2013-05-23

異常低温なこの頃


今何月でしたっけ? とダブルチェックしたくなるこの頃。

ここ数日ブログ更新してなかったのは体調を崩していたわけではなく、どうにもグレーでさむーい毎日で写真を撮る気にもなれず、お話するような話題もなく。まあなんと言っても、

ゆ・う・う・つ

だったに他ありません。

(夫が庭のお花を飾ってくれたけど、よく見たら黒い物体がひとつ・・・)


特に夜になると冷え込んできて、暖房つけたいくらい。(つけたいけど、ガマンの子!)
今風邪ひいちゃまずいので、着込んでます。ユニクロフリースまだ着てます(笑)。去年のブログ記事見返してたら、もっといいお天気で暖かかった模様。夏服いつになったらご活躍するんでしょ?

先日の怪我が早く回復するようになるべくバンドエイドをしないようにしているんですが、服がそこに当たるとまだ痛いので、レギンスを膝上まで上げて履くしかなく・・・。でもね、それするとすっごく寒い。それでもできるだけ早くこの醜い状態から抜け出したいのでここでもガマンの子、してます。
つらいよ~。



最後まで読んでくださってありがとうございます。
どうも週末にかけてもっと冷え込むようですよ。それでも服装は変えられない(涙)。クリックしていただけると嬉しいです♪


2013-05-19

ネルニエでのブロカント&アート


昨日は前日の怪我で足を引きずらないと歩けない状態だったので、最低限の行ないに留めて安静にしてました。まだお見苦しい状態で完治するにはどれくらいかかるか不明ですが、今日はゆっくりなら普通に歩けるようになったので、隣町まで散歩兼、ブロカント(アンティーク)巡り兼、アート作品鑑賞へ出かけました。


        

いつもとても静かな村ネルニエ(上右写真)が今日は人で溢れかえってました(上左写真)。
まあ小さな村なので、余計に多くの人がいると感じるのもあるでしょうが、ネルニエに向かう道もいつもの交通量の3倍ぐらいはありました。

特に買いたいものがあったわけでもなく冷やかし程度なので、近くで写真は撮らなかったのでわかりづらいかもしれませんが、イメージはこんな↓感じでした。





いつも閉まってるカフェやバーも全部開いてました。


アート作品の展示は、絵画・彫刻・写真など少しずつ1箇所での展示。写真撮影は禁止はされてなかったと思いますが、何となく遠慮しました。夫が写真好きなので、どんな感じかと展示会場の偵察のような感じで行ったんですが、写真作品はともかく、会場はまずまずな雰囲気。ちなみに展示は明日まで行なわれています。(そう明日は祝日なんです。)



帰り道に見かけたクレマチス。


滅多にない隣村のイベントなので出かけてみましたが、犬連れではちょっと歩きにくかったです。犬連れも多かったけど。それでも歩けるようになったことが何よりもホッとしました。


最後まで読んでくださってありがとうございます。
今日は変わりやすい天気だったから屋台出してた人たちは大変だったかも。明日は晴れるかな?クリックしていただけると嬉しいです♪


2013-05-17

サイクリングに出かけた、けど


今日の午後、太陽が顔を出したんです!まるでミラクルでも起きたかのような気分。(大げさ!)
これはこの先しばらくお天道様にお目にかかることはないかも、と思って久しぶりに「自転車」をガレージから出しました。目指すはジュネーブ!が今のところの最終目的地ではあるんですが、ならし運転として、まずは国境の町「エルマンス」"Hermance"へ。また藤に囲まれた建物をいくつか見つけました。

今まで自転車ではジュネーブと反対方向にしか行ったことがなかったけど、ジュネーブ方向へはいつも車で行ってるので、道はわかってる。でも車でさーっと過ぎ去って見過ごしてた風景がいろいろあるな、と行きはいい感じでした。

そしてこれもわかっていたことで、国境の少し手前から長い、ながーい下り坂がありまして。もちろん行きは自転車をこぐ必要もなくラクラク。でも帰りはこの距離は登れないな、と歩道のある部分は自転車をひきながら歩きだな、と決めてました。

雲を撮ろうとシャッターを押したんですが、
手前の樹木が何だか不気味な感じ?

Hermanceに着くと、既に雲が空の大半を占めるようになってきたのでその先に行くのは止めてしばし村の散策。ただ、帰りの長い、ながーい登り坂を懸念してたのもあって長居する気分にはなれず。でもこれまで辿ったことのない道に入ってみようと思い、車通りの多い道を横切る手前でなぜか自転車から降りようとした瞬間。およよ~~~!

ハンドルとサドルの間のバーが少しママチャリより高めな私の自転車。右足がそこにひっかかって、左側に思いっ切りコケてしまいました・・・。その時左ひざが地面に激突。でも転んだ瞬間はその事実が恥ずかしくて、立ちあがることに必死。幸い人は周りにはいなく、何台かの車が前を過ぎ去って行っただけでした。

とりあえず道を渡って、ひざの状態を確認すると、左ひざに打撲と皮がめくれた部分の出血。足元まで流血するほどの出血ではなかったけど、少し深めの傷になってました。そして痛いし。

もう村散策の意欲はなくなり、帰ることに。でもあの長い、ながーい登り坂が待ってるんだ、と暗い気分。でもバンドエイドも持ち合わせてなかったので、ひどいことになる前に傷の治療をしなきゃ、と思い直して痛い左足ではあったけど、自転車をこぎ出しました。

小さい村なのですぐ国境になるんですが、そのすぐ手前で後ろから急にどなり声が。びっくりして振り返ると、じーさんサイクリストが明らかに私に向かって何か言ってるけど、何かはわからず。時々独り言の声が大きい人がいるから、この人もそうかも、と思うことに。でも何だか少し怖かったので、横道にそれて先に行ってもらって時間稼ぎをしてから再度国境越え。

国境を越えてからは歩道にのぼって少し足をひきずりながら歩いていました。

しばらく歩いてると、先に行ったと思ったじーさんサイクリストがなぜか後ろからやってきてまた大声で私に向かって叫び出したんです。今度は少し聞きとれて、「変速ギアついてないんか!」と言ったかと(思われる)。

別にね、普段なら完全無視できるんです、こんな変な人。でも転んでしまった後だったので、悲しくなるやら、むかつくやら。

「歩こうが、自転車こごうが、私の勝手でしょ!」と後からぼやきました。「変速ギアもついてるわ!」


そのすぐ後、いつも目にしていたこちらの↑何というものかはわかりませんが、私にとってはお地蔵さん的な存在なので、「無事に家にたどり着けますように。」とお祈りして帰ってきました。

祈りがかなって無事に家に到着。左ひざは腫れ上がってましたが、出血はそれほどなくてまだよかったです。これからサイクリングに出かける時はバンドエイドを忘れずに持っていかなきゃ!その前にヘルメット買った方がいいかも?


最後まで読んでくださってありがとうございます。
こんな時の階段の上り下りはかなりキツイ・・・。しばらく膝は人様にお見せできません(涙)クリックしていただけると嬉しいです♪


2013-05-14

多感なお年頃


今日のレマン湖。


昨日の、、、山?草原?


写真を見てのとおり、昨日・今日はとてもいい天気でした。特に今日の昼過ぎからは日なたはかなり暑いくらい。でもお昼に家の影になる場所でひとり外ランチをしていたら、寒くなってくる。カラッとした気候なので夏でもそんなことが多くあります。なので足だけ日に当たるように少しずつ椅子を移動したりなんかして。


去年の秋に今の家に引っ越してきたので、どんな植物が生息しているのか発見の日々ですが、今は白い花が2種類咲き始めました。


こちらはスピレア(Spiraea)という花というより枝垂れ系の低木。
日本でよく見かけるユキヤナギに似ています。


こちらはヴィビュルナム(Viburnum)という、こちらも低木。
ヴィビュルナムは多種あるようで、詳しい名前はわからないのですが、
この白いボンボンのようなかわいい花が特徴的。
ただ近づいてよく見ると小さな虫が無数にくっくいてるので、
遠目に見る方が幸せな気分になれます(笑)。


最近サル顔なかなちゃん・・・


かなちゃんといえば、先週お隣さんが留守にしていたので、隣の犬の世話(夜にガレージに入れる・朝ガレージを開ける・エサ&水やり)をするために、私たち隣の庭から出入りをしてたんです。低いフェンスがあるだけだし、その方が近いのでそうしてたんですが、私たちを見つけるたびにかなちゃん大吠え。

最初のうちは吠える、そしてその低いフェンスに乗りかかって様子を伺うだけだったんですが、そのうち吠える→フェンスに乗りかかる→何とも言えない悲しい叫び声、といった感じに。

最初は「やきもち」程度だったんでしょうが、だんだん自分が見捨てられたとでも感じてたのかも?たったの数分間のことだけど、彼女にとっては辛かったんでしょうね。もちろん隣から帰ってきたら、「かなちゃんだけだよ~」と言い聞かせていたのですぐに落ち着いてくれましたが。

犬は繊細な動物です。


最後まで読んでくださってありがとうございます。
かなちゃん、隣の犬には複雑な感情を持ってるようなので余計だったのかも? クリックしていただけると嬉しいです♪


2013-05-12

マロニエの季節


今日は雨の予報で、昼過ぎまでは曇り時々雨だったのが、夕方前に突然晴天に。それまでは肌寒くて長袖にカーディガンを羽織っていたのが、外に出て歩き出すと、シャツ1枚で十分なくらい。1日の中でも気温差が激しいこのあたり。(だから調子崩しやすいんだわ!)

散歩し始めてすぐにたくさんの白い花をつけた木があったので、夫に聞くと、「マロニエだよ。」と。
日本語ではセイヨウトチノキというそうですが、フランス語のマロニエの方が一般的かも。名前は知ってたけど、これがマロニエと認識したのは初めてです。(パリでは街路樹として一般的みたいですね。)


思いっ切り逆光で写りが悪いですが、少しアップの写真はこんな感じ。


さて昨夜のディナーは、私がブログを書いてる間に、夫が作ってくれてました。(何を作るかは2人で話しあって決めてたんですよー!)


タイカレーペーストの残りがあったので、それとココナツミルクはなかったので、普通のクリームを混ぜた少しまろやかなタイカレー。私はココナツミルクをカレーに入れるのは好きじゃないので、この方が断然美味しかったです。夫は何かが足りない、、、と言ってましたが。

昨日の夜もカレーを食べるほど暑い夜ではなかったんですが、そろそろ「暑いからカレー食べたいね。」と言える季節になりましょうよ、おふらんすさん!笑



最後まで読んでくださってありがとうございます。
マロニエが咲いたと言ってもまだ5月だから、早々暑くはならないわね~。 クリックしていただけると嬉しいです♪


2013-05-11

イヴォワール散策と藤の花


2日ばかり調子を崩してました。

最初は花粉症の症状のように、くしゃみ・鼻水が止まらず。そうしたら段々と頭がボーっとしてきて、頭痛へと発展。その後はくしゃみのしすぎで体全体の倦怠感&頭痛の名残。風邪だったのか、花粉症の症状が激しくでたのか?木曜日が祝日でついでに、と金曜日も休みをとってくれた夫には申し訳なかったけど、2日とも家で静養させてもらってました。特にどこかに行く予定にしてたわけじゃないのでまだ良かったけど。


ようやく調子が戻った今日の午後、私は自転車で夫は歩きで愛犬かなちゃんを連れ、イヴォワールまでロングウォークしてきました。

何も知らずに行ったら、今日と明日はカーニバルの日だったようで。(去年の様子はこちらです→)行った時間帯がすでに終了時間という感じだったので、ほんの少しのカーニバル風景しか見られませんでしたが、華やかな感じは変わらずです。お近くの方で明日予定のない方、イヴォワールにお出かけされてはいかがでしょうか?

 雑貨屋さんで見つけた人形。かわいい~!


イヴォワールでは犬を連れて歩いてる人をたくさん見かけましたが、その中でなんとシバ犬に遭遇。もちろん相手もこちらに気付き、しばしのおしゃべり。(もちろん夫が、です。)うちのかなちゃんとは違って、とてもおとなしいパリ出身、6歳の雌のシバ犬。パリにもシバ犬がいるんだ~、パリの風景に溶け込んでるんだ~、というちょっとうらやましい気持ちになっちゃったりして。


えっ、あたしレマン湖沿いに住んでるけど。
パリじゃないけど、ダメかしら??


そういえば、今はあちこちで藤の花がきれいに咲いていて、しかも結構見事な咲きっぷり。こちらはイヴォワールのあるお宅の前で見かけた藤の花。

でも、でも、やっぱり私のお気に入りは・・・


うちの町の中心にあるこちらのお宅の藤の花。少し前にも違う角度でアップしましたが、現時点ではさらに壮観な眺めになってます。もうしばらくこの藤の花、楽しませてね~。



最後まで読んでくださってありがとうございます。
どうやったらこんな見事な藤の花が咲くんでしょうね?いや~美しい!クリックしていただけると嬉しいです♪


2013-05-08

ブラウンな食事


ジュネーブの花屋の店先で見かけた白いアジサイ。
ジュネーブの水場の周りにはピンクや青のアジサイが植えられていて、それはそれで綺麗だけど、一番のお気に入りは白いアジサイ。いつか庭にも植えてみたいです。


写真をチェックしていたら、ジュネーブに行った日は珍しくその日の3食分の写真を撮ってました。今回は全くもってどーでもいい私の写真食事日記です。(誰も興味を持たなさそうな内容ですな~ 苦笑)


朝ごはんはジュネーブの朝の定番になりつつある、"Le Pain Quotidien"でPlanches de painの中の5種シリアルパンをチョイス。この"Planches de pain"は文字どおり訳すと「ボード(お皿の役割)にのったパン」ですが、要はスライスパン。白パン、クルミパン、ライ麦パン、5種シリアルパン、パゲットなどから選べます。下の写真の左が5種シリアル、右がライ麦パンです。

4切れやってきますが、これがかなりのボリュームで!残すのは好きじゃないので食べきりましたが、しばらく胃が苦しかったです。美味しかったんですが、私はシンプルなライ麦の方が好きです。



いろんなオリジナルジャムがあって、それも美味。前回あったオリジナルチョコスプレッドがこの日はなかったのが残念でした。


お昼からはお友達と合流。
この日はベトナム料理店にいき、麺モードに入り切っていたので、チキンフライドヌードルを注文。(つまりは焼きそばです。)


味は見たままのイメージにコリアンダーなどのベトナムなスパイスが効いていて、とってもいい味でした。ジュネーブにしてはお手頃な価格設定。今度はフォーを試してみたい!


その後はカフェへ。友人は数多くのカフェを知っているので、いつも新しいカフェを紹介してくれる。今回もこれからの季節大いに楽しめそうな素敵なカフェに案内してもらって大満足!いつもいつも感謝です。


その日の夕食メニューはパスタにでもしようかな、と思ってたら、夫が職場近くにある日本食材店でいなりを買ってきてました!

これには伏線があって、前日にNHK Worldの和食レシピ番組でいなり寿司を紹介してたので、どうにも食べたくなったみたいで(笑)。食材店に売っているのは、既に味付けがしてある稲荷なので、寿司飯を用意すればいいだけ。これにみそ汁という簡単な夕飯となりました。


ざっと眺めるとどれも茶色。(野菜がない、とか味が濃そうとかいう声も聞こえてくるような・・・)
カフェでもカフェオレいただいたので、見事なブラウンな日となりました。



最後まで読んでくださってありがとうございます。
やっぱり不健康な食事に見えます?でもどれも美味しかったので満足してます。クリックしていただけると嬉しいです♪


2013-05-07

朝のバスチョン公園


朝の特等席で新聞を読む。とても優雅な時間の使い方。

今朝は晴れ渡っていたものの、私は少し冷える感覚を覚えました。でも朝日を背に気持ちよく過ごされたことでしょう。

自転車を手に入れたものの、うちからジュネーブ中心部に行くには約20km。週末に長距離走行(16km)した疲れが(特に気分的に)残っていて、今日はいつものように夫と朝早くからバスに揺られて行きました。早朝(7時前)から出かけるのは眠いけど、時間がたっぷり使え、朝の町を楽しむことができるのがいいところ。

今日は特に昨夜の雨露が残っていたせいか、少しもやっていたり、花露が日に当たって輝いて見えました。



今回の写真は全てジュネーブ中心にあるバスチョン公園で撮ったもの。公園入口には野外チェスがあり、昼間は主に男性が楽しんでますが、朝は整然と並んでるんですね。初めて見ました。

(モノクロにしてみました)



チューリップはそろそろ終わりな感じ。
ここは華やかな一角です。


最後まで読んでくださってありがとうございます。
昼のことを考えて薄着にしたら朝はかなり寒かった!でも晴れてると気分がいい♪
クリックしていただけると嬉しいです♪


2013-05-05

自転車デビュー


昨日、こちらに来てから(ようやく)マイ自転車購入しました。(1枚目の写真は私の自転車ではありません。イメージ写真です。あっ、でも色も形も違うけど、、)

自転車を買おうとスポーツショップに行ったわけではなかったけど、数件のスポーツショップに入った後、ある店で価格・質ともにこれなら、と思える自転車に偶然巡り会えたので即決購入に至りました。

ただ買ったはいいけど、車に載せられない・・・。購入前から予感はあったけど、やっぱり、やっぱりそうよね。

店からそのまま乗って家に帰る!

その店に行く途中、自動車専用道路(のように見える道)があるので、そこを避ける(=大周り!)道がわかりにくいので、夫がポイント、ポイントで停まってその先の道のりを説明してくれましたが、自転車こぐのはあくまでも、わ・た・し。決して文句を言ってるわけじゃないです。それどころか特に店からすぐの町はレマン湖沿いの古めかしい雰囲気のいいところで、写真撮りたかった~。(カメラの入ったカバンは預かってもらったので持ち合わせてなく・・)

というわけで、これからの写真はサイクリング中に撮ったものではないですが、またまたイメージ写真としてお楽しみください。

町と町の間には、


ライラックが連なってるところや


数多くの菜の花畑や


もちろんほぼレマン湖沿いだったので、レマン湖を横目に気持ちよく走ってきました。

と、最初はね、急に晴れ渡ってきたこともあって気持ちよかったんですが、自転車って歩きより「坂」を感じませんか?ゆるやかな坂道も長く続くとこれがかなりキツい。ギアチェンジは結構あるけど、それも坂の終わりの見通しがつかないようなところではひたすらこぎまくらなきゃならないので、お尻から太ももにかけて普段使ってない筋肉を妙に感じたり。

Google mapで距離を確認したら、店から家まで16kmでした。いや~よくがんばったよ私!家に着いたら足がしばらくガクガク。夜も土曜日はいつもより夜更かしなのに、早く眠気がやってきました。何だか健康的にも聞こえなくもない?

途中、本格的なサイクリスト達に何度も追い越され、車道を走るので追い越す車が妙に近いと倒れそうな感覚を覚えながらも、元々自転車好きの私。これまでよりは行動範囲が広がりそうです。



最後まで読んでくださってありがとうございます。
ル・ド・フランスのお国でようやく自転車デビュー。と言ってもママチャリが少しスポーティブになっただけの自転車ですが。クリックしていただけると嬉しいです♪


UA-68325954-1