2013-05-14

多感なお年頃


今日のレマン湖。


昨日の、、、山?草原?


写真を見てのとおり、昨日・今日はとてもいい天気でした。特に今日の昼過ぎからは日なたはかなり暑いくらい。でもお昼に家の影になる場所でひとり外ランチをしていたら、寒くなってくる。カラッとした気候なので夏でもそんなことが多くあります。なので足だけ日に当たるように少しずつ椅子を移動したりなんかして。


去年の秋に今の家に引っ越してきたので、どんな植物が生息しているのか発見の日々ですが、今は白い花が2種類咲き始めました。


こちらはスピレア(Spiraea)という花というより枝垂れ系の低木。
日本でよく見かけるユキヤナギに似ています。


こちらはヴィビュルナム(Viburnum)という、こちらも低木。
ヴィビュルナムは多種あるようで、詳しい名前はわからないのですが、
この白いボンボンのようなかわいい花が特徴的。
ただ近づいてよく見ると小さな虫が無数にくっくいてるので、
遠目に見る方が幸せな気分になれます(笑)。


最近サル顔なかなちゃん・・・


かなちゃんといえば、先週お隣さんが留守にしていたので、隣の犬の世話(夜にガレージに入れる・朝ガレージを開ける・エサ&水やり)をするために、私たち隣の庭から出入りをしてたんです。低いフェンスがあるだけだし、その方が近いのでそうしてたんですが、私たちを見つけるたびにかなちゃん大吠え。

最初のうちは吠える、そしてその低いフェンスに乗りかかって様子を伺うだけだったんですが、そのうち吠える→フェンスに乗りかかる→何とも言えない悲しい叫び声、といった感じに。

最初は「やきもち」程度だったんでしょうが、だんだん自分が見捨てられたとでも感じてたのかも?たったの数分間のことだけど、彼女にとっては辛かったんでしょうね。もちろん隣から帰ってきたら、「かなちゃんだけだよ~」と言い聞かせていたのですぐに落ち着いてくれましたが。

犬は繊細な動物です。


最後まで読んでくださってありがとうございます。
かなちゃん、隣の犬には複雑な感情を持ってるようなので余計だったのかも? クリックしていただけると嬉しいです♪

0 件のコメント:

コメントを投稿


UA-68325954-1