2014-01-30

電気のない1時間


最近、久々に体調を崩していたことや何かとバタバタしていて更新が滞って失礼しています。もう2月の声が聞こえてきているというのに、旅行記も進まず・・・。

この頃は1週間に一度晴れたらいいかな、ぐらいな天候です。今日はもちろん大半の方でどんより曇り空だったので、レアな晴れ写真で少しでもいい気分になりたいと思います。笑


さて、今日の午前中、ようやく体調も戻り、パソコン前で集中するぞーと構えていたら、ビーっと呼び鈴が。出てみると、家の前の道の歩道工事をしている人。

「○×○×・・・」と言われた数語だけ理解でき、工事の関係で電気をストップするのでその了承を得に来た模様。私が、「全部?」と尋ねると、「全部、全部。1時間から1時間半ぐらい。」とのこと。ダメと言っても無駄だろうから、もちろん了承しました。

でも、待てよ?このまだ寒い午前中に電気が止まっちゃったら、ラジエーターも止まっちゃうじゃん!お茶を飲もうにも、電気ケトルは使えない。掃除機もかけたかったけどそれも使えない。ネット接続もなくなる。何かを温めようにも電磁調理器・電子レンジも使えない。

そうなんです。このウチ、電気が止まったら何もできなくなっちゃうんです。パソコンはしばらくは使えてもネットにつながらないので、電源を切り、まだ温かさの残るラジエーターにひっついて暖をとりました。

幸い1時間ちょっとで電気は戻り、その後も普通に使えたのでよかったけど、たった1時間でも電気がないって不便でした。電気ってありがたいものだとつくづく感じた肌寒い午前の1時間でした~。


最後まで読んでくださってありがとうございます。
ラジエーターにくっついてたけど、最後はあんまり温かくなくて、ジャケット羽織ろうかと思った頃復旧してよかった!
クリックしていただけると嬉しいです♪


2014-01-24

不幸中の幸い


このところ更新が滞っていて失礼しました。お詫びのお花です。

というのは半分冗談で(笑)、年末旅行記を今月中には終了させたいと思っているので、ようやく時間がとれたと思った矢先、Bloggerがダウン・・・。

この時点でブログを見ることができて、ログインすることもできて、写真もアップできて、こうして文章を入力することもできているので、おそらく短時間のダウンだったんでしょうけど、私がブログを始めてからこの現象は初めてだったので、ちょっとあたふたしてました。今日はなんだか不安定なのかもしれないので、この頃の様子をちらりと話す感じでお許しくださいませ。


この頃は週に一度晴れたらいいぐらいのいつもの暗い冬状態が続いていますが、今日は意外と晴れて、日差しが眩しいぐらいでした。(写真は今日撮ったものではないですが、)

散歩でレマン湖畔にたどり着くと、よく見かける2羽の白鳥。(っていつも一緒かどうかなんてわかんないけど!笑) この時は結構近づいてきて、愛犬かなちゃんもちょっとビビってました。白鳥って、「クワーっ!」と威嚇してくることもあるので、優雅な見かけとは違うんですよ。お気をつけください。


先週だったか、車で出かけようとしたら、エンジンの具合が悪く、エラー表示のようなものが出たので、予定がすっかり狂ってしまったんです。ここの暮らしは車が必須なので、すぐにでも修理に出して直してもらわないと、なんですが、ここはおふらんす。そんなスムーズに事が進むわけないよね、と悲観していたら、なんと!

ディーラーに電話をしたら、「40分後に車を取りに行きます。車を修理する間は当社のすぐそばのレンタカー事務所から車を貸し出します。」とのこと。そしてホントに40分後にトラックがやって来たんです!(すごい。)

レンタカーが借りられるのなら用事も済ませられるので、私も一緒にトラックに乗って、ディーラーまで行き、レンタカー事務所にも行きました。

レンタカーを借りられるのは3日後まで。費用はディーラー持ちだけど、ガソリンは満タン返しという条件でした。ここまではいい感じだけど、果たして修理が3日で終わるのか?という疑問が頭を常によぎっていましたが、なんと、これも予定通り終了。夫が車を引き取りに行った時もかなり愛想のいい女性が対応してくれたようで。やればできるんじゃん、おふらんすも!

ただ夫曰く、「フランスのカーメーカーは今瀕死の状態だから、愛想だけでも良くしておかないと先がないっていう危機感があるんじゃない?」とのこと。

とはいえね、そんな状態でも愛想のない人はいくらでも見てきたので、たまたま愛想のいい人だっただけかも?ただ車に関しては、今回はとてもラッキーでした。



最後まで読んでくださってありがとうございます。
修理に出したら、車が綺麗になって帰ってきました。珍しくサービス精神のあるディーラーさんでした。
クリックしていただけると嬉しいです♪


2014-01-15

つかの間のお別れ


今日は、年末旅行に出かけていたこともあり、ひと月以上ぶりのジュネーブでした。

しばらく暖かい日が続いていたことと、朝バタついていたこともあって、服装の選択を完全に誤りました。午前中は写真のとおり綺麗に晴れ渡っていたこともあって、キーーンと冷え込んでいたジュネーブ。歩いていたら指先・足先が固まってくるぐらい寒かったです。

たぶん気温自体はそれほど低くはなかったのかもしれないけど、体の慣れというのは怖いですね。すっかり冬だということを忘れていたようです。


人為的に作られているのであろう花だとはわかっていても、冬にこのような花があることはおかしいと理解してはいても、やっぱり花を見ると嬉しいもの。花の名前はわからないけど、花束にすると良さそうなお花を花屋の前で見かけて明るい気分になりました。

街中は只今Solde(セール)中ということもあって、久しぶりに服もいろいろ見ました。(フィンランド旅行中は服をみたいという気は全く起こらなかったので、洋服屋には入りませんでした。)


朝はすっかり行きつけのようになった「Le Pain Quotidien」にて。メニューを見たら、ワッフルがあるとのことなので、注文しちゃいました。さすがベルギー系のパン屋さん。上に乗っかったベリーも美味しくて朝からハッピーに♪


午後は久しぶりに会うお友達とのお茶で、こちらもすっかりお気に入りになったカフェでまた違うケーキをいただきました。甘すぎず程よい酸味が効いたフランボワ―ズのケーキで日本人の舌にぴったりです。

帰り際にもうひとり友人が加わり、わずかな時間のおしゃべり。こちらの友人は近々引越してジュネーブを離れてしまうので何とも寂しい限り。でも今はネットでつながれるいい時代。それに、こちらに戻って来る可能性も無きにしも非ずのようなので、気長に待ってるよ~。ということでつかの間のお別れと捉えることに決めました。



最後まで読んでくださってありがとうございます。
とは言っても別れというのは寂しいものですね~。泣 でも出会えたことに感謝です。
クリックしていただけると嬉しいです♪


2014-01-13

「わたしのマトカ」


昼過ぎから冷たい雨となった週初めの今日。景気づけに写真だけでも晴天時のレマン湖のお姿を(1月10日撮影分)。

思えば先週は天気のいい日が多く、そして暖かかった。1月とは思えないほど。その反動が今週はやって来そうです。お家の中で本でも読んでなさいのサインかな?

と、かなりこじつけのような序文ですが、今回は旅行記の合間の読書感想文です。年末旅行にも関連した本、片桐はいり著「わたしのマトカ」があまりにもおもしろかったので、ご紹介します。


わたしのマトカ (幻冬舎文庫)
片桐 はいり
幻冬舎
売り上げランキング: 3,197

カバーも北欧風でかわいい!



片桐はいりさんはご存知のとおり、映画「かもめ食堂」でミドリさん役をされていた女優さん。このエッセイは彼女が初めて書いたエッセイで、内容は2005年夏(8月半ばから9月終わり)のフィンランド「出張」(←彼女の言葉より)での話がメインで、他にも旅好きな彼女のエピソードが含まれています。

個性的俳優と位置付けされているはいりさんですが、驚くほど文章がうまい!(私に言われたくないか、笑) こういう文を書きたいの、と強く感じたのと共に、びっくりするぐらい私のツボにハマる文章で笑いっぱなし。喩えが巧妙で表現力のあるとても面白い内容です。そしてフィンランド人に対する愛情に満ちていて、心温まるエピソード満載です。

例えば、

炊きたてのごはんみたいな笑顔の人たちが作る料理がまずいはずはない。
(映画の舞台となったカハビラ・スオミのオーナーさんたちを評して。)

フィンランドの人たちはみごとにみんな無表情なのだ。お面のような顔のままで、たてにななめに振り回されている。
(ヘルシンキ郊外にある遊園地で見たアトラクションに乗るフィンランド人を見て。)


例はほんの一部ですが、いつも表現の仕方がおもしろい!映画の撮影の合い間をぬって、様々な体験をされたようで、彼女のようにもっとローカルの人と交わる努力を私もすべきだったな~とちょっと後悔したりも。はいりさんの旅のスタイル、とても気に入りました。もちろんちょうどフィンランド帰りだったこともあって共感できたことが多く、余計に入り込むことができたんだと思います。

数日前に突然Kindle版で購入し、2日で読んでしまいました。勢いづいて、はいりさんのもう1作「グアテマラの弟」も同じくKindle版で購入。



グアテマラの弟 (幻冬舎文庫)
片桐 はいり
幻冬舎 (2011-02-09)
売り上げランキング: 9,564

こちらは南米らしいカバー


こちらも文体は同じく面白かったのですが、中南米にあまり興味がないことから、「わたしのマトカ」ほど前のめりすることはなかったです。それでもやっぱりはいりさんの文章は楽しいです。そして、何といっても、海外にいながらもKindleですぐ購入して読めるというのはありがたいですね~。


最後まで読んでくださってありがとうございます。
マトカ、というのはフィン語で「旅」という意味だそう。クリックしていただけると嬉しいです♪


2014-01-06

日常生活へ


今日から仕事始め、学校始めの人、多いのではないでしょうか?

こちらは仕事はとっくにスタートしている人もたくさんいるでしょうけど、夫は少し休みを延長していたので、今日からのスタート。私も久しぶりに6時前起床して見送りました。今頃はまだ日の出が遅いので、掃除をしたり、シャワーを浴びたりして、パン屋に行こう、と鎧戸を開けると・・・


上の写真2枚の世界が広がっていました。(すぐ上の写真はパン屋に行く途中の風景で、うちではありませんよー。)

以前にも幻想的な朝焼けが見られた時に投稿しましたが、今日は燃えるような朝焼けでした。これで8時過ぎです。この情景はほんの少しの間の出来事だったようで、パン屋からの帰り道、5分後ぐらいにはずいぶんと明るくなり、このオレンジ色はすっかり消えていました。(ちなみに今日の日の出は8:18でした。)二度寝しなくてよかった。笑


このところのジュネーブ近郊はそれほど寒くない日が続いています。でも天気が悪い日が続いていて、すっきりしなかったところ、昨日の日曜日に久々すっきり晴れました。昼間はポカポカ陽気で久しぶりに散歩も隣町まで行っちゃいました。


今年初のレマン湖は隣町のネルニエから。


青空って本当に気持ちいい!


空の青と地面の緑が眩しいぐらい。サングラス要でした。


旅行から帰ってきてしばらくはにぎやかなうちでしたが、今日は久々にひとり。いや~静かでいいもんだ!笑



最後まで読んでくださってありがとうございます。
掃除もしてすっきり!Back to normalだけど、これはこれでいい!
クリックしていただけると嬉しいです♪


2014-01-03

新年早々・・・


旅行記のスタート!と張り切ってたら、突然体中が痒くなってきちゃいました・・・。子供の頃以来?のじんましん。
(写真はヘルシンキのウインドーやクリスマスマーケットの様子で内容とは無関係です。)


実は旅行の終盤、エストニアのタリンに着いた翌日から急に眼の周りが赤く腫れて、痒くなったんです。その時は眼の周りだけだったので何かわからなかったけど、元旦の夜から体のあちこちに赤く膨らんだ発疹が出来始め、昨夜はそのピーク。

(羊に弱い私はここでも撮ってた。笑)


周りの人にもうつるものなのかどうかも忘れてたので、ネットであれこれ調べました。(このサイト役立ちます→じんましん事典

まず、じんましんの発疹に触れても感染はしません。原因を特定するのはかなり難しそう。食物アレルギーに起因することもあるし、ストレスなどの心因性の場合もあるし。なので基本は対処療法しかなさそう。


こちらの病院や薬局に行っても抗ヒスタミン剤が処方されるぐらいだろうな、と思ったので、アロマセラピーを試してみることにしました。

(こちらはホットワインや焼き栗の屋台)



日本語サイトを調べてみると、効きそうなオイルは、ラベンダー、カモミール(ローマン・ジャーマン共に)、ティートリーが勧められていました。

英語サイトを見ると、ラベンダー、ティートリーの他に、ペパーミント、レモンもおススメとして取り上げられていました。じんましんの種類にもよるけど、発疹が熱を持った状態だとペパーミントがクールダウンする役目を果たすようです。(このサイト、英語ですが、他の様々な症状にもお勧めなオイルを紹介しててわかりやすいです→

私の場合は赤く腫れ上がった熱を持ったタイプだったので、10mlのホホバオイルにラベンダー3滴、ペパーミント1滴、レモン2滴を混ぜて、患部に塗布しました。

初めはオイルを塗った部分が逆に燃え上がるように熱くなり、さらに痒みを増してきたので、「大失敗だったか・・・。」と落胆していたんですが、知らない間に眠りについていて、朝起きたら、なんと、全部腫れがおさまってました!ただ夜の間に腫れが脚の部分にも広がっていて、そこにはオイルを塗っていなかったので、そこは腫れたまま。でもオイルは確実に効いたということ。あくまでも私の場合は、なので、誰にでも効くかどうかはわかりませんが、アロマ様サマです。

今日も朝から新しく発疹ができたので、またオイルを塗布してしばらくしたらおさまってました。私の場合は夜にひどくなる傾向なので、また今夜発疹が出るかもしれないけど、しばらくはこのオイルを塗って様子を見たいと思います。




最後まで読んでくださってありがとうございます。
旅行写真たち、じんましんの話題に付き合わされてごめんよ~!クリックしていただけると嬉しいです♪


2014-01-01

Happy new year 2014


あけましておめでとうございます!

昨年は多くの方々にお世話になり、当ブログにもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございました。

旅に出た時などはなかなか更新できませんが、今年も頻繁な更新を目指してもっと多くの情報を提供していけたらな、と思っております。気の向いた時、いつでもお立ち寄りくださいね~!

さて、フィンランド旅行からもう一カ国立ち寄った後、30日の夜、無事にフランスの自宅へ帰ってきました。旅行の話は次回からお伝えしますね。

昨夜の大晦日は私たちの旅行中、留守を預かってくれた夫の両親がビッグディナーを準備してくれ、至れり尽くせりな夜でした。私はテーブルセッティングなどセンスがなく全くできないのですが、義母さんはご覧のとおりかわいらしくセッティングしてくれました。


前菜はアボカドをくり抜いて、カニのすり身などと混ぜたもの。さっぱりして美味しかったです。


メインは手前にあるトリュフソースがけの鹿肉。右上のポテトグラタンと左側のチコリのソテーが添えられていました。チコリのソテーがいつも食べるものより数倍美味しくて、おかわりしちゃいました。さすがベルギー人!

この後、アイスクリームケーキを食べ、新年のカウントダウンをしてキス&ハグで迎える新年。年越し蕎麦が恋しいけど、まあこれはこれでいいもの。


唐突ですが、新メンバーのご紹介。


もうひとつ訪れた国、エストニアで買った羊。詳しくはわかりませんが、エストニアはウール製品が有名のようで、いろんな商品を見かけました。羊の人形も様々な大きさのものがありましたが、一番小ぶりでかわいいこの子を連れて帰ってきました。名前は買ったお店と国名にちなんで、「Esti(エスティ)」。男の子のつもりです。笑

サイズがちょうどいいので、これからはEstiを旅先に連れて行きたいな、と考えています。今回も少しだけEstiと観光名所、という写真を撮りました。なんかおもしろいかな、と思って。Estiのこともどうぞよろしく!




最後まで読んでくださってありがとうございます。
愛犬のかなちゃんは今のところEstiの存在に気付いてないのでやきもちやいたりはしてないです。笑
クリックしていただけると嬉しいです♪


UA-68325954-1