2014-11-24

晩秋の晴れ間とDavis Cup


このところは秋らしく雲や霧に包まれ、晴れ間を見ること自体がかなり貴重。今日は午後に少し太陽を拝むことができましたが。写真は先週の晴れた2日間の写真。最初はうちの紅葉系の木に必死にしがみついているかのような葉っぱ。ちょうどスポットライトを浴びているようで綺麗でした。


レマン湖沿いの風景。


全てが赤くはなかったけど、一部色づいた蔦系の葉っぱたち。


この町で秋を迎えるのは3度目ですが、最初の年は美しく色づいた木々をもっと見かけたけど、去年と今年はそれほどでもないなという印象です。いろんな気象条件で葉の色づきも変わるのでしょうが。今、きっと日本では綺麗な紅葉風景が楽しめる時期だろうな、となんとなく比べてるのかも?


さて、週末は先日もちらっと書いたとおり、デイビスカップ(日本ではデ杯と呼ばれてますね。)テニス観戦してました。土曜日のダブルスは見られなかったけど、シングルスマッチは観ましたよ。結果はご存知のとおりスイスがフランスに3-1で勝利で万歳!おフランス的には地元開催だし、得意なサーフィス(クレーコート)だし、選手層厚いし、準備万端だし、で勝てると踏んでいたんでしょうが、勝負事はやってみないとわからないというお手本でしたね。

今回、私、初めてデイビスカップ観戦したので、色々発見がありました。

  1. 国同士の戦いなので、審判がスコアを読み上げる時も選手名ではなく、国名を言う。
  2. コートサイドに各国のキャプテン(監督)が座る。
  3. サッカーの代表選のように応援で鳴り物が入る。(スイス応援団はカウベル使ってた。)
特に1が私には衝撃的でした。テニスは基本個人戦なので、国名でスコア言うなんて!

Daily Mail (Mail Online)から拝借しました。


ロジャーファンの私としては、いつものように最後「泣き虫ロジャー」の人間臭さを見せてくれたのが嬉しかったです。錦織くんの活躍やロジャーの復活で、2014年のテニスは面白かった!来年も楽しみです。



最後まで読んでくださってありがとうございます。 
テニス話に長々とお付き合いくださって感謝です。今年はこれが最後かな?
クリックしていただけると嬉しいです♪
 

2 件のコメント:

  1. 秋晴れに 紅葉した葉っぱが綺麗ですね♪
    こちらはお天気が悪くて・・・・
    ウィンブルドン、スイスが優勝して良かったですね。
    フランスに長かったですが スイスの方が先に
    住んでいたので 応援するのはいつもスイス(笑)

    返信削除
    返信
    1. 加代子さん、こんにちは。
      写真を撮った日はたまたまいいお天気でしたが、こちらもご存知のとおり天気はイマイチです。
      晴れ間が貴重なので何だか落ち着かなくなりますが・・・笑

      テニスで国同士の対戦というのが実感できず、どうしても個人の応援になりますが、試合前は分が悪いといわれていたスイスが勝ってよかったです。フランスに住んでいますが、サッカーなどでもフランスの応援したことないかも?笑

      削除


UA-68325954-1