2013-09-29

パリ街歩き・食・買い物、そしてまとめ


9月も終わろうとしているので、そろそろパリ話を閉めたいと思います。最終回は街角のなにげない風景やほぼ参考にならない食や買い物のお話。

最初の写真は地下鉄バスティーユ駅のすぐそばにある一角。セミプライベートな空間だそう。奥に見える門が開いている時はおそらく誰でも入れて、閉まっている時は住人などの鍵を持っている人のみが入れる区域。朝、地下鉄に乗る前に通ったら門が開いていたので、少し入って見ました。オフィスなどもある感じで多少人も見かけましたが、表側の喧騒からは想像できないくらいの静かな空間でした。都会のオアシス的な場所なんでしょうかね。


こちらは完全にプライベートな中庭かと思われます。住人の方がいつもきちんと綺麗にされているのを感じるかわいらしい空間です。


ここは・・・マレ地区だったかな?学校のような教会のような一角にミニサイズの自由の女神像が立ってました。そういえばこの銅像はフランスからアメリカに寄贈されたものですよね。セーヌ川沿いやリュクサンブール公園にあるのが有名みたいですが、別のを発見しちゃいました。(ってその有名(?)な2つは見てないということで・・・笑)


こちらはそのリュクサンブール公園の一角。このグリーンの椅子はあちこちの公園で見かけたので、パリの公園で統一された椅子なんでしょうね。色合いや形が気に入って、気付いたらこの椅子を被写体にして何枚も写真撮ってました。


さて今回は初めてのパリということもあり、一番わかりやすいメトロで街めぐりをしました。この写真はそのメトロ駅のひとつ。日本語表記があったので思わず撮りました。日本人もたくさん見かけましたが、今はやっぱりそのお隣に表記されてる中国人の方が多い印象でした。


パリにはもちろんバスもあるし、郊外ではトラムも見かけました。そしてよく見かけたのがこのレンタル自転車。レンタサイクルがあるとは知らなかったし、仕組みも分からなかったので借りなかったけど、こちらを見ると→(Paris Vélib’: 仏・英・西語)、かなりお得感のあるレンタサイクルじゃないですか!まあまだパリ初心者の私には道もよくわかってないのできびしいでしょうが、土地勘がもう少しできたら、そしてもし住んだりしたら結構使えそう。


今回の旅の食事面ですが、初日の夜のディナークルーズ以外に夜は2晩あったんですが、夕飯を食べたい時間にどこにいるかはっきりしないだろう、ということでレストランはその時間帯の近くにあるところに適当に入ろう、ということにしました。確かにパリには数多くのレストランがあるけれど、何か目星をつけておかないとダメだなと強ーく感じました。まあつまり2晩ともあまりいいレストランは見つけられなかったということです。涙

それに対してさらに適当に入ったランチのお店はどれもよかったです。上の写真はご覧のとおりのインド料理。モンマルトルの辺りで適当に入ったのですが、10ユーロちょっとでボリュームもあり美味しかったです。お店情報は・・・覚えてなくて失礼します。


もう1軒はこちらのパンテオンの近くにある点心料理のお店。(ちなみにパンテオンは理由は忘れましたが時間帯が悪かったのか中に入れませんでした。泣)


外観しか写真は撮らなかったのですが、点心料理を中心とした中華レストラン。ランチはビュッフェスタイルでおかずの種類も多く、味も抜群。お店の人はみんな中国系の人で失礼ながら意外にも笑顔で親切でテキパキとサービスをしていて感じのいい人たちでした。ランチビュッフェのお値段は看板のとおり10.90ユーロ!うちの辺りよりずーっとお得感のある大満足のランチでした。

La Maison du Dim Sum
4 Rue des Fosses Saint Jacques 75005 Paris
Tel: +33(0)1 55 42 03 44 (Sun. close)

デパート「プランタン」の外観。
外観はラファイエットよりこちらの方が豪華かな。
ラファイエットは中がすごいから。


最後にショッピングですが・・・

結論をいうと、何も買えませんでした!(泣) お店も多少はチェックして行ったんですが、疲れてたどり着けなかった or 時間がなかった or 見つけられなかった、などなどの理由で。何か初パリ記念に買いたかったんですけどね~。でもパリに行けたことが何よりもの思い出となったのでそれが一番の収穫です。ようやくテレビで見てもわかる場所がいくつかできたことだし。

そういえば、最近パリは治安が悪いという話をあちこちで聞いたり見かけたりしてましたが、今回の旅では危険だったり怖い思いをすることはありませんでした。夫と一緒だったこともよかったのかもしれません。(あ、決して彼がイカツイから、というわけではないですよー 笑)

特に地下鉄が危ないと聞いていたので、地下鉄に乗る際にはメトロの階段を降りる時からかなり警戒して、カバンはいつもギュッと抱きしめてました。(その緊張感から腰痛になったのかな?) たまたま運がよかっただけかもしれませんが、怪しそうな人も見かけず。最後に不審物を発見したとかなんとかで、目的地までメトロが走らないというトラブルには見まわれましたが。(しかもそれは帰りの空港に向かう時!)

同じフランスに住んでてもなかなか行ける場所ではありませんが、どの季節でも楽しめる花の都パリ。次回はまた別の季節に行って違う表情を見つけたいと思います。

ナイトライフを楽しむならな「Buddha Bar」。
ふさわしいお洋服じゃなかったので、もちろん外からだけ。笑
今さらな私の初パリ旅行記におつきあいくださいましてありがとうございました!クリックしていただけると嬉しいです♪

0 件のコメント:

コメントを投稿


UA-68325954-1