2014-07-06

ウェディングブランチにお呼ばれ


今週末はイマイチな天気となるという予報に反して、土日ともいいお天気でした。特に今日の日曜日は昼から嵐の予報だったのにお呼ばれしていたものだから、ちょっとドキドキしてたけど、蓋を開けてみれば何の問題もなく、というよりもつらいほど暑い日曜日でした。

そのお呼ばれとは、以前にも数回食事を共にしたフランス人カップルのウェディングブランチだったのです。2人が住む町の広場(上の写真にあるだだっ広いレマン湖畔の広場)で昼前から行なわれました。2人とも晴れ男・晴れ女なのかな?

結婚式自体は6月中頃に2人の故郷のフランス南西部で行なわれたようですが、2人とも仕事はジュネーブなので、この辺りに住む同僚や友人を招いてのブランチでした。


2人の故郷に近いことにちなんで、スペイン風な飲み物や食べ物が並んでいました。上の写真のようなサングリアだったり、


ピンチョスという小さく切ったパンの上に食べ物がのったおつまみ・軽食スタイルだったり。このピンチョス屋台は日本でもよく見かけるトラックでの移動レストラン形式で外のパーティーにぴったりな面白い使い方だと感じました。


いい感じでしょ?
後にフォアグラ+ステーキのピンチョスまで登場しました。


デザートコーナーもかわいらしく仕上げていて2人のセンスのよさが伺えます。


スタートは11時半からで、生真面目な私たちはほぼ時間どおりに到着。でも花嫁さん自体も最初の写真にある車で登場したのは12時過ぎ。他のゲストも来れる時間にやって来たという感じでとてもラフなパーティーでした。

セッティングもいいし、天気もいいし、食べ物も美味しいし、といいことづくしだったのに、始まって2時間ほど経ったころ、私、急にふら~っとめまいがして足に力がなくなり、夫に「大丈夫?」と聞かれた時には一瞬気を失って倒れてしまったんです!元々貧血気味なのもあるけど、足に力が入らなくて倒れたというのは、もうずいぶん前に一度あったきり。ずっと立ちっぱなしだったこと、暑かったこと、シャンパンを1杯飲んだこと、ピンチョスは美味しかったけど、少し胃に重かったこと、などなどの様々な要因が重なっての結果だと思うけど、周りの人たちをびっくりさせてしまって申し訳ない気持ちでいっぱいでした・・・。

でもみんな親切で、紙ナプキンを水でぬらして顔や首を冷やしてくれたり、水を持ってきてくれたりと介抱していただきました。ご迷惑をおかけてしてすみませんでしたー!

しばらく木陰のベンチで休んでいたらなんとか持ち直したのでよかったですが、なんかね~、体力がないのかな?それとも胃が日本人化してヨーロッパの食事が体に合わないのかな?まあ原因はひとつじゃないだろうけど、少し運動でもしないと、ね。

その後デザートですいかがあったので、そちらは美味しくいただきました。パーティー自体はとても楽しいものだったので参加できてよかったです。ともかく2人の門出にふさわしいいいお天気でのブランチパーティーでよかった、よかった。



最後まで読んでくださってありがとうございます。
夜に雨が降り出しました。2人は晴れカップルなんだわ、きっと。笑
クリックしていただけると嬉しいです♪

2 件のコメント:

  1. lizさん、お帰りなさい!!
    素敵なウェディングブランチですね。
    きっちりかしこまったウェディングパーティーより、こういったカジュアルな方が楽しそう。
    ピンチョスもいろんな種類があっておいしそうだし。
    でも、貧血で倒れてしまったんですね。
    日本から戻ったばかりで疲れもたまっていたのでしょうか。
    日本の旅行記、楽しみにしていますね。♪

    返信削除
    返信
    1. ジュンさん、ただいま~。ジュンさんもおかえりなさい、ですね。(またすぐ日本に行かれるんでしたっけ?)
      カジュアルで子供連れの家族も気軽に楽しめるとてもよいパーティーでした。
      ただ未だにいつも眠い状態が続いていて、疲れが残っているのかも?元々の体質もあるんでしょうが・・・。
      夏の昼間の屋外での催し時は気をつけないとですね。
      旅行記、ぼちぼちスタートしていきたいと思っていますのでお楽しみに!

      削除


UA-68325954-1