2014-02-28

Botanica2014


少し先の話になりますが、9月(5-7日)にアロマセラピーを含めた植物セラピーのカンファレンスに参加するためダブリンまで行ってきまーす!

2年前にも参加した同じカンファレンスで開催地も同じくダブリン。会場も同様のトリニティーカレッジ。こういう機会でもないと勉強熱を維持できない私なので、刺激を受けに行って参ります。


もしこのブログをご覧の方で参加希望の方は大急ぎで今日のうちに申し込みをした方が断然お得です!(私も慌てて先ほど申込を済ませました。)

「Earlybird(早起き、早め、早期の意味)登録」の締め切りが今日なんです。今日(2月28日)までに申し込むと3日参加の場合、35ユーロ、2日参加の場合、30ユーロのディスカウントプライスで参加可能となります。前回はこのカンファレンスのことを知ったのが遅かったので、通常価格で申し込みましたが、今回はこの早期割引価格にて申し込めてよかったー。

Botanica2014サイトのスクリーンショット


恐らくダブリン時間の28日までということだと思うので、日本ではまだ少し時間があります。興味のある方はBotanica2014のサイトを見てみてください。(私、決してBotanicaの回し者じゃないです!笑)

2年前は引越直後で落ち着かないままの参加となってしまったので、今回はもっと実りのあるものとしたいものです。

このカンファレンス後にアイルランド旅行もしたいと計画中なので、それも楽しみ♪(ってまだ航空券もホテルも予約してないけど、笑) とりあえずは行ける準備だけしました、ということで。

今回の写真2枚は2年前に撮ったものです。また新たな発見ができますように。


Botanica2014
http://botanica2014.com/



最後まで読んでくださってありがとうございます。
まだ半年も先の話だけど、あっという間に9月になったりして。クリックしていただけると嬉しいです♪


2014-02-24

春来たる?


週末に引き続き、週初めの月曜日、ぴーかん(死語かしら?)です。
写真は今日の午後のレマン湖。どうです?完璧な青空じゃないですか?もうひとつあるベンチに寄り添ってただただのんびりしている人や読書をしている人もいました。日の当たる屋外の方が家の中よりもずっと温かいそんな気持ちのいい午後のひとときです。


こちらは昨日の日曜日の午後。隣町ネルニエです。湖畔のレストランはまだ2月だというのにオープンしていました。(週末だけかもしれないけど。なんせ夏以外は人少なな村なので、、)

昨日も今日も散歩をしていると汗ばんでくるぐらいの陽気。小鳥のさえずりも春らしいし、蜂も飛び始めているし、2月の終わりのレマン湖畔とは思えないぐらいです。


これだけ温かいのだから、と庭の桜の木をチェックしたら、芽吹き始めています。このまますんなり春が来るとは思えないけど、去年美しく咲いてくれた桜の芽を見ただけで何だかワクワクしてきました。

は~るよ来い♪



最後まで読んでくださってありがとうございます。
残念ながらこの陽気はどうも続きそうにないようで。。。その辺は慣れっこになりましたよん。
クリックしていただけると嬉しいです♪


2014-02-21

久々の大泣き


今週は結構天気がよく、気温も高めで過ごしやすかったです。って、まだ2月なのに、特に昨日の昼間なんて春の陽気。この冬は今のところ雪が積もるほど降ることもなく、恐ろしく冷え込むこともなく、あまり冬らしくない冬です。

最初の写真はポカポカしていた昨日のレマン湖。湖畔のベンチには何組かのグループが日向ぼっこしてました。家の中にいるより、外の日向にいる方が温かいぐらいでした。このまま春が来ちゃうのかな?


そんな明るい午後の散歩の後、こちらの時間で夕方5時台、大泣きしちゃいました。

ちょっと出遅れ気味の投稿ですが、真央ちゃんです。日本のメディアは昨日からこの話題で持ち切りなはず。滑走順を知らず、こんな早い時間だったとは。その時間、フランスのテレビ中継では他の競技を放送してたけど、真央ちゃんの演技の時はフィギュアスケートに切り替えてくれたおかげであのパーフェクトな演技を見逃すことなく観戦できました。

日本にいた時から常に見ていたわけではなかったけど、地元が同じということもあって何だかんだと見てきて、勝手に親近感を持っていました。もちろん会ったことはないけどね。(あっ、安藤ミキティには遭遇したことあります。笑)

娘にしては大きすぎるけど、演技を終えた時はよくがんばったね~、とお母さんのような気持ちになってしまいました。あの若さでお母さんを亡くされてる真央ちゃんだから余計にかな。

前日の呆然としていた状態から、よくぞ気持ちの切り替えができたね、という気持ちも加わってしばらく涙が止まらず。ただ、ふと思ったのが、真央ちゃんは健全な朝型人間なのでは?と。

前日のショートプログラムは最終滑走で現地では夜の11時台。昨日のフリーは現地の午後8時台。もちろん滑走順の関係ですぐ前の選手の滑りに影響を受けたというのもあるのだろうけど、それにしても夜の11時台にスケート滑るってちょっと遅すぎなのでは?ヨーロッパのメイン時間(パリ時間)の見やすい時間帯に合わせてスケジュール組んでるのかしら?と勘繰ってしまうのは考えすぎかな??

メダルには届かなかったけど、人々の心に残る演技をしてくれた真央ちゃん、お疲れさまでした。もちろんメダリストの人たちはみんないい演技でしたね。(地元有利すぎな感は否めませんが、)


メダリストはみんなメダルと一緒にお花を受け取っているけど、メダルを取れなかった選手にもこの春の花を送りたい気持ちです。(ちょっとこじつけ気味?笑)



最後まで読んでくださってありがとうございます。
ソチオリンピック日曜日に終わっちゃいますね~。何だか寂しくなるなー。
クリックしていただけると嬉しいです♪


2014-02-15

バレンタインの夜に


昨日はバレンタインでしたね。
うちでは特別なことはしなかったけど、いつものようにお花を買ってきてくれて、うちの中が少し華やいだ感じになりました。

食事も居酒屋のようにおつまみだけでのんびりオリンピック観戦。でもサプライズで夫はプレゼントを用意してくれていました。シンプルなどんな服装にも合うピアス。実は欲しいなと思っていたのでとても嬉しかったです。そういう私も実はプレゼントを用意してたので、よかった。私からは彼が好きなブランドの香水。今のところ、フランスの香水店やどの空港の免税店でも見かけたことがなく、ジュネーブにある2つのデパートだけで見つかるブランド。彼も気に入ってくれたようでホッとしました。

メダリストはみんなアジア系というのも珍しい感じ
そしてそれも嬉しい点


オリンピック観戦ができてちょうどよかったのは、今日本中で話題であろう、男子フィギュアスケートの羽生選手の金メダル演技が見れたことでした。最初のジャンプで転倒した時は終わっちゃったかな~と思ったけど、気落ちすることなくその後は安定していて見事な演技でしたよね。フランステレビジョンのコメンテーターたちも日本人3選手でメダル独占できる、って日本人押ししてたぐらい。特に高橋選手は天才だと強調してました。


そして、そして、先ほど終わったばかりの(バレンタインの夜じゃないけど、笑)男子スキージャンプラージヒル。葛西選手、すごーく惜しかったけど、2回とも素晴らしいジャンプで銀メダル獲得。おめでとう!!

ノーマルヒルの時もでしたが、こちらフランスでも年のせいもあるのか、「葛西押し」がすごくて、今日も2度目のジャンプの前は、「アレー、ノリアキ!(行け、ノリアキ!)」って叫んでました。最後逆転された時も実況の人は残念そうで。なんだか嬉しかったです。

葛西選手とほとんど年の変わらない私なので余計に応援しちゃう。7度目の冬のオリンピック出場だったとか。レジェンドと呼ばれるにふさわしい葛西さん。今後の去就はわかりませんが、とりあえずはお疲れさまでした。そして感動をありがとうございました。うちでは私と夫で拍手喝さいでしたよー。

(2,3枚目の写真はソチオリンピックの公式サイトからお借りしました。)


最後まで読んでくださってありがとうございます。
葛西さんの美しい鳥のようなジャンプに少しウルッときてた私です。
クリックしていただけると嬉しいです♪


2014-02-14

Negative: Nothing上映会 in ジュネーブ


天気予報に反していいお天気となった2月11日火曜日の夜。ジュネーブで一夜限りのドキュメンタリー映画の上映会に行ってきました。2月とはいえそれほど寒くないジュネーブなので、チューリップが花屋の店先に並んでいても不思議と季節外れとも思えないくらいです。


ドキュメンタリー映画「Negative: Nothing」を耳にしたことがある人、少なくないのではないでしょうか。

2011年3月11日の大震災後、スイス人のトーマス・コーラさんが日本の安全性を世界中に知らせたいという目的で、同年8月から北海道から鹿児島までの2900kmを徒歩で縦断し、毎日ブログを書き、多くの人と触れ合うロードムービーです。

元々日本が大好きで日本語も学び、日本滞在経験も多いトーマスさん。日本に恩返しをしたいという思いだけでここまで成し遂げられるというのはシンプルに素晴らしいと感じました。また行く先々で出会う日本人の人たちの優しさに同じ日本人として心が洗われ、嬉しくもなりました。

上映後は監督のヤン・クヌーセルさんの話も聞け、質疑応答も行なわれました。映画自体はトーマスさんの母国語であるスイス・ジャーマン及び日本語で、字幕は英語か日本語だったので、ジュネーブの観客はフランス語の字幕が欲しかったようです。DVDではフランス語も入るのかも?しれませんけどね。(でもどうかな~?)

ぜひ多くの人に見てほしい映画ですが、日本では昨年末に東京で上映されただけだったようで、この先はDVDの発売を待たないといけないようですね。


この上映会は今年が日本とスイスの国境樹立150周年を記念したイベントのひとつだったようで、アンケート用紙をひとりひとりに配っていました。その際、ひとり1本の鉛筆が渡されたんですが、それが外務省表記のあるレア物の鉛筆でした。こういう品ってなかなか手に入らないでしょうからちょっとした記念品になりました。笑


映画情報「Negative: Nothing」(日本語): http://negativenothing.com/ja/
日本縦断ブログ(日本語): http://www.japanfenster.ch/japantrip/ja/



最後まで読んでくださってありがとうございます。
日本人としていろいろと考えさせられる秀作です。クリックしていただけると嬉しいです♪


2014-02-13

ソチオリンピックにハマり中


2月も早いものでもう半ば。明日はバレンタインですよ。あっという間に時間が過ぎ去っていく~と感じるこの頃。

することはいろいろあるのに、先週の金曜日から始まったソチ冬季オリンピックにハマっている私です。ソチとの時差は3時間だけ(ソチが先)なので、ちょうどいい感じに視聴できるんです。そう、フランスでは朝の7時から夜(その日のスケジュールにもよる)の9時ごろまで、1日中テレビでオリンピック中継されているものだから、ついつい見てしまう・・・。

フランステレビジョンという国営(?)のテレビ局はいくつかチャンネルがあるんですが、主にFrance2/France3で放映されていて、日本の高校野球中継みたく、ニュースの時間になったらチャンネルが変わるといった感じでまるまる1日オリンピック漬けになれます。

基本的にはフランス人選手が出場する種目を中心に放映されますが、割とまんべんなく見れるので満足度は高いかな?日本人としてはぜひ見たいフィギュアスケートがフランス人選手の後はさっさと他の競技中継に切り替わってしまうのは哀しいけど・・・。

(ソチオリンピックの公式サイトのスクリーンショット)


結構見ているのに、スノーボードのハーフパイプは見逃してしまった、くやしい!日本人の若者2人が銀・銅メダル獲得とはうれしいニュースでした。昨日のノルディック複合の最後のせめぎ合いも生中継で観戦できて興奮させていただけたし。惜しかったけど、銀メダル獲得おめでとう!ですよね。

日本人選手にスポットが当たることはあまりないので、ある意味違った角度から見られて面白かったりもします。日本でオリンピック中継を見ると、日本人のことしかわからない状態に陥りがちですからね。とはいえ、やっぱりどこでも自国の選手を応援するのが常で、メダル獲得が期待される選手の地元中継があったりするのは日本と一緒だな、と感じたり。

私はスイスとの国境に住んでいることもあって、スイスの選手もついつい気になるんですが、フランスでは全く気にかけられてない。なのに、カナダのケベック州出身の選手(=フランス語を話す)に対しては応援する感じの実況だったり。国が変わると同じオリンピック中継も様子が変わるのだな、と違いを楽しんでおります。

今日の夕方からは男子のフィギュアスケートがあるので、それも楽しみ。注目選手のひとりとして、日本の羽生(はにゅう)選手のことをこちらでも取り上げてました。実は今回のオリンピックで彼の名前を初めて知ったんですが、フランス人には酷なお名前で、発音しにくそうに、「ユ~ヅル・アニュー」と呼んでました。笑  "H"は発音しないのでね、フランス語。苦労しながらそれでもがんばって発音しようとしているアナウンサーに笑わせてもらいました。



最後まで読んでくださってありがとうございます。
フィギュアの解説者は長野五輪の銅メダリスト・キャンデローロなんですよ~。甲高い声で解説してます。笑
クリックしていただけると嬉しいです♪


2014-02-02

日曜日の夕暮れ


今日、日曜日の朝方は雨が降っていたけど、昼前からまずまずの天気になりました。

今年の冬はやっぱり暖冬なのかな?先週雪がちらちら舞ってはいたけど、積もることはないし、寒いは寒いけど、マイナス10℃とかまで冷え込むこともないし。なんてこと言ってると、ドカーンと雪が降ったり、寒くなるかもしれないのでやめとこ。うわさではバレンタイン辺りにドカ雪が降るかもなんて予報も出てるようなので。

今週末はやりかけていたプロジェクトのひとつが片付き、気持ち的に少し落ち着きました。でも日々の細々仕事はまた明日からもスタートなので、ほんのひとときのリラックスタイムです。

夕方には、久しぶりに隣町まで散歩にも行けました。このところ近くをチマチマ歩いてただけなので、1時間歩くと、そして天気もいいとやっぱり気持ちがいい。最初の写真を撮った後の帰り道は空がピンク色に染まってきれいでした。

久しぶりー!
3日ぶりに散歩に連れて行ってもらえてうれしかったAkanaです♪

暖冬のせいか、家の中に入れている時間が長いからか、既に冬毛が絶賛脱毛中!笑
写真でも後ろ足のところが抜けてるのよくわかりますよね。もう何度かブラッシングしたんですが、抜ける、抜ける。これから厳冬とならないことを祈るばかり・・・。


2013年末旅行記、次回からは続きを書いていきたいと思ってるので、もうしばらくお付き合いくださいませ~。



最後まで読んでくださってありがとうございます。
散歩中すれ違った子供が、「これって中国の犬?」と親に聞いてた・・・。私を見たからか、単に珍しいからか?謎??
クリックしていただけると嬉しいです♪


UA-68325954-1