2014-10-31

名古屋童子車展 in ジュネーブ


昨日、ジュネーブの国連横にあるアリアナ美術館で日本関連美術のオープニングセレモニーがあるということで短時間ではありましたが、大変面白い展示と実演を目にすることができました。

日本関連、だなんてもったいぶった言い方ですが、私の出身地(正確には生まれたわけではないですが)の名古屋からはるばる「童子車」がやって来ることを少し前に知り、これは行かねばと楽しみにしていたんです。

最初の写真にある「童子車」という祭りの山車ですが、作成した「名古屋仏具研究会」さんによると、こちらは特定の祭り用ではなく、勉強のための試作品とのことです。(こちらをご参考に→)この童子車は上海万博にも出展されたそうです。

山車の名前はもちろんですが、名古屋に山車がひかれる祭りがあったっけ?というぐらい何の知識もなかった私なので、この機会に目にすることができよかったです。


こちらはもうひとつのからくり人形。
実演を見る時間がなくて残念でした。


アリアナ美術館のロビーに日本の祭り山車が!
なかなか目にできない光景。


童子車の実演スタート。
首の動きをはじめ、高い技術を感じる人形の動きでした。


童子車のからくり人形実演は見れたのですが、その後に別の約束があったため、もうひとつのからくり人形の実演は見れず仕舞。それ以上に後ろに見えたお酒などのドリンクや食事を少しでもいただきたかったな〜、と食い気が先の私でした。


昨日は昼間暖かく、夕暮れ時もこんなにきれいでした。
国連前の広場です。


このアリアナ美術館での展示は今日金曜日から今週末だけの短期間のみですが、人形の実演や蒔絵のワークショップもあるようなのでお近くで興味のある方はどうぞ足を運んでみてください。

そうそう、これも初めて知ったことですが、名古屋は仏壇の生産日本一だそうです。他にも蒔絵や漆塗りなどの工芸品作りも有名だとか。出身地のこと少しは勉強になりました。

アリアナ美術館での展示情報はこちらをご参考に(→)。



最後に 、、、


ハッピーハロウィン!

ジュネーブのデパ地下で見かけたハロウィーンコーナー。
こちらでは飾りもほとんど見かけないけど、昨日たまたま立ち寄ったこのデパ地下では店員さんがかぼちゃの飾りを作ってました。今後ここでも人気イベントとなっていくのかな?




最後まで読んでくださってありがとうございます。 
ジュネーブで名古屋イベントは今までなかったので、個人的に気持ちが盛り上がってます。笑
クリックしていただけると嬉しいです♪

0 件のコメント:

コメントを投稿


UA-68325954-1