2013-04-09

ピアス、その後


散歩中に見かけた夏のイメージのドア。
夏よ来い!とは言わないので、本格的な春よ来い!笑


昨年末に衝動的に開けたピアス。
ファーストピアスを終了し、セカンドピアス(このように呼ばれているのかはちょっと不明ですが?)も調子よく行っていたんですが、ある日急に両耳とも痛痒くなってきて、数日取り外し。

その後痛い・痒いも収まってきたので、再装着しようとすると、右側は出血。でも装着はOK。
左側は出血するわ、貫通しないわ、で余計に痛くなってくるし、ということでしばらく断念。

元々左側は最初から違和感があったんです。
ファーストピアスの時は、毎朝消毒して、ピアスもクルクル回して、ホールが安定するように気遣っていたんですが、セカンドの通常ピアスにしてから、消毒は元より、「クルクル」をしてなかった。これがどうもいけなかったようです。

人によってホールが落ち着く時間は様々でしょうが、まだ初期のころは「クルクル」を怠ってはダメですね。

今はすっかり落ち着いて、痛みも痒みもなし。
「クルクル」も日に何度もしてます。週に1回は外して消毒もするようにしてます。これも個人差があると思うので、これが誰にでもいい対策かどうかはわかりませんが、半年ぐらいはこんな感じで行こうかと思います。

今までピアスをしてなかったので、ほとんど知識のない私。
問題が起こってから、あれこれネットで調べました。ネットってほんとに便利ですよね。

で、どうでもいい豆知識を仕入れまして。

耳の後ろ側にくる留め具部分、なんていうかみなさんご存知ですか?

長年ピアスをご愛用の方は無くしやすいということもあって、ご存知かと思いますが、これ「キャッチ」って言うんですね。(英語でもそう呼ばれてるかはわかりません。)

それにしても、アマゾンって何でも売ってるよね〜。

そういえば、義理のお母さんがこの「キャッチ」のことを、「パピヨン"papillon"」って呼んでました。

Papillon、英語で"Butterfly"。蝶々(ちょうちょう)のことですね。言われてみればそんな形に見えなくもない。これがフランスにおける「キャッチ」の正式名称かどうかはわかりかねまする。


一時はホールが塞がってしまったか、と不安になってましたが大丈夫でした。個人的なピアス、その後のお手入れの覚書きでした。



最後まで読んでくださってありがとうございます。
「クルクル」じゃなくて、クリックしていただけると嬉しいです♪

6 件のコメント:

  1. こんにちは!アンです。
    ピアス、完全に慣れるまではなかなかいろいろありますね。
    私は開けてもう20年以上ですが、最初の頃はやっぱりジクジクしたりもありました。
    今でもたまにシルバーをつけたりすると痒くなったりします。シルバーは指輪などは大丈夫だけどピアスはゴールド以外はダメみたい・・。
    今は24時間つけっぱなし、キャッチのないものを愛用中です〜。

    返信削除
    返信
    1. アンさん、こんにちは。
      やっぱりホールの状態が落ち着くのは、個人差があるとはいえ、ある程度時間がかかりますよね。体質でどんな素材でもいい人、ゴールドじゃないとダメとかいろいろあるし。
      私は結構皮膚は強い方で、アロマオイルに直接触れても問題ないんですが、ピアスホールは言ってみれば体の内側ですからね。肌の強さとは別物ですわね(笑)。
      気長にお手入れしていろんなピアスを楽しみたいと思います。

      削除
  2. おはようございます!

    ピアス、経過が上手くいって良かったですね。
    恥ずかしながら 私は還暦の歳に記念に開けました(笑)
    消毒、くるくる神経質なくらいしました。

    今は金は大丈夫ですが ホワイトゴールドと銀は
    一日中付けていると 痒くて時々爛れるので
    注意しています。

    返信削除
    返信
    1. 加代子さん、こんにちは!

      一時は左側がしばらくつけることができなくて、塞がってしまったのかと不安になってましたが、今は痛むこともなく無事につけています。
      材質は個人の体質によると思いますが、こればかりはいろいろ試してみないとわからないですよね。シルバーはまだ不安感が強くて試してませんが、もう少し落ち着いてきたらいろいろ試してみたいです。

      削除
  3. 以前にコメントさせていただいたと思うのですが、何の名前だったのか忘れてしまった・・・涙
    ブログを作ってみたので、それを入れてみます
    キャッチはpoussoirsというと思いますが、papillonsかわいいですね!
    私は日本の大学の入ってから、両耳の普通の場所に2個ずつ、計4個あけていて、
    顔の側にdormeuses/crochets/créolesタイプのピアス、その隣に小さいstuds/pucesのをしていて、
    そのスタイルが気に入っていたのですが、
    数年前にこちらで何を思ったのか、そっち系(どっち?)の友達の影響で、
    右のcartilageの部分に2個、左に3こあけてしまい、
    それは定着するまでに大分かかりました…思いっきり膿んだし!!
    あれはかなり痛かったです。
    ただそこは、普通の場所(lobes)よりもアレルギーになりやすいしピアスが入れにくいので、
    18金をいつもいれておかないといけないし、そうすると寝るときにあたって邪魔だしで、
    その後面倒になったり、妊娠したりで、それは全部放置してしまいました^^"
    ピアスを選べばスタイルに影響なかったのですが、やっぱりピアスが多い人のスタイルは
    私とは違う系統だったし、まあいっかと。
    でもピアスの穴は一度出来ると、放置していても塞がらないみたいですよ
    そうするといくら小さなピアスでも、夜ははずしたほうが快適ですね

    返信削除
    返信
    1. meinlapinさん、こんにちは♪

      以前にもコメントしていただいていたんですね。今回はリンクまで貼っていただいてありがとうございます。今後のブログの更新楽しみにしてまーす!もしかして、割とご近所さんでしょうか?

      かなりの数のピアス付けられてるんですね~!
      そっち系(?)のピアス・・・何となく想像できます(笑)。そこは痛いイメージが強すぎて開ける勇気はありません!というより、私、かなり面倒くさがりなので、今の両耳ひとつずつ、だけで十分かな。これ以上消毒などに時間がかかったり、化膿したりすると心配性なのもあって、不安になっちゃいそうで。気が小さいんです・・・。

      今のところはゴールドをつけているので、基本は付けっぱなしにしてます。1週間に一度、取り外して消毒。このところは全く問題ないので、安心しております。

      削除


UA-68325954-1