2013-07-31

四国お遍路さん・香川編


四国お遍路さん旅の最終県・香川編です。

順番が前後しますが、最初の写真は第86番・志度寺(しどじ)。確か納経所の隣にまた別の建物があって大勢でワークショップのようなことをされている一室に入る玄関先に飾られていた素敵な生け花。引き算の美を感じます。


愛媛最後の第65番・三角寺(さんかくじ)も行けただろうけど、それをすっ飛ばしても時間内に行きたいと夫が言うので、時間ぎりぎり(17時5分前着!)に到着した、第66番・雲辺寺(うんぺんじ)。88箇所の中での最高峰の標高911mにあり、住所でいうと徳島県に位置する雲辺寺ですが、香川の最初の寺となってます。ロープウェイでしか行くことができないのかと思っていたら車でも行けました。ただ以前もお話したとおり、山の上の寺院は駐車料金としてではなく、参道補修料としてどこでも大体300円徴収されます。こちらではそのお返しとしてお箸を一膳いただきました。何だかうれしい。


雲辺寺はもちろん見晴らしもいいのですが(すぐ隣にはスキー場も有)、境内には五百羅漢像がずらーっと並んでます。五百羅漢とは仏陀に常に付き添った500人の弟子のことだそう。表情が豊かな羅漢さんたちで決して気味が悪いなんてことはないですよ。


こちらは第81番・白峯寺(しろみねじ)のいくつもあるお堂のひとつ。ここも高台にあり、途中瀬戸内の風景を楽しみながら行くことができます。訪れた日は中学生ぐらいの生徒さんたちがたくさんいて、社会学習だったのかな?先生らしき人がお遍路さんの説明をしていたので、私も一緒に座って聞きたかったです(笑)。


こちらは寺院ではないですが、第84番・屋島寺(やしまじ)に向かうドライブウェイの途中に広がる瀬戸内の眺め。車で行く場合はドライブウェイ(通行料:普通車610円)を通らないと行けない仕組みになってます。

歴史好きな人は源平の合戦を思い浮かべるのでは?私はここに着いて説明書きを見て、「あ、歴史の授業で習ったな。」ぐらいの感想でしたが、この写真に写っている辺りがまさにその合戦の場だったようです。今は平和そのものな感じですけどね。


香川では高松市に3泊しました。お天気が変わりやすく、晴れの日・雨の日の繰り返し。こちらは第76番・金倉寺(こんぞうじ)。この日(6月15日)は別のお寺で雨宿りをしていた時に話をしたご主人が、「今日は弘法大師さんの誕生日で青葉祭があちこちで開かれてると思うよ。」と教えてくださいました。弘法大師の正確な誕生日はわかっていないようですが、真言宗の伝承では6月15日を誕生日としているようです。会う人会う人、いろんなことを教えてくれます。

ちなみにこちらの写真の金属の輪がつらなったもの。雨どいの役目をものの見事に果たしています。名前はわからないけど、効果を目にしたのが初めてだったのでおもわずパチッ。


こちらは第75番・善通寺(ぜんつうじ)の五重塔。善通寺は市の名前にもなってます。弘法大師の生誕地ということからなのかわかりませんが、ものすごく立派な寺院です。


同じく善通寺内の風景。雨だからこそ美しさが引き立つ感じです。


こちら、第71番・弥谷寺(いやだにじ)に辿り着いた時は既に17時を過ぎていて、御朱印はいただけなかったんですが、ほぼ小雨になり、山がちなところにあるせいか霧が立ち込めていました。この建物は多宝塔。靄のおかげで幻想的な雰囲気に包まれています。


順序が全くバラバラですが、こちらが88箇所結願(けちがん)の寺院、第88番・大窪寺(おおくぼじ)。最終地の名にふさわしく、立派な仁王門が出迎えてくれます。写真は境内から少し横に入ったところにあった、何の建物かはわかりませんが、つつじがきれいだったもので。

88番からお遍路をスタートする「逆打ち」の人もいますが、1番から周った「順打ち」の人にとっては最終地であり、「結願証明書」(有料)の発行をお願いしている人を何人か見かけました。私たちは途中いくつも周ってないところがあるのでもちろん頼んでませんが、たとえ有料でもこれを成し遂げた証明が欲しくなるのはよくわかります。私たちはいつ証明書をいただくことができるのやら?


香川県【讃岐】涅槃(悟り)の道場(香川の寺院はこう呼ばれている)は23寺院中18寺院周りました。


長かったようであっという間だったお遍路さん。今回10日間あまりで60寺院周りました。たまに変わったお遍路さんに会ったこともあるけど、誰もが気持ちよく挨拶をしてくれ、時にはお線香を持ち合わせてない不届きものの私たちにお線香を分けてくれたり、「暑いでしょう~。」と納経所の人がゼリーをくれたり(接待と呼ばれるお遍路さんに対する施し)、親切な人にたくさん会いました。四国の道全てではないけど、歩道がドライバーからも見やすいように太い緑色の線が引かれていて、四国全体でお遍路さんを応援しているんだな、と感じました。

歩き遍路さんたちに比べたら大したことではないし、全てを周っていないので達成感はないですが、四国を旅した後は訪れる前と何かが変わっていました。(決して妙なスピリチュアルに目覚めたわけじゃないのでご心配なく。)それなりに大変でしたが、出来る限り周れてよかったです。



最後まで読んでくださってありがとうございます。
長々とお遍路さん記書いてきましたが、あと1回だけ一番気に入ったお寺を紹介させてください。
クリックしていただけると嬉しいです♪


2013-07-27

猛暑の中のディナー


いやいや、信じられないくらいの暑さが続いてます。
午前中にボーっとして家事などを済ませなかったらもう大変。午後はホントにシエスタしないとやってられません。昨日・今日は特に あ・つ・い。

仏語で"canicule"と言われるこの猛暑・酷暑。どうやら来週からは収まるとの予報。夏らしいと言えば夏らしくていいけど、これだけ暑いと頭も働かないし、何もできません。30℃いかないぐらいがちょうどいいけど、まあなかなか思いどおりにはいきませんね。


そんな中、昨日の金曜日の夜は夫の同僚とそのボーイフレンドとの4人で彼らの住む町のおススメレストランへ行ってきました。

今年の春にビーチの様子だけ見に行ったことがある、いつもは通り過ぎるのがメインのExcenevex(エクセンヴェと発音すると思われる)。レストランの予約は夜20時(こちらはこれが一般的な予約時間)で写真もちょうどその頃撮ったもの。まだ夕方みたいな感じに見えますね。


こちらのホテル・レストランはメインのビーチからは少しだけ離れていて落ち着いた感じ。私たちが食事をいただいたのも、写真に写っているテラス席でした。上の写真の風景を見ながらの食事はまさにリゾート気分。これが家から車で10分ほどで行けるところにあるというのはラッキーなことです。


このところあまり食欲がないので、メイン一品(これにサラダとフライドポテト付)のレマン湖名物"Filets de Perches"をチョイス。お店の人に聞いたところ、レマン湖で水揚げされた魚ではない、とのことでしたが、まだ食べたことがなかったので選びました。淡水魚のフライという見たままのお料理。レモン汁をたっぷりかけて食べる方がくどくなくていいと思います。

メインをいただくまではまだご覧のとおり明るかったのですが、21時半ごろからはだいぶ暗くなり始めて少し日が短くなってきたと感じます。

彼らと食事をすると聞いて、話せないから場の雰囲気だけは壊さないようにしなきゃな、と思ってたら、カナダのモントリオールで1年過ごしたことがあるとのことで多少英語ができたので直接話せてよかったです。って未だにこんなこと言ってちゃいけないけど。ちなみにモントリオールは仏語オンリーかと思いこんでたら、彼ら曰く「みんなバイリンガル!」だそう。

とても仲良さそうでスマートなお2人。来年に結婚するんだ、と嬉しそうに話してくれ、こちらまで幸せな気分になりました。ハッピーな人といると自分も楽しい気分になれていいものです。

Hotel Restaurant de la Plage
Chemin de l'hôtel de la plage
74140 Excenevex
Tel: +33(0)4 50 72 81 12

http://hoteldelaplage-excenevex.com/fr/ (仏語・英語)



最後まで読んでくださってありがとうございます。
食欲ないといいつつ、この後フランボワ―ズのデザートはいただきました(笑)。クリックしていただけると嬉しいです♪


2013-07-24

ジュネーブの午後


昨日、夫が私用で午後から勤務だったので、特に用事はなかったけど一緒にジュネーブに行ってきました。

ジュネーブに近づくにつれ段々雲行きが怪しくなり、傘を持っていかなかったことを後悔し始めてたけど、結果的には吉と出ました。私たちが到着した2時前から4時前までは曇りでほんの少しだけ猛暑が治まった感じだったので。でも4時過ぎから再び強烈な日差しが戻ってきちゃいましたが。

何をするか全く決めてなかったので、ぶらぶらと街を散策。1枚目の写真は旧市街にある本屋さんの脇。本棚にある本は図書館のように借りることができる本のようでした。まだまだ仏語本を読むなんてとんでもないけど、本の持つ質感が好きです。


旧市街のテラス席。日陰なら何とか生き延びられます。笑


以前にも暑い日に内部で涼むのに最適と勝手に決め付けたジュネーブの観光名所「サンピエール大聖堂」。入口付近を見上げると一部がこのようにブルーになってたことに初めて気が付きました。また新たな発見。


昨日も涼みに中に入ったんですが、そこでも後部を見上げるとこのような立派なパイプオルガンが。こちらも初めて見ました。涼むだけで細部を全く見てなかったという証拠です(苦笑)。


昨日の目的というかしたかったことはアイスクリームを食べること。かき氷を食べたいぐらいの暑さだったけど、それはないので甘ったるくないフレイバーをチョイスしました。屋台じゃなく、モ―ベンピックのお店に行ったんですが、コーンで2種類欲しかったけどそれに合うサイズのコーンが切れてたようで写真のように仕上げてくれました。それならカップだけでも良かったけど、せっかくなので自分でコーンの中に少しずつアイスを入れながらチビチビ食べました。プレイバーはイチゴ&フランボワ―ズとパンナコッタです。美味しかったけどやっぱりちょっと高いかな?


夕方に夫がミーティングを終えた後、まだまだ明るい最中なのでどこかに寄ろうか、と行ったのはレマン湖がローヌ川に変わる辺りにあるルソー島にある小さなカフェバー(と呼んでいいのかはわかりませんが)。


小さいけど一応中にも席はあります。


夫がここのアイスクリームが美味しいというので食べたばっかりだったけど、クレームブリュレ味を注文。確かに美味しい!そしてお値段もモ―ベンピックよりずっとお値打。次回からはここで買おっと。組み合わせは全く良くなかったけど、白ワインも単体として良かったです。


モンブランブリッジを下から見た風景。この橋にかかる旗はちょくちょく変わります。今掲げられているのはジュネーブの旗とどこのだろ?今は夏のジュネーブフェスティバル開催中なので遠くに観覧車も見えていました。


帰りはジュネーブの水上ボートバスでレマン湖を横切ってバス乗り場へ。大噴水 (Jet d'Eau)の近くを通ったので軽く水しぶきがかかったけど、それも気持ちがよかったです。ボートから見えたBain des Paquis(レマン湖沿いの遊泳施設兼レストラン)にはそれはもうたーくさんの人がいました。今が最盛期ですしね。湖水温度がどれくらいかはわからないけど、私も泳ぎたくなりました。うちの近くのビーチに行けばいいんでしょうがね。



最後まで読んでくださってありがとうございます。
またまた観光客っぽい写真ばかりになっちゃいました(笑)。クリックしていただけると嬉しいです♪


2013-07-20

コスモスと共にアぺロ


うちの門扉前のコスモスミックスが結構咲いてきました。
天気がいい日が続いてますが、昨日・おとといと夕方に降ったにわか雨が良い水やりなったのもかも。

買った種がコスモスミックスということでコスモスじゃない花もあるけど、こちらの青いのは葉っぱの感じからコスモスだと思いますが、少し変わり種?


こちらは白いバージョン。


こちらが一般的にイメージするコスモスの花ですよね。


濃い目のピンク、薄ピンク、白、青といろいろミックスされてます。


と、コスモスに関しては大喜びなんですが、間引きまでしたシソが昨日・おとといの夜間に何者かにやられてしまったようで、ものすごく悲しい・・・。幸い全滅はしてなかったので、とりあえず何者かの侵入を防ぐべく、夫が防御柵を作ってくれました。


鳥はなさそうだけど、一応カバーもしました。
さて明日の朝どうなっていることか・・・。


今日もいいお天気の1日。夫が柵を作っている間、大汗を掻きながら草取りをした以外は特にこれといった活動もせずのんびりの土曜日。昼過ぎにはテラスでロゼワインを簡単なおつまみとともにいただきました。いやはや贅沢です。


ロゼワインはコルシカ島産。
コルシカでもワインが製造されてるとは知りませんでした。
軽ーい夏向きなお味でササッと1本開けてしまった。笑


お題は「コスモスと共に・・・」となってますが、正確に言うと、「竹と共に」もしくは「竹林の横で」の方が正しいです。

「Akanaと共に」でしょ!


最後まで読んでくださってありがとうございます。
いつも私たちにひっつき虫なかなちゃんです(笑)。クリックしていただけると嬉しいです♪


2013-07-17

収穫後の簡単ランチ


 

今度はアジアンリゾートでバカンス中~♪

なんて気前のいいことはありないです(笑)。ずっと昔から欲しいと思っていた木製の風鈴(呼び方これで合ってます?)。むかーし、昔に行ったバリ島で見てから欲しかったこれをなぜか週末に行ったエヴィアンで買ってきました。12ユーロ也。かなり上乗せしてるんでしょうが、風が吹いた時の音色の心地よいこと!

今日は夕方から何と2週間ぶりの雨。さすがに毎日暑い日々が続いていたので、恵みの雨です。雷も伴っていて、何だかこちらもアジア風。雨が降った後はすーっと涼しくなりました。ありがたい、ありがたい。でもこのまま秋に突入したりはしないでねー!

人間よりも植物にとっては本当に恵みの雨だったことでしょう。朝のうちに鉢植えの植物や貴重なシソにはお水をあげてましたが、雨の方がまんべんなく水が行きわたって気持ちいいことだと思います。

さてさてその待望のシソですが、昨日・おとといと間引きしました。まだまだ小さいですが、香りは立派なシソです。その間引き菜もちゃんとランチでいただきました。名付けて「シソ丼」!


ご飯の上に海苔・鰹節・シソ、この日は残りの梅ペーストがあったのでそれとシソふりかけも。


次の日は最初の3品のみ。もちろんしょうゆも少し垂らして。

何ともぐーたらな猫まんま的なランチですが、こういうのって何だか本当に美味しい。どんなごちそうより好きだったりします。もちろんシソがのってるのが見た目にも(色的に)いいわけであるんですがね。

そういえば日本に一時帰国の際、湯のみは買って持ち帰ってきたんですが、ご飯茶碗って持ち合わせてなかったのに荷物の関係で買ってこれませんでした。お茶碗だけでもお気に入りがあったりすると食事もより美味しく感じませんか?


こちらは隠れ家レストラン(?)でランチをした時のご飯茶碗。てんとう虫がちょこんと付いてるのがかわいらしい。こんな変わり種のお茶碗欲しいものです。


もう1枚そのレストランより。
レストランのマスターが毎日このような生け花(この日は何とタケノコ!)をして飾られて、食事だけでなく目も楽しませてくれます。知ってる人は知ってる有名なレストランですが、今回は名前出しはナシで失礼します。



最後まで読んでくださってありがとうございます。
隠すことはないんですけど、私の中の隠れ家レストランでして。帰国の度に行っちゃいます。
クリックしていただけると嬉しいです♪


2013-07-14

パリ祭の7月14日


今日は7月14日。
フランス語で"Quatorze Juillet"とそのまま呼ばれる祝日。世界史の授業で習ったフランス革命の発端となったバスティーユ監獄襲撃の日であることと、建国記念日でもあることで国民の休日となった、とのこと。(Wikiより→) Wikiの説明で日本ではこの日を「パリ祭」と呼ぶとなってるけど、初めて知りました。

フランスに住んでいるとはいえ、夫はベルギー人。私もそれほど興味があるわけでもないので、朝からパレードのテレビ中継が行なわれていたみたいだけど、私たちは見ませんでした。


ここ最近の晴天がそろそろ終わりかもしれない、と感じてせっかくだから近場にドライブに行こうとまず立ち寄ったのがイヴォワール。夏のバカンスシーズンということもあってたくさんの人で溢れかえっていました。町中の広場ではステージが用意されていて、私たちが行った時間帯には何も行なわれてなかったけど、トリコロールで飾られていました。おそらく今日という日だからなんでしょうね。


そういえば夏の真っ盛りにイヴォワールを訪れるのは初めて。どこもびっくりするぐらいの花で飾られていて、目がチカチカするぐらい。その中でこの雑貨屋さんの窓辺は品のある涼しげな飾りで暑い最中でもホッとします。

その後はトノン、エヴィアンと移動したんですが、そちらは長くなりそうなので続きます。(引っ張ります 笑)

今日はパリはもちろん、あちこちで花火が打ち上げられますが、実は昨夜うちの町でもちょっとした花火大会がありまして。


あまり写りは良くないですが、レマン湖上に打ち上がるというシチュエーションがいい感じ?

夜の19時ごろから役場あたりでバーベキューのような食事が振舞われたり、お祭り的なイベントのシメとしての花火だったようです。私たちはその花火だけ見に行きました。歩いて5分ほどというのがありがたいです。

22:30スタート、ということだったけど少しフライング気味に5分前ぐらいに始まって、10分ほど何発か打ち上がったら小休止。かと思ったら、以上!でした(爆)。あれれ?これだけ?

まあ町の規模を考えたら、花火が上がるだけでも恩の字かな、と本当にひと時の夏の夜を楽しみました。道路封鎖してる箇所で番をしていた若いお兄ちゃんに文句付けてるおばさまもいたけどね。


花火を見てる子供たちの多くが手にしていた"Lampion"(提灯)。いろんな模様があってかわいかった。たぶん子供たちが持ってたから余計にかわいくみえたのかも。よく見ると中に本物のろうそくが入ってました。ちょっと危なっかしいのに加え、子供たちはたいていぐるぐる回してたし。でもまあこれも夏の夜ならでは風情、ということかな?



最後まで読んでくださってありがとうございます。
驚きの短時間花火だったけど、何だかいい気分でした。クリックしていただけると嬉しいです♪


2013-07-11

晴天続きのフランス


珍しく続いている晴天。夏。最高気温30℃前後。写真からそんな暑さが伝わるでしょうか?


日差しが痛いくらい眩しい!


日本も猛暑のようで。母親は「今年は今までで一番暑いよ!」と。あれ?去年も言ってたよね、それ。
わからなくもないですけどね、そう言いたくなる気持ちも。先月の日本滞在時でも最高気温35℃というのを経験しましたけど、気温にプラス湿度の攻撃が加わりますからね。こちらは日差しはキツいけど、日陰に入れば涼しいというのが救いです。ただ乾燥してるので肌も乾燥しちゃいますが・・・。

暑いとはいえ、ベタつく暑さじゃないし、もっと南にある国ほどは暑くないだろうし、朝は何とか涼しい。いいこと探ししてたらこの環境は悪くないんだ、と気付けました(笑)。

今日現在の週間天気予報を見ると、来週の火曜日ごろまではこの晴天が続く模様。ただ怖いのは、その後また急激に寒くなって、この夏はこの10日間だけだったよ、となってしまうんじゃないか、ということ。ここならあり得る話。

イヤイヤ。そういう悲観的な予測はしないで、ポジティブに参りましょう!Think Positive!


ポジティブといえば、先日庭の一角に撒いたシソの種から芽が出てきました!(こちらのお話→


まだまだ初期段階ですが、もうすぐ間引きの時期かな?
間引きした芽でもシソの香りするんだろうか?楽しみ!


そしてこちらのコスモスも種から撒いてようやく花が咲きました。(種はこちらで買ったものです。)
種まきしたのは5月の中頃だったかな。白いコスモスの種を撒いたところは土の質が悪いところであまり生育状況はよくないけど、つぼみがちらほら見えてきました。種から育てると愛着が湧くもので、コスモスの周りに生えていた大量の雑草取りもなんのその!(結構大変でしたけどね。)栄養のない土でも育ってくれてありがとう!

もう一箇所、コスモスミックス(他の花も混じったもの)の種を撒いていて、そちらも順調に生育中。そちらはもうちょっと見栄えがよくなったら写真を撮りたいと思ってます。



最後まで読んでくださってありがとうございます。
少しずつ庭が自分たちのものになってきた感じで何だか嬉しい。クリックしていただけると嬉しいです♪


UA-68325954-1