状態ですが、寒さに負けず持ちこたえてくれてます。


寒さが戻ったとはいえ、桜をはじめ、様々な花が咲いているので、気持ち的にはそれほど寒くは感じないかな?


さて、外国に住んでいるとその国になじむからか、感覚が現地化して、日本人離れ、つまりは日本人らしい感覚を失いがちになるとよく言われます。

実際、私も初めての外国生活(イギリスでの語学留学時)ではいろんなカルチャーショックを受け、イギリス人や他のヨーロッパ人の生活や生き方などが日本人と比べてゆったりリラックスしたところから、「こっちの方がいいな~。」と思い、日本に帰国した時はいわゆる「外国かぶれ」していたように記憶しています。

その後、今のフランスに来るまではほぼ日本暮らしで、外国かぶれもおそらく無くなり、どっぷり日本人に戻った私。そんな私がそれまで全く縁のなかったフランスで暮らすことになり、未だに言葉には不自由しているものの、なんとか生活には慣れたこの頃。フランス文化に溶け込んでないこともあって、自分がさらに日本人化しているなと感じるのです。

例えば昨日、庭の生垣剪定をしてもらうために庭師さんたちが1日仕事をしていました。3人ががりで行なっていたこともあって、2日間の予定を1日で終了してくれて助かったのはいいのですが、お三人さん、まあ休憩(というか喫煙)回数の多いこと。

庭の椅子やテーブルを都合よく移動させてしょっちゅう座ってました。「そこに椅子があるんだから座ったって構わんだろ。」と言われればそれまでだけど、なんだかな、と。(でも、座っていいですか?といちいち呼び鈴鳴らされてお断りを入れられるのも、それはそれで面倒ね。笑)

こういった家で作業してもらう人たちにお茶などの飲み物を出すタイミングにいつも困ってしまう私。昨日も午後にお伺いしようかな、と思っていたら昼前に向こうから(呼び鈴鳴らされて)、「何か飲むものくれる?ジュースとかシロップなんかの甘いものがいいな。」と具体的な要望が。

(うちにはそんな甘いジュースなんぞないー。)と心の中で叫びながら、(でもシロップは1種類あったな。)シロップを確認したら、「砂糖ナシ」の表示。爆

でも水のボトルとそのシロップとグラス3個持って、「はいどうぞ。」とお渡ししました。シロップ飲んでたのひとりだけだったみたい。笑

まあとにかく仕事はチキンとしていただいたので、それだけでも満足ですが、彼らのお帰り後、テーブルの上や椅子の散らかり具合がね。でもこれって日本人化というより、私が潔癖症すぎるということかしら?(あらら、全然タイトルに相応しくない逸話だった?笑)


この話スーッと流してくださいませ・・・。



最後まで読んでくださってありがとうございます。
落ちにもなんにもならない四方山話で失礼しました~。クリックしていただけると嬉しいです♪


2014-03-23

クネル Quenelle


少し前の話になりますが、夫がいかにもフランス料理と題して準備してくれたお料理。それが今回のタイトルにもある「クネル"Quenelle"」です。写真のソースがかかったものがクネル。

クネルとは魚のすり身を楕円形(ラグビーボール型)にして、蒸したりゆでたり焼いたもの。リヨンの郷土料理だそうです。日本人の感覚からいえば、はんぺんとかさつま揚げのような感じでしょうか。

もちろん手作りもできるようですが、今回はスーパーで買ったもの。売り物の状態だと見かけは大きめのソーセージに見えます。


クネルを頂く時はこちらのソース・ナントゥアをかけて食べます。私たちはこのソースを見つけることができず、似たようなソースを選んでかけましたが、、、。

(写真はwikipediaからお借りしました。)

レストランのメニューでも時々見かけます。お店では上の写真のような感じでサーブされるのかも。外で食べたことがないのでわからないですが。

スーパーで買えば、後はオーブンで焼くだけなのでいたって簡単。(時間は結構かかります。)肝心のお味はというと、魚のすり身だけあって「和」な感じ。でもソースが全然「和」じゃないのでやっぱりフランス料理かな。和食を食べたい時はソースを和風にしてもいいのかも?(←超邪道ですかね?笑)


ところで、このクネルを検索していたら同じ言葉で全く違う意味の言葉にもなることを発見。数ヶ月前にフランスのニュースで盛んに語られていた内容だったのでピンときたのですが、クネルと名付けられたジェスチャーはものすごく遠まわしにユダヤ人差別に通じるもので、フランス人コメディアンの「デュドネ(Dieudonné)」が考案したものだそう。(詳細記事はこちらをご参照ください→


まあ難しい話は置いておいて、リヨン(周辺)を訪れた際にはぜひこちらのクネルをお試しください。



最後まで読んでくださってありがとうございます。
料理の詳細よりももうひとつの意味のことを謳った記事の方がたくさんあって、なかなか料理にたどり着けなかった・・・。
クリックしていただけると嬉しいです♪


2014-03-18

雑貨+カフェ les enfants terribles


先週ジュネーブに出かけた際、歩き疲れてたどり着いた雑貨カフェ「les enfants terribles」です。以前に友人に教えてもらったお店ですが、なかなかタイミングが合わず行けてなく、久しぶりの入店。(ほんの2度目だけど、笑)

日本では雑貨屋さんとカフェが一緒になっている店舗は多いけど、ここジュネーブではあまりないかも?(私が知らないだけでしょうが)


お店で取り扱われている商品も結構好みのものが多いところが気に入ってます。日本の茶碗からフィンランドのイッタラ商品、家具もフィンランドのアルテック、とセンスのいい商品が所狭しと並んでます。


ここは店内に入ってすぐのディスプレイコーナー。カフェスペースのすぐ横ということもあってか、定期的にディスプレイは変えている模様。


まだ午前中だったけど、この時点で結構歩きまわっていたので、足早に商品を眺めてからテーブルにつきました。お腹は空いてなかったけど、お店を出る昼前にはショーケースにランチやデザートが並んでいて香りにやられそうでした。笑


いただいたのは珍しくカプチーノ。ごくごく普通。
ただ、コーヒー自体を飲むことが久しぶりだったのか、もうすっかり体が受け付けなくなったのか、この後、手が震えたり(寒くないのに)してどうもおかしかったです。(けっしてここのカプチーノのせいではないです。コーヒーがダメになっちゃったんでしょうね。)

ここのカフェの紅茶はマリアージュ・フレ―ルを使用しているみたいなので、次回からは紅茶に決定。


カフェ利用しなくてもいいけど、カフェスペースに人がいないと入りづらいと勝手に感じて入店しないことが何度かあったんですが、そんなに気にせずお店だけ覗くだけでもいいと改めて感じました。でもこちらのカフェでいただけるデザートやキッシュはPlainpalaisにある「Christoph Berger」のお菓子のようなので、間違いなく美味しいですよ。

les enfants terribles
24, rue Prévost-Martin 1205 Genève
Tel: +41(
0)22 321 85 10
Open: 月~金9-21, 土10-18
http://www.les-enfants-terribles.ch/




最後まで読んでくださってありがとうございます。
キッシュやサンドイッチの香りは食欲がそそられた~。お持ち帰りもできますよ。
クリックしていただけると嬉しいです♪


2014-03-17

春霞みの中、桜咲き始め


眩しい!暑い!?
春を通り越して初夏のような陽気のこの頃です。
最初の写真はいつものレマン湖畔、本日の午後4時ごろの様子。週末に比べたら人少なだったけど、湖畔でたそがれている人、日光浴をしている人がちらほら。眩しくて、サングラスをしていてもどこにピントが合っているのかもわからずなぼんやり写真になってしまいましたが、春霞みで美しかったです。


湖畔に向かう途中のおそらくヤマザクラは五分咲きといったところでしょうか。これは昨日撮った分ですが、今日もほぼ同じ感じでした。夫曰く、「野生種の桜だから開花も他の品種より早い。」とのこと。うちの町のMairie(役場)横にある桜もきっとヤマザクラのようで、既に開花済みです。今年は早いな~。


さてうちの桜はどうかと確認したら、こんな感じ。2月の終わりの硬かったつぼみが膨らんできています。開花も間近かな?イヤ~楽しみです。

今週も引き続き暖かく気温の高い日が続きそうなので、春の花がさらに顔を出しそう。

ただ、うちの辺りは問題なさそうですが、この晴天続きでパリの大気汚染がひどくなってきているようです。車の乗り入れ規制まで始まっていてかなり深刻なようで、人ごとじゃないなと感じるこの頃です。



最後まで読んでくださってありがとうございます。
ハイブリッド車は規制されないとのことなので、日本の車メーカーさん、売り込みのチャンスかも?
クリックしていただけると嬉しいです♪


2014-03-14

アンティークなカフェ Le Coup de Girafe


先週末にお友達と行ったジュネーブのカフェ「Coup de Girafe」。Eaux-Vives地区にあるアンティークなカフェです。(カフェとBrocante(=アンティーク)のお店のようなのでアンティーク製品は商品なのかも?)


たまたま私たちが座ったテーブルにミモザが飾ってありました。各テーブル違った花が飾られていて、そんな細やかさがいい感じです。


この日のデザートは写真にあるレモンタルトかガトーショコラだったので、レモンを選択。特にタルト生地のお味がよかったです。ちなみにお菓子類、キッシュなど手作りのようですよ。


街中にあるカフェなので、あまり空を眺めることはできないですが、夏には外にもテーブルが並ぶみたいです。この日はご覧のとおり、暖かくていいお天気だったので、あれよあれよという間に他のお客さんがいなくなってしまいました。入店した時は結構人がいたんですけどね。(おかげで1枚目の写真は撮れたけど。笑)

ただ、ベビーカーで入店してきたお客さんに対して、店員さんがそれをたたむように言っていたので、店内でベビーカー使用はできないみたいです。(見つけた英語ブログにもそのことが書かれていました。こちらにもっと店内イメージが載っているのでご参照ください。→

特に日本人女性が気に入りそうな雰囲気のカフェで、ブログに書かれているのもいくつか目にしました。行ってみて納得。

Le Coup de Girafe
Rue de Montchoisy 19,
1207 Genève
Tel: +41(0)22 700 96 32
月曜休み


最後まで読んでくださってありがとうございます。
お店のレビューが分かれているので、好き嫌いは人によりそうな感じ。
クリックしていただけると嬉しいです♪


2014-03-12

3年


1日遅れではありますが、昨日はいつもとは違う気持ちで過ごしていました。

気になって震災関連の話題をあれこれ読んでいて、ひとつ心に残る記事を見つけました。
コメディアンで映画監督としても大活躍のビートたけしさんが震災直後に語った言葉、とのこと。その中の一部を引用します。


この震災を「2万人が死んだ一つの事件」と考えると、被害者のことをまったく理解できないんだよ。
(中略)

「1人が死んだ事件が2万件あった」ってことなんだよ。
(中略)
一個人にとっては、他人が何万人も死ぬことよりも、自分の子供や身内が一人死ぬことのほうがずっと辛いし、深い傷になる。残酷な言い方をすれば、自分の大事な人が生きていれば、10万人死んでも100万人死んでもいいと思ってしまうのが人間なんだよ。

 そう考えれば、震災被害の本当の「重み」がわかると思う。2万通りの死に、それぞれ身を引き裂かれる思いを感じている人たちがいて、その悲しみに今も耐えてるんだから。

多くの人は被害者数の多い災害や事件に注目しがちで、被害者数が多い事例でもその数に気をとられることが少なくないと思います。またメディアがそうなりがちだから、人々の意見もメディアに流される傾向にあるのは否めません。

たけしさんのような想像力を多くの人が持てればいいのだろうけど、それはそれで難しい。なので、こうして彼の言葉を聞けてよかった。特に彼のファンというわけではないですが、大勢に流されることなくぶれない彼の意見には時々心を動かされます。


彼も同じインタビュー内で語っていましたが、今生きている自分たちは毎日やるべきことを淡々とこなすことしかない、と。本当にそのとおりだと思います。与えられた命を粗末にするようなことだけはしないように前を向いていくだけ。




最後まで読んでくださってありがとうございます。
クリックしていただけると嬉しいです♪


2014-03-10

ジュネーブも湖畔に人だかり


週末の土曜日、久しぶりのジュネーブでした。お友達とお茶するのに出かけたのですが、お友達に会うのもすごく久々で最初は何から話したらいいんだ?状態だったけど、すぐにおしゃべりは尽きず、となり、楽しいひと時を過ごせました。

ほんの少し待ち合わせ時間の前に到着したので、この陽気でレマン湖畔はどうなっているやらと様子見に行ったら、人で溢れかえっていましたよ。ジュネーブの大噴水前では写真を撮る人も多く、観光客も増えてきたのかも。私も観光客のフリをして撮っちゃったけど。笑


湖畔沿いに並んだベンチには空きはなし。まあこの青空ですからね。日光浴に必死になる気持ちは私もよーくわかります。


湖畔沿いのカフェには夏を思わせるような人だかり。去年は3月から開いてたっけ?町中のカフェは今週末は商売あがったりだったかも?

そのちょっと閑散としていた町中のカフェ話はまた今度、として、観光シーズンスタートに関連したお話。

日曜日に散歩で訪れたイヴォワールでのこと。愛犬を連れての散歩だったので、こちらでは珍しい犬種の彼女に必然的に注目が集まりました。

あるカップルから漏れ聞こえた会話。

マダム:「あらきれいね~。でも犬かしら?」

ムッシュ:「いや、キツネだよ。」

このお2人はひそひそ話してたけど、ある若い男性には英語で「フォックスだ!」と言われ・・・。

でも知ってる人も中にはいて、2人ほど、「シバイヌだ!」と正確に言ってくれました。

この一連の流れを受けて夫は、「これだけあれこれ言われるなら、かなちゃんの首から仕様書みたいなのをかけたらいい。」と。


名前:AKANA 年齢:4歳(9月に5歳)
国籍:日本 犬種:シバ犬 性別:雌
特徴:私はかわいい、きれい、いい子


ものすごい自信満々なかなちゃんです。笑



最後まで読んでくださってありがとうございます。
今日も工事現場の兄ちゃんに「キツネやろ?」と聞かれた・・・。もう慣れたからいいけどね。
クリックしていただけると嬉しいです♪


2014-03-09

観光シーズン到来?


近頃、天気がよくて~、という話ばかりしてますが、これはいい意味での異常なのかも?
今日の午後はおそらく16,7℃まで気温は上昇したのではないかな?3月の初めに、このような天気の安定して気温も高いというのはかなり珍しい状況だと思います。異常でもなんでもいいから続いてほしいな~。

そんな暑すぎず寒すぎない午後、近くの観光地でフランスの最も美しい村のひとつにも選ばれているイヴォワールまでお散歩に行ってきました。ご覧のとおりの青空。対岸が霞んで見えるのが春のいいところでもあります。


まだ観光シーズンではないから、それほど人も多くないだろうと思っていたら、びっくり!ものすごい人・ひと・ヒト!お店もレストラン系は結構空いていて、テラス席には日光浴を兼ねてランチをとっている人がたくさんいました。

ただ、現在は町中の道路補修工事などで入れない通りなどもあるので、イヴォワールに行くのはもう少し先にした方がいいかも、です。


右側の桟橋は対岸にあるスイスのニヨンなどへ行く船が出るところです。



この陽気につられて、水仙も顔を出してますよ。クロッカスも結構見かけました。

うちからイヴォワールまではおよそ5kmなので、往復で10km。時間はみてなかったので正確じゃないけど、2時間強の散歩でした。普段は50分散歩すればいい方なので、かなりの運動量になりました。ジャケットもいらない過ごしやすい日曜日。気持ち良かった~。



最後まで読んでくださってありがとうございます。
こう書きながら内心はそのうちまた寒く暗くなるんじゃないか、ってビクビクしております。笑
クリックしていただけると嬉しいです♪


2014-03-07

驚異的な晴れ続き


昨日も晴れ。今日も晴れ。そして来週の半ばまで晴れの予報。まだ3月ですよね?こんなに晴天が続くなんて、夏みたい。

気温も今朝は久しぶりにマイナスまで下がったけど、昼間は10℃越えしておそらく13℃ぐらいまで上がったのでは?週末なんて最高気温15℃以上の予想となっていて、春ですよ、春。


去年はまだ寒かったよね、と思って、自分のブログを見返したら、3月の終わりごろでも雪が舞った、週に1度晴れたらいい方、なんて書いてあったから、今年は今のところお天気に恵まれた3月のようです。


いつも行くパン屋の前に気まぐれのように開店・閉店するバーがあるんですが、昼過ぎにその前を通ったら4,5名の方々がビールをひっかけられてましたよ。今日みたいな快晴の昼間に飲むビール、美味しいんだろうな~と思いながら、既に口で呼吸を始めていた愛犬と通り過ぎていきました。


13℃ぐらいでも犬には暑く感じるのかな?足取りは軽やかだったので心配はしてないけど、冬毛が完全に抜けきっていない状態だから、彼女には暑いのかも?私もかなり薄着で散歩してちょうどいいぐらいでした。

この頃特に何も特別なことは何もないけど、晴れて暖かいだけでもいい気分になれるものですね~。日本にいた時も太陽のパワーはもちろん感じていたけど、こちらの長くて暗ーい冬を過ごすとお日さまの威力をより強く感じます。日が出ていたら、「浴びなきゃ!ビタミンD補給!」って感じ?笑

こちらの人たちはこんな日、半袖になる人もいるだろうけど、もしかして私もそのうちそんな風になったりするのかしら?

今日の写真は昨日と今日の散歩時に撮った写真です。



最後まで読んでくださってありがとうございます。
さすがに3月に半袖にはならないかな?でもそれも気温次第。数年後にはどうなってることか・・・?笑
クリックしていただけると嬉しいです♪


2014-03-05

湯たんぽ活躍中


風が冷たかったけど、日差しは眩しかった今日。こんな日は空を眺めたくなります。見上げるとヤドリギがいくつもある木を見つけたり、


うちのマグノリア(木蓮)のつぼみが膨らんできたのも発見!(写真ボケてるけど、苦笑) 開花はまだ先だろうけど、こちらも楽しみです。

春が近づいてきてはいても、朝晩はまだまだ寒い3月の初め。夜には暖炉も使うし、暖房ももちろん必要です。で、タイトルにある湯たんぽですが、私は日本にいた時から愛用していて、こちらでも使いたかったのに、夫が、「お年寄りっぽい・・・」と嫌がって、フランスに来てから使っていなかったんです。

そう言いつつ、夫は私以上に手足が冷える性質。寝る前にシャワーを浴びても芯から温まらないので、足は冷えたまま。足が冷たいと寝つきも悪くなりますよね。なので、半ば強引に用意して寝る少し前にベッドの足元にこっそり置いておいたんです。

そうしたら、夫、「あったか~い!」と大喜び。(誰だー!ババくさいなんて言ってたのは!笑) これは2月の半ば頃のこと。それ以来湯たんぽナシでは眠られなくなったのは言うまでもない?



ちなみに私が持っているのは上の画像にあるタイプの湯たんぽです。湯たんぽカバー付きというのも嬉しい♪ 湯たんぽ自体は画像にあるとおりの白色で水枕タイプのゴム製です。夏や熱がある時には水枕としても使えます。

イギリスやニュージーにいた時も活躍していた同じタイプで、このじわーっとくる温かさがたまらなく好きです。ちょっと季節外れかもしれませんが、おすすめです。



最後まで読んでくださってありがとうございます。
私が買った時よりもカバーデザインが増えてかわいくなってるー!

クリックしていただけると嬉しいです♪


2014-03-03

見知らぬ人ともボンジュール


週末は特別なことは何もしなかったけど、天気がよくて清々しかったです。写真の出来は置いておいて、気持ちよさは伝わるのでは?


土曜日の夕方にはきれいな夕焼けものぞめました。湖畔に行ったらもっときれいに見えたんだろうけど、とりあえず庭からみた夕焼け。これでも十分きれいかと?


話はかわって、、、

毎日犬の散歩に出かけるわけですが、田舎なこともあってあまり人に会わないし、時間帯によっては車もそれほど通らないのどかな町を日本人ひとり、日本犬1匹と歩く毎日。

こんな田舎だからというのもあるけど、大概の人はあいさつしてくれます。

「ボンジュール!」「ボンジュール、マダム!」

これ、結構うれしい。

ジュネーブのような町に行くと、すれ違う人が多すぎて知り合いでもなければこのような挨拶をかわすことはないけど、うちの町のようなところでは8割ぐらいの人は挨拶しあう感じ。

相手が目を合わさないようにしていたりすると、あいさつしたくない人なんだな、と判断して何も言わずすれ違うこともよくあるけど、これ、子供でも普通に「ボンジュール」と言ってくれます。子供の場合は笑顔であることがほとんど。これがかわいくてとっても嬉しい♪

日本だと山登りやハイキングコースなんかでは挨拶を交わすけど、あまりなかった習慣なので、散歩の楽しみのひとつだったりします。


Akana: liz、わかってないな~。みんなが挨拶してくれるのは、あたしがいるからじゃない??

そうかもね?笑



最後まで読んでくださってありがとうございます。
週の終わりには気温も上がってくるようで、春ホントに来ちゃう?クリックしていただけると嬉しいです♪


UA-68325954-1