2014-01-13

「わたしのマトカ」


昼過ぎから冷たい雨となった週初めの今日。景気づけに写真だけでも晴天時のレマン湖のお姿を(1月10日撮影分)。

思えば先週は天気のいい日が多く、そして暖かかった。1月とは思えないほど。その反動が今週はやって来そうです。お家の中で本でも読んでなさいのサインかな?

と、かなりこじつけのような序文ですが、今回は旅行記の合間の読書感想文です。年末旅行にも関連した本、片桐はいり著「わたしのマトカ」があまりにもおもしろかったので、ご紹介します。


わたしのマトカ (幻冬舎文庫)
片桐 はいり
幻冬舎
売り上げランキング: 3,197

カバーも北欧風でかわいい!



片桐はいりさんはご存知のとおり、映画「かもめ食堂」でミドリさん役をされていた女優さん。このエッセイは彼女が初めて書いたエッセイで、内容は2005年夏(8月半ばから9月終わり)のフィンランド「出張」(←彼女の言葉より)での話がメインで、他にも旅好きな彼女のエピソードが含まれています。

個性的俳優と位置付けされているはいりさんですが、驚くほど文章がうまい!(私に言われたくないか、笑) こういう文を書きたいの、と強く感じたのと共に、びっくりするぐらい私のツボにハマる文章で笑いっぱなし。喩えが巧妙で表現力のあるとても面白い内容です。そしてフィンランド人に対する愛情に満ちていて、心温まるエピソード満載です。

例えば、

炊きたてのごはんみたいな笑顔の人たちが作る料理がまずいはずはない。
(映画の舞台となったカハビラ・スオミのオーナーさんたちを評して。)

フィンランドの人たちはみごとにみんな無表情なのだ。お面のような顔のままで、たてにななめに振り回されている。
(ヘルシンキ郊外にある遊園地で見たアトラクションに乗るフィンランド人を見て。)


例はほんの一部ですが、いつも表現の仕方がおもしろい!映画の撮影の合い間をぬって、様々な体験をされたようで、彼女のようにもっとローカルの人と交わる努力を私もすべきだったな~とちょっと後悔したりも。はいりさんの旅のスタイル、とても気に入りました。もちろんちょうどフィンランド帰りだったこともあって共感できたことが多く、余計に入り込むことができたんだと思います。

数日前に突然Kindle版で購入し、2日で読んでしまいました。勢いづいて、はいりさんのもう1作「グアテマラの弟」も同じくKindle版で購入。



グアテマラの弟 (幻冬舎文庫)
片桐 はいり
幻冬舎 (2011-02-09)
売り上げランキング: 9,564

こちらは南米らしいカバー


こちらも文体は同じく面白かったのですが、中南米にあまり興味がないことから、「わたしのマトカ」ほど前のめりすることはなかったです。それでもやっぱりはいりさんの文章は楽しいです。そして、何といっても、海外にいながらもKindleですぐ購入して読めるというのはありがたいですね~。


最後まで読んでくださってありがとうございます。
マトカ、というのはフィン語で「旅」という意味だそう。クリックしていただけると嬉しいです♪

4 件のコメント:

  1. 私も「わたしのマトカ」読みましたよー。
    面白くて一気に読んじゃった記憶があります。
    そして何度も読み返してます♪
    いいですよね、はいりさんの文章。情景が目に浮かぶというか。。
    また読みたくなってきました!読んじゃおう♪

    返信削除
    返信
    1. アンさん、こんにちは!
      最近アンさんと頻繁にやりとりができて、なんだかつきあってるみたいで嬉しいです♪笑
      はいりさんの文体が好きな人だったら、あまりの面白さに一気読みしちゃいますよね~。私もリピーター決定!といったところです。写真は全くなくてもおっしゃるとおり様子が浮かんで、それがまた楽しいですよね。私も早速2度目スタートしてます!

      削除
  2. こんにちは!こちらにうかがうのは本当に久しぶりになってしまったので(スミマセン!)、フィンランド、ラップランドの旅も一気に拝読しました。雪景色の中に赤が鮮やかに映える美しいお写真や、lizさんの「かもめ食堂」へのふかーい愛(笑)、とても楽しく読ませていただきました♪
    そしてこのエッセイ、おもしろそうですね。紹介されている文章もすてき。私はもたいまさこさんや小林聡美さんのエッセイが好きなので、きっとこれも好きだと思う!と確信しています(笑)。
    やっぱりKindleがあると便利ですよねー。ずっと考えているのですが、仕事でもコンピュータを見ていることが多いので、できるだけディスプレイを見ないようにと思い、まだ手に入れていないのです。でもこんなすてきなエッセイを見ちゃうと・・・スゴく欲しくなりました(笑)!

    返信削除
    返信
    1. londonsmileさん、こんにちは!
      いつでもお時間のある時で全く構いませんので、お気軽にお立ち寄りくださいね~。
      お忙しい中、稚拙な旅行記を読んでくださってありがとうございます!「かもめ食堂」のくだりはくどいぐらいでしょうか?笑 これほどハマった邦画は初めてで、DVDも数えきれないぐらい見てます。
      小林聡美さんのエッセイは知ってましたが、もたいさんもエッセイ書かれてるんですね。そちらも読んでみたいです。はいりさんの表現方法がとても気に入り、Kindleのnote機能を使って保存しちゃってるぐらいです。
      実はこれが私のKindleデビューでして。こちらは文庫で買ってもお安いんですが、いかんせんすぐに購入できるものではないので、Kindleの存在はありがたいな、と感じました。勧誘してるわけじゃないですが、このエッセイはお勧めです!

      削除


UA-68325954-1