2014-07-15

2014 World Cup終了


6月12日に開幕した2014年ワールドカップ・ブラジル大会は、みなさんもご存知のとおり、ドイツの優勝で7月13日に終了しました。

1998年のフランス大会に日本が初出場してから、ずっと観てきましたが、それはもちろん日本でのテレビ観戦でした。今回は前半は日本で、後半はフランスでのテレビ観戦という初体験。日本のメディアの盛り上げ方は知っていたので、相変わらずにわかサッカーファンを作り上げようとする、どのテレビ局も横並び的な報道で、やれやれ、といった感想でした。

といいつつ、日本では時差の関係で早い試合は夜中の1時スタート。遅い試合は早朝5時のスタート、ということで、旅行でぐったりしていた私にはライブ観戦はままならず、朝起きてNHKのニュースで結果を見ていたぐらいですが。

日本代表は、ね、言わずもがなですけど、メディアの盛り上げすぎだったんでしょうね~。まだまだサッカー発展途上国なので、仕方がないのでしょうが、「感動をありがとう。」とはとても言えない結果かと。アジアの出場枠が減らされそうな気がしてならないです・・・。


決勝戦の前のワールドカップトロフィーのお披露目セレモニー。
ブラジル出身モデルのジゼルはもちろんお美しいけど、
その横に立つ元スペイン代表Puyolを見れてうれしかった私。


決勝戦には様々なセレブリティーが招待されていたようですが、
ベッカム家族はその中でも目立ってた感じ。
息子たちにアルゼンチンのユニを着せてるのは、
政治的な理由からか、もしくはドイツがイングランドの永遠のライバルだからか?


さて、フランスに戻ってきてからは、早い試合は夕方6時スタート、遅い試合は夜の10時スタート、と観戦しやすい時間帯。が、日本のように全ての試合が放映されていたわけじゃないんですよ。(視聴料を支払うスポーツチャンネルは放送されてたでしょうが、)放映料が異常に高いから買えなかったのかなTF1(フランスのアメリカ資本の民放チャンネル。ここでいつも中継されていました)。

他のテレビ局では(スポーツチャンネルを除く)いっさい放送はなく、ニュース番組でワールドカップに触れるぐらい。でも今回、予想に反して(?)、フランスがベスト8まで進んだので、ニュースでも盛り上がってはいたけど、あっちもこっちもサッカーという感じではなかった印象です。

テレビ中継はというと、解説はいつも同じメンツ。日本でもおなじみのベンゲル監督と98年の代表チームにいたリザラズ。(2試合中継があると、同じく98年メンバーのジョルカエフ。ご存知な方います~?)


この方がリザラズです。(Google画像より拝借)
背は低いけど、結構イケメンで引退後も人気です。
通称リザ。


実況がひとりに解説が2人(もしくは1人)というシンプルな進行でうるさくもなく、時々試合と関係ないこと話して笑ってたり、という適当さはあっても純粋にサッカーが楽しめる中継です。フランスがドイツに敗退してしまってからは、少しトーンダウンした感は否めなかったけど、一応最後の決勝まで中継してくれたのでよかったです。

フランスの98年代表組はスターが多かったので、サッカー関連の番組では他にも見かけるし、現在のフランス代表監督のデシャンは98年時のキャプテンでしたしね。あの時のフランスは本当に強かったから、それ以降はどうも小粒に見えてしまうけど、今回はスター選手がほぼいない状態でよく頑張ったと思います。なので帰国時にはヒーローウェルカムだったのも頷けます。(日本のあの出迎えは・・・?)

個人的にはそれほど盛り上がる大会ではなかったけど、ブラジルの大敗など印象的な試合もいくつかあり、サッカーそのものは楽しめました。次の大きなサッカー大会は2016年のユーロ。あらっ!ググったらフランスで開催とのこと。一番近いスタジアムはリヨンか~。行けるかな?

2016年がどう盛り上がるかも楽しみです。

*最初から3枚目までの写真はDaily Mailから拝借しました。



最後まで読んでくださってありがとうございます。
今までつまらなかったドイツの試合が今回は面白かったし強かった。優勝は当然の結果でしょうね~。
クリックしていただけると嬉しいです♪

0 件のコメント:

コメントを投稿


UA-68325954-1