2014-10-31

名古屋童子車展 in ジュネーブ


昨日、ジュネーブの国連横にあるアリアナ美術館で日本関連美術のオープニングセレモニーがあるということで短時間ではありましたが、大変面白い展示と実演を目にすることができました。

日本関連、だなんてもったいぶった言い方ですが、私の出身地(正確には生まれたわけではないですが)の名古屋からはるばる「童子車」がやって来ることを少し前に知り、これは行かねばと楽しみにしていたんです。

最初の写真にある「童子車」という祭りの山車ですが、作成した「名古屋仏具研究会」さんによると、こちらは特定の祭り用ではなく、勉強のための試作品とのことです。(こちらをご参考に→)この童子車は上海万博にも出展されたそうです。

山車の名前はもちろんですが、名古屋に山車がひかれる祭りがあったっけ?というぐらい何の知識もなかった私なので、この機会に目にすることができよかったです。


こちらはもうひとつのからくり人形。
実演を見る時間がなくて残念でした。


アリアナ美術館のロビーに日本の祭り山車が!
なかなか目にできない光景。


童子車の実演スタート。
首の動きをはじめ、高い技術を感じる人形の動きでした。


童子車のからくり人形実演は見れたのですが、その後に別の約束があったため、もうひとつのからくり人形の実演は見れず仕舞。それ以上に後ろに見えたお酒などのドリンクや食事を少しでもいただきたかったな〜、と食い気が先の私でした。


昨日は昼間暖かく、夕暮れ時もこんなにきれいでした。
国連前の広場です。


このアリアナ美術館での展示は今日金曜日から今週末だけの短期間のみですが、人形の実演や蒔絵のワークショップもあるようなのでお近くで興味のある方はどうぞ足を運んでみてください。

そうそう、これも初めて知ったことですが、名古屋は仏壇の生産日本一だそうです。他にも蒔絵や漆塗りなどの工芸品作りも有名だとか。出身地のこと少しは勉強になりました。

アリアナ美術館での展示情報はこちらをご参考に(→)。



最後に 、、、


ハッピーハロウィン!

ジュネーブのデパ地下で見かけたハロウィーンコーナー。
こちらでは飾りもほとんど見かけないけど、昨日たまたま立ち寄ったこのデパ地下では店員さんがかぼちゃの飾りを作ってました。今後ここでも人気イベントとなっていくのかな?




最後まで読んでくださってありがとうございます。 
ジュネーブで名古屋イベントは今までなかったので、個人的に気持ちが盛り上がってます。笑
クリックしていただけると嬉しいです♪


2014-10-27

冬時間へ


我が家のもみじ系の木の葉は赤・黄・緑とまだらながらも、日が射すとこのようにいい感じに見えます。今週末は特に昨日の日曜日がこんないいお天気で昼間は暖かかったんですが、暗くなると冷えます…。

来週末だと思っていた冬時間への移行が今週末でして、日本との時差は8時間となりました。

昨日の朝は「9時に起きちゃった!」と思ってもまだ8時で、昼間は時間が長く感じたものでしたが、夕方の5時半にはもう暗い。この辺りで本日の日の入りが17:29となっているので突然日が短くなった気がします。1時間の差はなかなか侮れません。

これからどんどん日照時間が短くなるので、人間も暗くならないようにしないと、ね。

あたしのおうち、ガレージ入りしてあったかくなったよん♪


こんな風に寝られるのもお天気のいい昼間だけかな?でもこの顔を眺めてると平和な気分になる。お地蔵サマなかなちゃんです。




最後まで読んでくださってありがとうございます。 
今日みたいにどんより曇ってると一気に滅入ってくるわ〜。なんか楽しいこと考えよっと♪
クリックしていただけると嬉しいです♪


2014-10-23

秋色を求めて


天気予報どおり、昨日から空気がすっかり入れ替わったかのごとく、風が冷たくなり、気温もグッと下がりました。今朝の最低気温は3℃ほどで、冬のジャケットを着てお見送りをしました。

昼間は風が多少あったもののいいお天気だったので散歩に出てみると、役場と教会の前には季節の菊が植えられていました。こんな感じで落ち着いた色合いだと菊も仏花のように見えずにいい感じです。


こちらの赤い葉が見られる壁はジュネーブのカフェの中庭。去年もちょうど今頃に同じカフェに行って、同じように撮ってましたね。他のお客さんでも写真を撮っていた人もいたので、ここは結構名所なのかも?


最後は、うちのもみじ系の木。昨年は全く赤くならず、茶色く変色して葉が落ちてしまったので残念でしたが、今年は今のところ赤・黄・緑の三色が混ざっておもしろいことになってます。全体が赤や黄色に変わるのか毎日観察中。




最後まで読んでくださってありがとうございます。 
昼間は我慢してたけど、夜はさすがに寒いので暖房入れ始めました。もう冬か〜…。
クリックしていただけると嬉しいです♪


2014-10-21

2014年10月快晴の週末


週末は10月とは思えないほどの暖かさとこの真っ青な青空でした。土日ともこのお天気だったので、外には人で溢れかえっていました。この写真を見ているだけでも気分がすっきりする気がします。


土曜日にジュネーブに少し出かけましたが、これはスイスの国境の町エルマンス(Hermance)の風景。この町というより村はとってもこじんまりしているけど、このように綺麗な花飾りがちらほらあってかわいらしいです。


この写真では見にくいですが、壁につたう葉の中には少し赤く色づいたものも見られます。暖かくても季節は進んでいます。


こちらはうちの町のレマン湖畔。愛犬かなちゃんに散歩を拒否されたのでひとりで犬立ち入り禁止のビーチへ散歩しに行きました。バーベキューをするグループや水着を着て寝そべりながら本を読む人、はたまたレマン湖で泳ぐ人までいましたよ。水を触ってみたらかなり冷たかったけど。

たぶんここまで暖かいのはこれで最後でしょうね〜。明日は最高気温も10℃前後との予報…。この差が激しいのがこの辺りの気候なんです。もうだいぶ慣れてはきたものの体調管理は結構難しい。明日は冬服を着ることにしよう、うん。



最後まで読んでくださってありがとうございます。 
でもね、私、熱を出すほど体調を崩すことはないんです。プチ不調はしょっちゅうですが…。
クリックしていただけると嬉しいです♪ 


2014-10-17

雨のジュネーブとチョコ屋のティールーム


昨日、久しぶりにジュネーブに朝から出かけました。
雨は降らないと思っていたのに、残念ながら朝から結構な雨。まだそれほど寒くなかっただけマシかな。

昨日は飲料水用("Eau Potable"の表示がある水場の水は飲むことができます。ジュネーブではペットボトルを持参すれば水はいつでも飲めるのでその点は便利。)の水周りや花屋さんでも菊の花をよく見かけました。菊って今が旬だったかしら?花の旬は野菜の旬よりもいつなのかがわかりにくいと感じるのは私だけでしょうか?


同じ花屋の店先には白いシクラメンも飾ってありました。白いシクラメンて初めて見たような気がする。


午後もパラつくことはあったけど、曇り空になってよかったです。まだ観光客もいるようで、ジュネーブでは初めて見かけたセグウェイツアー。一度乗ってみたことがあるけど、簡単そうで案外難しいセグウェイの運転。みなさん勢いよくついていってたからすごいな〜と眺めていました。


昨日、お茶をしたカフェがなかなかよかったです。


店舗の2階部分がティールームになっていました。バス停の真ん前にあるチョコレート屋は以前から知っていたけど、ティールームがあるとは知らず。1階の店舗をみると狭そうだけど、お茶スペースは結構広くて快適です。


ランチの後すぐだったので、小さめだったことからエクレアにしました。
というより、少し前からチョコレートが苦手になってしまい、なのにチョコレート屋に入ったので、ケーキ類もやはりチョコを使ったものが多く選択肢があまりなかったのも理由のひとつ。でもこのエクレアは美味しかったです。お茶の種類も多く、私はルイボスティーを。友人は煎茶を選んでました。こちらでグリーンティーを頼むと薄い紅茶色になるけど、ここのはほんとのグリーンティーでしたよ。

こちらのチョコレート屋はフランスに来てすぐに行ったことがある「Stettler」の別店舗。1947年創業の老舗チョコレート屋です。エクレアについていた板チョコも食べなかったけど、昔食べた記憶ではおいしかったはず。チョコが苦手な私はチョコのことはもう語れませんが、ここのティールームはおすすめです。朝食、ランチ、ティータイムと様々なケースで使えそうですよ。




最後まで読んでくださってありがとうございます。 
10月も半ばだというのに週末は20度超えで昼間は暑くなりそう。それはいいけど週明けはそこからマイナス10度となるから体調管理が難しいです、、、。みなさんよい週末を!
クリックしていただけると嬉しいです♪


2014-10-14

秘密の庭とヘルシーカフェ


カルージュで日本祭りがあった週末の土曜日の話にさかのぼります。

写真の搬入、設置作業が思ったより早く終わり、ランチをしようとカルージュの街中(祭り会場は中心部でしたけど、)へ出かけました。ランチの話は最後にとっておくとして、まずはランチ後に同じ通りを歩いていて偶然見つけた日本人作家のアート作品を展示していたギャラリーに入ってみました。

日本人画家の方と日本人陶芸家の方の作品が展示されていて、陶芸家の方がいらっしゃったのでお話することもできました。作品はどちらも大変素晴らしかったことは言うまでもないですが、ギャラリーオーナーがこれまた素敵な方で、「ギャラリーの裏側には庭もあるのよ。見てみる?」と提案されたので、断る理由なんてない!と見せていただきました。


これが裏庭への入り口。
この先に何があるんだろう、と期待が持てる雰囲気です。


一番奥の特等席な位置にはデッキチェアが。


ちょっとしたコーナーもアートや気配りを感じます。


隠れ家的なガーデンを見せてもらい、カルージュの別世界をみた気分になりました。塀はあるものの、もちろん隣の 家は見えちゃいますが、表の喧噪(というほどカルージュはうるさくないです。)はどこへやら。街中に住みながらこんな素敵な庭がある生活。理想的〜。


秘密の庭探訪の前のランチもよかったです。


外にあったメニューをみて良さそうと思い入ったヘルシー系メニューが充実したカフェにて、スープをいただきました。ヘルシーと感じたのは、オーガニック材料を多くつかっていたりスムージーなどのドリンクメニューがあったりしたので。それとは別に、イギリス系文化の国ではよくある私のお気に入りランチメニューの「Soup of the Day」ならぬ「Soupe du Jour」があることが嬉しかった!

私がいただいたのは、手前のにんじんとオレンジのスープ。オレンジってどうだろ?と多少不安だったけど、ほんのり香り、そしてほんのり味がするオレンジがいいアクセントとなっていて初めてのお味。すごく美味しかったです。夫が食べたにんじんとマスタードハニーのスープもマスタードが効いていて美味しかったです。パンも味わい深い味で美味しく大満足でした。


スープだけでも結構お腹がふくれたのになぜか頼んでしまったCafe gourmand。コーヒーもしくはお茶とデザートの盛り合わせがCafe gourmandですが、今まで頼んだ中でトップクラスでした。デザートは全て手作りとのことで、どれも本当に美味でした。


この日は暖かかったので、外のテラス席でいただきましたが、店内の雰囲気もよかったです。サラダブッフェもあるようだし、キッシュも美味しそうだったし、他にも試してみたいメニュー目白押し。久しぶりにジュネーブ辺りでいいお店を発見できました。


Hansé Café
30 Rue Ancienne, Carouge
Tel: +41 (0)76 225 30 26
(FBページご参照ください→




最後まで読んでくださってありがとうございます。 
カルージュはアートもグルメも楽しめるいい町だわ〜。クリックしていただけると嬉しいです♪ 


2014-10-06

日本祭りの週末


先日、当ブログでお知らせさせていただいた日本祭りでの写真展が無事終了しました。
土曜日の朝から搬入・設置をして昼にはそれも終了。事前の準備をしていたおかげでスムーズにできました。


これが屋内会場となる「Salle des Fetes」。カルージュ市のホールはデザイン的にも素敵なホールです。


会場の外の通りの商店には全てカタカナで店名が書かれた半紙が飾ってありました。これも日本祭りの一環のようです。提灯も至る所に飾ってあって、こちらのヨーロッパ建築と日本のオブジェのおもしろい融合が見られました。

土曜日は開会の挨拶と鏡開き、日本舞踊と歌の会による日本やスイスの歌の披露がありました。ひと月前の隣町での写真展でも来てくれて、本まで購入してくれた女性がまた訪れてくれ嬉しかったです。かなり日本がお好きとのことで英語も話せる方なのでいろいろ話すこともできました。


日曜日は昼過ぎまでは快晴で暑いぐらいでした。基本、写真の横にいたのであまりお祭り自体を楽しむことはできなかったんですが、昼ご飯を食べようと食べ物屋台の方へ行くと、長蛇の列ができている屋台もあり、大きなテント下に用意されたテーブルも満席。周りのベンチもいっぱい、と大盛況。

私たちは気軽に食べられそうなチューリッヒから参加の日本のパン屋さん「Hiro Takahashi」でいくつかパンやシュークリームを買って歩きながら、そして写真の横で立って食べました。懐かしい味のパンばかりでとても美味しかったです。ジュネーブの日本食材店「うちとみ」と「内野」でも販売されているのでまた買ってみよ。


これは土曜日に設置した後の写真展示の全体像。


来場者は日本好きな人が多いこともあって、多くの人々に写真を見ていただくことができありがたい限り。写真を見て、感情移入される方もいて、面白い感想を聞くこともできたし、写真展を通じて新たな出会いがあったりと実りの多い展示会となりました。ここで写真展をする機会を与えていただいたことに感謝です。

写真展以外の写真がなくてお祭りの様子が伝わらず申し訳ないですが、コスプレコンテストなどもあり、新しい日本のカルチャー好きな人も多くいるんだなと実感。アニメに疎い私にはセーラームーンのコスプレしかわからなかったけど。

ヨーヨー(水入り風船)や綿飴、浴衣姿の男性・女性などを眺めていて、日本のお祭りや縁日らしいな、とカルージュにいながら日本を感じられる祭りでした。入場者数は数えるのも大変なぐらいな人手だったのでは?と推測します。

夕方に雨となってしまいましたが、予報より振り出しは遅かったので悪くなかったと思います。いいお祭りで楽しい週末を過ごすことができました。




最後まで読んでくださってありがとうございます。 
物理的に無理だったけど、うちの愛犬かなちゃん(柴犬)を連れて行ったら人気者になっただろうな〜。(親バカ?)
クリックしていただけると嬉しいです♪ 


2014-10-02

日本祭りでの写真展


アイルランド旅行記から一息つきまして、今回はお知らせです。
(写真は今年6月の日本で撮ったものです。)

今週末の話ですが、ジュネーブのカルージュ(という表現はなんだか変ですが、)でジュネーブのジャパンクラブ主催による日本祭りが開かれます。

和食の屋台をはじめ、蚤の市、日本文化の紹介など盛りだくさんな内容です。今回で5回目を迎える日本祭りは今年が日本とスイスの国交樹立150年記念という特別な年ということで、土曜日の夕方にも前夜祭として日本舞踊の披露や日本の歌コンサート、日本酒の鏡開きが行なわれる予定となっています。

(福岡県宗像市の鎮国寺にて)


そのプログラム内に夫の写真展示も加えていただけることとなり、ここのところ張り切ってあれこれ準備をしております。写真は主に仏教や聖なる地で撮影したものの展示となります。

日本祭り用に作成したパンフレット


日曜日がメインとなる日本祭り。お天気が少し心配されますが、写真展は屋内となります。お近くの方、ぜひのぞきにきてください。

日本祭り
10月4日(土)16時から18時(前夜祭)
10月5日(日)10時から18時
Salle des Fêtes, 37 rue Ancienne, 1227 Carouge
入場無料

詳細はジャパンクラブの日本祭りサイトにてご確認ください。(日本語・仏語)
http://www.japanclubge.ch/fete





最後まで読んでくださってありがとうございます。 
夏の終わりから写真展が続いて大変ながらも嬉しいです。クリックしていただけると嬉しいです♪ 


UA-68325954-1