2014-02-21

久々の大泣き


今週は結構天気がよく、気温も高めで過ごしやすかったです。って、まだ2月なのに、特に昨日の昼間なんて春の陽気。この冬は今のところ雪が積もるほど降ることもなく、恐ろしく冷え込むこともなく、あまり冬らしくない冬です。

最初の写真はポカポカしていた昨日のレマン湖。湖畔のベンチには何組かのグループが日向ぼっこしてました。家の中にいるより、外の日向にいる方が温かいぐらいでした。このまま春が来ちゃうのかな?


そんな明るい午後の散歩の後、こちらの時間で夕方5時台、大泣きしちゃいました。

ちょっと出遅れ気味の投稿ですが、真央ちゃんです。日本のメディアは昨日からこの話題で持ち切りなはず。滑走順を知らず、こんな早い時間だったとは。その時間、フランスのテレビ中継では他の競技を放送してたけど、真央ちゃんの演技の時はフィギュアスケートに切り替えてくれたおかげであのパーフェクトな演技を見逃すことなく観戦できました。

日本にいた時から常に見ていたわけではなかったけど、地元が同じということもあって何だかんだと見てきて、勝手に親近感を持っていました。もちろん会ったことはないけどね。(あっ、安藤ミキティには遭遇したことあります。笑)

娘にしては大きすぎるけど、演技を終えた時はよくがんばったね~、とお母さんのような気持ちになってしまいました。あの若さでお母さんを亡くされてる真央ちゃんだから余計にかな。

前日の呆然としていた状態から、よくぞ気持ちの切り替えができたね、という気持ちも加わってしばらく涙が止まらず。ただ、ふと思ったのが、真央ちゃんは健全な朝型人間なのでは?と。

前日のショートプログラムは最終滑走で現地では夜の11時台。昨日のフリーは現地の午後8時台。もちろん滑走順の関係ですぐ前の選手の滑りに影響を受けたというのもあるのだろうけど、それにしても夜の11時台にスケート滑るってちょっと遅すぎなのでは?ヨーロッパのメイン時間(パリ時間)の見やすい時間帯に合わせてスケジュール組んでるのかしら?と勘繰ってしまうのは考えすぎかな??

メダルには届かなかったけど、人々の心に残る演技をしてくれた真央ちゃん、お疲れさまでした。もちろんメダリストの人たちはみんないい演技でしたね。(地元有利すぎな感は否めませんが、)


メダリストはみんなメダルと一緒にお花を受け取っているけど、メダルを取れなかった選手にもこの春の花を送りたい気持ちです。(ちょっとこじつけ気味?笑)



最後まで読んでくださってありがとうございます。
ソチオリンピック日曜日に終わっちゃいますね~。何だか寂しくなるなー。
クリックしていただけると嬉しいです♪

0 件のコメント:

コメントを投稿


UA-68325954-1