2014-12-31

強風の大晦日


寒い大晦日となりました。
この時期は風のあるなしで体感温度がかなり変わるもので、今日は風が強く散歩に出かけた時、帽子をかぶり忘れてつらい思いをしました、、、。

昨日から夫の両親がうちに来て、いつもの色のないインテリアが少しカラフルになっております。日本っぽい紅白の組み合わせが好きという義母が買って来てくれた花束。これは新春を迎えるっぽくていい感じ。


花束の状態も素敵だったけど、花瓶に入れてもいい感じです。いつものシンプルなインテリアが見違えるよう?


ベルギーの地元町の名物らしいお菓子「Baisers de Gembloux」というお菓子もお土産に持って来てくれました。夫は私が以前にベルギーで食べたはずと言い張るけど、私には記憶がなく。アーモンド粉で作られた軽いビスケット生地の間にクリームが入った一口サイズの軽いお菓子で美味しい!ベルギーの各地で名産のお菓子らしいけど、夫の地元のサイズが一番小さく食べやすいサイズらしいです。ベルギーへ行かれたらぜひお試しください。


今日は晴れていたけど、先述したとおり強風の一日なので、荒れたレマン湖でした。写真では見にくいかもしれないけど、波立っていました。


今年も1年「scent of life」を訪れていただきありがとうございました。日本は既に新年を迎えていますが、2015年もどうぞご贔屓に。




最後まで読んでくださってありがとうございます。 
これからビッグディナーとなります。さあ食べられるかな?私。
クリックしていただけると嬉しいです♪ 


2014-12-23

クリスマス前はストレスフル?


冬だけど珍しくいい天気が続いているこの頃。おかげで朝はかなり冷え込み、霜で真っ白だけど、昼間はこの時期にしては過ごしやすい気温で小春日和な感じです。

週末は久しぶりに隣町のネルニエまで散歩に行きました。冬は静まり返った村なるけど、ちょっとしたクリスマスデコレーションは見られます。ものすごく控えめだけどね。


気持ち良さそうな寒そうなといった雰囲気かな?


昼間だからというのもあるけど、地味飾りです。


ネルニエに行く途中の風景。
この開けた景色に行き当たると深呼吸したくなる気持ち良さです。


最近ネット上で見かける記事やニュースレターで受け取る話題で多いのが、クリスマスに関することが多いのは時期的に当然ですが、クリスマスを祝う国ではこの時期ストレスを感じる人が多いようです。特に完璧主義なタイプに多いんだと思いますが、準備をちゃんとしようとかパーフェクトなプレゼントを用意しようなどなど素晴らしいクリスマスにしなきゃ!という思いが強い人がかなりいるようです。

それに対処する方法として、私が通っていたニュージーランドの自然療法の学校からのメールでは、15分だけでもいいから効果的なヨガのポーズをとりましょう、移動する時に食べるスナックはヘルシーなナッツやドライフルーツにしましょう、などのアドバイスがありました。それだけ疲れが溜まる時期ということなんでしょうね。いろいろタイプはあるにせよ、ストレスは万国共通なんですね〜。そんなクリスマスまであと2日。うちは日本っぽく24日の夜にビッグディナーをいただく予定です。




最後まで読んでくださってありがとうございます。 
そのディナーを用意するのは私だけどね〜。ああこれぞストレス?笑
クリックしていただけると嬉しいです♪


2014-12-18

ヨーロッパのナンバープレート


写真は11月に訪れた湖水地方の湖のひとつ、ダーウェントウォーターです。ここ最近の冴えないレマン湖と雰囲気が似ていたので登場です。こんな天気だと旅行先では写真を撮っても、住んでいる付近の写真を撮ろうとは思わないもの。(つまりこの頃は写真撮れてません、、、)


話は全く変わりますが、車には全く興味がない私だけど、車のナンバーを見るのは結構好きです。日本に居た時も県外ナンバーを見たりすると、「遠くから来たもんだな〜。」と思っていたものですが、こちらに来てからは地続きのヨーロッパ大陸なので、違う国のナンバーを特に休暇の時期には多く目にします。

昔から地図を見るのが好きなこととも似てるかもしれませんが、色々な国のナンバープレートを見て頭の中でヨーロッパの地図を想像しながら、「そんなところから車でやって来たのー!?」とびっくりすることも好きだったり。

ヨーロッパ、特にEU圏のナンバーは左側にアルファベットの1文字から3文字で表示されていて、その後の数字やアルファベットはそれぞれの国の決まりとなっています。

主立った国やよく見かける国のナンバーはだいぶ覚えました。例えば、

  • B:ベルギー
  • D:ドイツ
  • E:スペイン
  • F:フランス(←まあこちらは当然知っているべき!)
  • I:イタリア
  • P:ポルトガル


こちらは湖水地方旅行時のレンタカーです。イギリスは「GB」となります。ただこのアルファベットがついているナンバープレートよりも、無いバージョンの方が大半かな?(ユーロ嫌いな人多いからか、古い車を乗り続けているだけなのか?理由はわかりませんが、)


こちらはアイルランドで見かけたアイスクリーム屋の車。アイルランドは「I」がイタリアとかぶるので、3文字で「IRL」となります。


去年の冬旅行で行ったフィンランドでのレンタカー。フィンランドもアイルランドと同様「F」がフランスとかぶるので、3文字で「FIN」となります。写真はないけど、同じくエストニアも3文字で「EST」です。


普段、車の写真を狙って撮ることはないので、住んでいる国であるフランスナンバーがはっきり見える写真がなく、パリで撮ったこの写真で雰囲気が伝わるかな〜?(無理ありすぎ!)

見やすい一覧がこちら(→)にあるので、興味がある方はご覧ください。


ちなみに隣国のスイスはEU圏外なので、全く違います。と、こちらも写真がないですが、州(カントン)を略した2文字のアルファベットが頭にきて、その後は数字が羅列されているスタイルです。(こちらのサイトをご参照ください→




最後まで読んでくださってありがとうございます。 
ナンバープレートを見て国名覚えたりするのが好きってネクラな趣味ですかね〜?
クリックしていただけると嬉しいです♪


2014-12-15

出来過ぎ犬


11月は太陽をあまり見ることがなかったような気がするけど、12月に入って1日中晴れることはないにしろ、時折お日様を目にすることができ、もうそれだけでありがたや〜という気分になるこの頃。なんでもない風景にも感謝の気持ちが湧いてきます。


そんな晴れ間のある時間帯に散歩できるとまたいい気分。うちの町は小さいので、いつも同じ時間帯に散歩しなくても、犬の散歩をしている同じ飼い主さんを結構見かけます。

その中でもいつも印象に残るのが、30代ぐらいの男性でいつも犬を2匹連れて走っている人。1匹はオオカミ系の大きめな犬。もう1匹は大きめのチワワといった風貌。この2匹ともリードはなし。でもお利口さんでちゃんと飼い主の男性について一緒に走ってるんです。

私と愛犬かなちゃんを見かけると、その男性はオオカミ犬の首輪だけつかんでかなちゃんに襲いかからないようにしてくれますが、そんな素振りは全く見せないオオカミ犬。大チワワ犬だけ一度近づいてきたことはあったけど、男性が「こらっ!キャラメル!」とどなるとすっと彼の後ろについていく賢さ。大チワワ犬は「キャラメル」って名前なんだ。

そんな賢い犬達のさらに凄いところをこの前目にしちゃいました。

これまた散歩時にうちの町の肉屋の前を通ると、この2匹行儀よく座って肉屋の前でご主人を待ってるじゃないのー。もちろんリードなし。思わず「ひゃー!出来過ぎや〜!」ってうちの愛犬を見つめた私。

ん?あたしで試してみる?


かなちゃんなら間違いなく肉屋に突撃していきそう!?
もっと小さな頃にしつけの学校に行っていれば、もしかしてかなちゃんもそうなったかもしれないけど、時既に遅し。

まあ元気でいてくれればそれで良しとするか!




最後まで読んでくださってありがとうございます。 
肉の香りが大好きなかなちゃんなので肉屋の前待ちはハードル高すぎー。
クリックしていただけると嬉しいです♪ 


2014-12-09

クリスマス in ジュネーブ2014


更新が途絶えていた間に街はすっかりクリスマスモード。(というか街に出かけてなかっただけ?)そしてすっかり冬です。今日は強風だったこともあり、寒ーい1日。でも雪はまだ降りませんね〜。(除く周りの山)

先週ジュネーブに久しぶりに出かけた時は朝から晩までの長い滞在時間だったので、夜のクリスマスイルミネーションを目にすることができました。たぶん毎年同じ感じだけど、あまりジュネーブに夜までいることもないので、田舎者の私にはいい刺激になります。


シンプルだけど、通りに沿って流れるように続く電飾はいい感じ。


こちらは今年初お目見えらしい風鈴を模したイルミネーション。
もう少し色の数が少ない方が綺麗な気がするけど、
これはこれでいいかな?


どこかのホテルの前のクリスマスツリーのデコレーション。今年、うちではまだツリーを飾ってなく、こういう風にしたいね、という参考に撮りました。でもオレンジの飾りってあまり見かけない…。

街はクリスマス前で少し気ぜわしい雰囲気がしていたけど、ジュネーブはまずまず華やかなのでそんな感じも飲み込んでいるかのよう。みんなクリスマス前にすることいっぱいなんだろうけどね。


おまけで、、、


ジュネーブのデパートのおもちゃ売り場で発見したモンチッチ!って、今も日本で売られてる?こちらでおもちゃ売り場をそれほどうろつかないので、いつ頃から販売されているのかわからないけど、3種類ほどのサイズ展開でかなり場所をとって飾られていました。人気なのかな、モンチッチ?


もうひとつおまけ、、、


いつもお手洗いでお世話になっているデパートに、いつものようにお邪魔したらなんだか騒々しい音楽が流れていたので何事かと見ると、下着ショーが下着売り場の周辺で行なわれてた!滅多にお目にかかれないものなので、途中から拝見。シャンパンが配られていたり、「えっ?このおじさんなんでここに??」みたいな人も脇で見てました。

モデルさん達は試着室で着替えて、売り場横の通路をキャットウォークに見立てて颯爽と歩いてました。クリスマスプレゼント用とか、ショッピングシーズンを盛り上げるためなのか、はたまたいつも行なわれているショーなのか全くわからなかったけど、初めて目にするショーは女の私でも(だからこそ?)なかなか楽しかったです。




最後まで読んでくださってありがとうございます。 
下着ショーでは2名ほど男性モデルもいて、下着+バスローブなんぞ着て歩いてた。笑
クリックしていただけると嬉しいです♪


2014-11-24

晩秋の晴れ間とDavis Cup


このところは秋らしく雲や霧に包まれ、晴れ間を見ること自体がかなり貴重。今日は午後に少し太陽を拝むことができましたが。写真は先週の晴れた2日間の写真。最初はうちの紅葉系の木に必死にしがみついているかのような葉っぱ。ちょうどスポットライトを浴びているようで綺麗でした。


レマン湖沿いの風景。


全てが赤くはなかったけど、一部色づいた蔦系の葉っぱたち。


この町で秋を迎えるのは3度目ですが、最初の年は美しく色づいた木々をもっと見かけたけど、去年と今年はそれほどでもないなという印象です。いろんな気象条件で葉の色づきも変わるのでしょうが。今、きっと日本では綺麗な紅葉風景が楽しめる時期だろうな、となんとなく比べてるのかも?


さて、週末は先日もちらっと書いたとおり、デイビスカップ(日本ではデ杯と呼ばれてますね。)テニス観戦してました。土曜日のダブルスは見られなかったけど、シングルスマッチは観ましたよ。結果はご存知のとおりスイスがフランスに3-1で勝利で万歳!おフランス的には地元開催だし、得意なサーフィス(クレーコート)だし、選手層厚いし、準備万端だし、で勝てると踏んでいたんでしょうが、勝負事はやってみないとわからないというお手本でしたね。

今回、私、初めてデイビスカップ観戦したので、色々発見がありました。

  1. 国同士の戦いなので、審判がスコアを読み上げる時も選手名ではなく、国名を言う。
  2. コートサイドに各国のキャプテン(監督)が座る。
  3. サッカーの代表選のように応援で鳴り物が入る。(スイス応援団はカウベル使ってた。)
特に1が私には衝撃的でした。テニスは基本個人戦なので、国名でスコア言うなんて!

Daily Mail (Mail Online)から拝借しました。


ロジャーファンの私としては、いつものように最後「泣き虫ロジャー」の人間臭さを見せてくれたのが嬉しかったです。錦織くんの活躍やロジャーの復活で、2014年のテニスは面白かった!来年も楽しみです。



最後まで読んでくださってありがとうございます。 
テニス話に長々とお付き合いくださって感謝です。今年はこれが最後かな?
クリックしていただけると嬉しいです♪
 


2014-11-20

テニスツアーファイナル回顧


先日もテニスの話をしましたが、錦織くんも戦ったATPツアーファイナルの話を少しだけ。写真はそのツアーファイナルがイギリス・ロンドンで開かれていたことから、イギリスつながりで湖水地方のケズウィックで見かけた古めかしい建物です。(かなりのこじつけ、)


皆さんもご存知のとおり、錦織くんはラウンドロビンを勝ち上がり、セミファイナルに進み、ジョコビッチとのユニクロ対決をしましたが、フルセットの末残念ながら負けてしまいました。それでも初出場でセミファイナルまで進めたのはすばらしいこと。1年間お疲れ様でした!来年も活躍期待してるからね!!

ツアーファイナルでの錦織くん。貫禄出てきた?
(写真はDaily Mailから拝借しました)


そして期待していたとおり、決勝はランキング1位と2位対決だったけど、ロジャー・フェデラー選手、背筋痛ということでジョコの不戦勝になっちゃいましたね。残念、、、。

 欠場で会場にて謝罪スピーチをするロジャー。
(写真はDaily Mailから拝借しました)


さて、写真が結構掲載されているからという理由でタブロイド紙のDaily Mailをのぞいて、写真を拝借したわけですが、いかにもタブロイドらしい話が載ってました。ちなみにタブロイドとは新聞のサイズが小さめ(285 x 400mm)の新聞。そしてセンセーショナルな報道の仕方やゴシップに力を入れる大衆紙のことです。(wikiより)

ロジャーのセミファイナルの相手は同じスイスのヴァブリンカでしたが、試合中と試合後に一悶着あったようで(決して殴り合いなどのフィジカルなものではなく)、そんなことから精神的にも身体的にも影響があって決勝戦に出られなくなったのかも?とのくだらない内容。もちろんロジャーも「そんなことあるわけないじゃん。僕ら友達だよ。」と鼻で笑ったかどうかはわかりませんが、さらっと流していました。

一悶着の原因がロジャーの奥様のミルカさんだ、とも書いてて、ロジャーは完全に彼女の尻にしかれている、などなど。もう言いたい放題。まあミルカさんのおかげで今のロジャーがある、というのは過言ではない気がするけど。偉大な男の陰にはいつの時代も強い女がいるものですからね。


で、明日からフランス対スイスのデイビスカップがあるわけですが、フランスのニュースを見ている限りはロジャーは問題なく出場できるとのこと。フランスで行われるので、テレビ中継もあるとのこと!ワーイ♪

明日からの週末は今年最後のテニスを楽しむことにいたします。



最後まで読んでくださってありがとうございます。 
少し忙しくしていまして、湖水地方旅行記に遅れが生じていますが、しばらくお待ちくださいませ、、、。
クリックしていただけると嬉しいです♪
 


2014-11-07

プランパレ墓地(Cimetière de Plainpalais)を歩く


先日午前中だけぶらぶらしていたジュネーブで、赤く色づいた木が目に入ってたどり着いたのはなんと墓地。(写真に写っている色づいた木とは別のものが見えたんです。)

中に入れるのかな?とチラ見したところ、遠くのベンチに腰掛けている紳士が見えたので入ってみました。


日本の墓地とは違って、というか宗教観も違うからかな? 私には公園のようにしか見えてきませんでした。


特にこのプランパレ墓地はかなりゆったりしたつくりで、墓石の間隔もかなり空いてるし。うちの近所の墓地はもっと分かりやすい墓地で関係者以外立ち入りしにくい雰囲気で、墓石ももっと込み合って並んでいます。


何の予備知識もないまま入ってしまったけど、ここはジュネーブで有名な人が眠るところなんだな、というのは墓石の立派さや雰囲気で感じました。上の写真の墓石はイギリス人学者の方のようでジュネーブでお亡くなりになったと刻まれていました。(他に理解できるものがなかったので、これを撮影したんですが、、、)

他にもカルヴァンなどが永眠されています。

この日は今にも雨が降り出しそうな天気でしたが、お天気がよくてそれなりに暖かければベンチで本を読んだりするのもよさそうです。それほど大きな墓地でもなく、街中からも歩いて行けるところなので、お散歩がてらに訪れるのがよさそうです。


Cimetière de Plainpalais  (Cimetière des Rois)
住所:Coulouvreniere Rois, 1204 Genève



墓地つながりで、、、



先日夫がネットショッピングでお香を買いまして、パッケージが可愛かったので記念に写真を撮ってみました。こちらで販売されているもののようですが、裏には「Made in Japan」との記載がありました。まだ全てを試してはいないけど、1本だけでも強すぎず弱すぎずの程よいかぐわしい香りですっかり気に入ってます。

精油もいいけど、お香もいいわ〜。




最後まで読んでくださってありがとうございます。 
精油の在庫が乏しいこともお香を購入した理由のひとつで…。そろそろ注文しなきゃ!
クリックしていただけると嬉しいです♪ 


2014-11-05

ツラい寝違え


日曜日、目が覚めてから続く寝違え。今日で4日目。
最初はそれほど痛みはなかったけど、しつこく続き、昨日長時間車の中にいたことも影響したのか(この話はまたの機会に)、昨夜は夜中にズキズキしてきて寝られない時間帯があったぐらい。

普段は寝違えを起こしてもそれほど長引くことはないので、特に何もしないけど、今回は続くな〜と思って、特に昨日車の中で首の筋をやたらともみほぐしていました。

どうにも良くならないので、「寝違え」でググると、どうも患部をいじってはダメな模様…。思いっきり触ってたよ、私。

患部を冷やした方がいい、いや暖めた方がいい、とどちらの意見もあり、どのアロマオイルを塗布するのが良いのかも調べてみたけど、あいにく切らしているか購入したことのないオイルがお勧めされていたので、困った時のラベンダー、とばかりにラベンダーを使ってももちろん即効性はないのでちっとも良くならず。


私があまりにもツラそうだったからか、夫が薬局で痛み止めの飲み薬とロールタイプの塗り薬を買ってきてくれました。薬剤師さんは「患部は温めるように。このロールはマッサージする感じで1日何度でも塗っていいから。」と言われたそうです。

ただ夫が帰ってくる前にいくつかの日本語サイトで見つけた寝違えの原因というのが、寝ている間の脇の圧迫に原因があるので、患部は決して揉んだりせず、脇部分のストレッチを勧める、という内容でした。
(ちなみにこちらをご参考に→寝違えに効くストレッチ方法:http://m3q.jp/t/2285

体の様々な症状に対処する方法というのはそれこそいろいろあるので、とりあえず、ストレッチも塗り薬も飲み薬も全部試してみることにしました。というのも、来週に短期旅行を控えているのです。キャンセルが効かない格安チケットだし、旅行行きたいし、何としても治さねば!


今日の写真は昨日ジュネーブで撮ったものです。落ち葉が秋を感じるかな?と。




最後まで読んでくださってありがとうございます。 
寝違え(寝違いとも言いますよね。)ってこんなにツラかったっけ?なんでも治りが遅くなってきた気が…。
クリックしていただけると嬉しいです♪ 


2014-11-03

誇らしいよ、錦織くん!


早いものでもう11月。
先週、週末と割と暖かめでいいお天気が続いていましたが、今日はどんより曇りのち雨。そろそろ暗ーい秋、そして冬へ突入する時期です。

写真は晴れた先週の一コマ。近所の風景です。


赤く色が変わる木の葉もあるけど、黄色くなる方が多いかな?青空が背景にあるとどんな色でも映えますね〜。


さてたまにはテニスの話でも。(興味のない方はスルーしてくださいね〜。)

先週のパリマスターズシリーズで今年の通常のトーナメントは終了しました。一応パリで行なわれていたので決勝戦はテレビ中継がありまして、あまり興味はなかったけどせっかくなので、ジョコビッチ X ラオニッチ戦を日曜日の午後に見ました。

錦織くんはその前日にジョコビッチに負けちゃったので残念ながら彼の勇士を見ることはできなかったけど、来週の9日からスタートするツアーファイナルにアジア人選手として初出場することになりましたよね!これって本当に凄いこと。

なぜってトップ8の選手しか出場できないツアーなんですよ、奥さん!しかもギリギリ出場権を得られたわけでもなく、なんと錦織くん、現在世界ランキング5位!こんな日がいつか来るとは期待していたけど、ようやくトップ5にランクインしたんだね〜。おねいさんは嬉しいよ〜。(おばさんと言った方が正確か?)

(ローランギャロスFBページよりお借りしました。2014全米オープンの写真。)


ツアーファイナルは先ほども言ったとおり、トップ8の選手しか出場しないので、つまらない試合というのは基本ない、最初から真剣勝負しないといけないタフなツアーです。8選手が2組にわかれて総当たり戦を行なった後、各グループの上位2選手が勝ち上がり、セミファイナル、ファイナルとなるこのツアーファイナル。

錦織くんがツアーファイナルに出場することになって、そして全米オープンからの(本当はもっと前からずっと)活躍で日本でも多少はテニスが語られるようになったようですが、もっとテニス人気があがるといいな〜。

ってちなみにフランスでは人気がありそうでそうでもないんじゃ?という印象です。全仏オープンはテレビ中継が1日中あるけど、他のグランドスラムは完全スルーだし、スポーツニュースでちらっとは結果ダイジェストがあるけど、サッカーほどでもないし。フランス人選手も強い選手ちらほらいるのにね。

というわけで、ツアーファイナルをテレビで見ることはできそうにないですが、応援してるからね、錦織くん!


ATPツアーファイナルのサイト右横にある錦織くんの写真(こちら→)、精悍なお顔立ちだこと!



最後まで読んでくださってありがとうございます。 
錦織くんは先があるので、これじゃ最後じゃないだろうから、今年はロジャー・フェデラー選手に優勝していただきたい!
クリックしていただけると嬉しいです♪ 


2014-10-31

名古屋童子車展 in ジュネーブ


昨日、ジュネーブの国連横にあるアリアナ美術館で日本関連美術のオープニングセレモニーがあるということで短時間ではありましたが、大変面白い展示と実演を目にすることができました。

日本関連、だなんてもったいぶった言い方ですが、私の出身地(正確には生まれたわけではないですが)の名古屋からはるばる「童子車」がやって来ることを少し前に知り、これは行かねばと楽しみにしていたんです。

最初の写真にある「童子車」という祭りの山車ですが、作成した「名古屋仏具研究会」さんによると、こちらは特定の祭り用ではなく、勉強のための試作品とのことです。(こちらをご参考に→)この童子車は上海万博にも出展されたそうです。

山車の名前はもちろんですが、名古屋に山車がひかれる祭りがあったっけ?というぐらい何の知識もなかった私なので、この機会に目にすることができよかったです。


こちらはもうひとつのからくり人形。
実演を見る時間がなくて残念でした。


アリアナ美術館のロビーに日本の祭り山車が!
なかなか目にできない光景。


童子車の実演スタート。
首の動きをはじめ、高い技術を感じる人形の動きでした。


童子車のからくり人形実演は見れたのですが、その後に別の約束があったため、もうひとつのからくり人形の実演は見れず仕舞。それ以上に後ろに見えたお酒などのドリンクや食事を少しでもいただきたかったな〜、と食い気が先の私でした。


昨日は昼間暖かく、夕暮れ時もこんなにきれいでした。
国連前の広場です。


このアリアナ美術館での展示は今日金曜日から今週末だけの短期間のみですが、人形の実演や蒔絵のワークショップもあるようなのでお近くで興味のある方はどうぞ足を運んでみてください。

そうそう、これも初めて知ったことですが、名古屋は仏壇の生産日本一だそうです。他にも蒔絵や漆塗りなどの工芸品作りも有名だとか。出身地のこと少しは勉強になりました。

アリアナ美術館での展示情報はこちらをご参考に(→)。



最後に 、、、


ハッピーハロウィン!

ジュネーブのデパ地下で見かけたハロウィーンコーナー。
こちらでは飾りもほとんど見かけないけど、昨日たまたま立ち寄ったこのデパ地下では店員さんがかぼちゃの飾りを作ってました。今後ここでも人気イベントとなっていくのかな?




最後まで読んでくださってありがとうございます。 
ジュネーブで名古屋イベントは今までなかったので、個人的に気持ちが盛り上がってます。笑
クリックしていただけると嬉しいです♪


UA-68325954-1