2013-11-08

秋と冬の狭間のジュネーブで


今週は何かとバタバタしてたらあっという間に金曜日になってました。暇にしているよりはいいですけどね。

写真は水曜日に行ったジュネーブのバスチョン公園の朝の一コマ。あと少しで全ての葉が落ちてしまう直前といった感じの並木道。間に合ってよかったです。


少し角度を変えて撮ってみました。この日午前中は不安定なお天気で雨が降ったり止んだりでしたが、この時はちょうど止んでいてほんの少し光もさしていた時間帯でよかったです。


街中は少しずつクリスマスデコレーションが見られるようになりました。こちらはスキンケアやコスメ商品のお店のボディーショップのウィンドー。ジンジャーはクリスマス時期のビスケットのイメージが強いけど、ジンジャーをコスメとしてどうやって使用するんだろ?まだ開店時間前だったので未確認のままです。


花屋さんの店先はまだそれほどクリスマスの雰囲気はなかったです。ほおずきがたくさん並んで秋色のシックなキャンドル飾りがステキでした。


この日は昼過ぎからお友達とお茶をすることと、夜に日本人ドクターの講演会に行くことが目的で出かけたのですが、家を出たのは朝の7時前。講演会は夜の8時スタート。長丁場です。

朝ごはんのカフェから始まり、お茶、ランチ、お茶、そしてまたお茶、最後に軽い夕飯、と全て外食という珍しい1日。それにしてもお茶の飲みすぎ!笑 


夜の講演会は町の中心にあるタウンハウスの一角で行なわれました。小さなホールのようなところに行くものとばかり思っていたので、少し驚きましたが、落ち着いた雰囲気でよかったです。

講演はドクターがとても話し上手で眠くなることもなく、むしろ興味深い内容で面白かったです。終了したのは9時過ぎで家に着いたのは11時近かったですが、たまにはこんな日もいいもの。前日のピラティス体験レッスンによる筋肉痛がひどくて体は疲れていたものの、とても充実した1日でした。



最後まで読んでくださってありがとうございます。
この日は日本語たくさん話せたな~。たまにはこんな日があってもいいよね。
クリックしていただけると嬉しいです♪

0 件のコメント:

コメントを投稿


UA-68325954-1