2014-01-15

つかの間のお別れ


今日は、年末旅行に出かけていたこともあり、ひと月以上ぶりのジュネーブでした。

しばらく暖かい日が続いていたことと、朝バタついていたこともあって、服装の選択を完全に誤りました。午前中は写真のとおり綺麗に晴れ渡っていたこともあって、キーーンと冷え込んでいたジュネーブ。歩いていたら指先・足先が固まってくるぐらい寒かったです。

たぶん気温自体はそれほど低くはなかったのかもしれないけど、体の慣れというのは怖いですね。すっかり冬だということを忘れていたようです。


人為的に作られているのであろう花だとはわかっていても、冬にこのような花があることはおかしいと理解してはいても、やっぱり花を見ると嬉しいもの。花の名前はわからないけど、花束にすると良さそうなお花を花屋の前で見かけて明るい気分になりました。

街中は只今Solde(セール)中ということもあって、久しぶりに服もいろいろ見ました。(フィンランド旅行中は服をみたいという気は全く起こらなかったので、洋服屋には入りませんでした。)


朝はすっかり行きつけのようになった「Le Pain Quotidien」にて。メニューを見たら、ワッフルがあるとのことなので、注文しちゃいました。さすがベルギー系のパン屋さん。上に乗っかったベリーも美味しくて朝からハッピーに♪


午後は久しぶりに会うお友達とのお茶で、こちらもすっかりお気に入りになったカフェでまた違うケーキをいただきました。甘すぎず程よい酸味が効いたフランボワ―ズのケーキで日本人の舌にぴったりです。

帰り際にもうひとり友人が加わり、わずかな時間のおしゃべり。こちらの友人は近々引越してジュネーブを離れてしまうので何とも寂しい限り。でも今はネットでつながれるいい時代。それに、こちらに戻って来る可能性も無きにしも非ずのようなので、気長に待ってるよ~。ということでつかの間のお別れと捉えることに決めました。



最後まで読んでくださってありがとうございます。
とは言っても別れというのは寂しいものですね~。泣 でも出会えたことに感謝です。
クリックしていただけると嬉しいです♪

0 件のコメント:

コメントを投稿


UA-68325954-1