2013-04-29

ジュネーブのカフェいろいろ その2


週末から引き続きグレーなお天気でスタートしてしまった月曜日。なので先週の気持ち良かったある日を回顧しながら、その日撮りまくった写真をあれこれ並べちゃいます。

先週ジュネーブに出かけたある日はいつもより多くのカフェに入りました。
そんなお天気がいいのにインドアなんてもったいない、と今になって思いますが、お友達と会うとなるとやっぱりカフェの方が落ち着くし。

こちらはまだお友達と会う前の午前中。以前にも行った"Grütli cafe"へ。


前回来た時とは展示作品は違うモノに。ひと月ごとに変わるようです。

右のドリンクはグレープフルーツジュース。出来合いのジュースがやって来るかと思ったら、カウンターでお店の女性がジューサーにグレープフルーツを入れているのが見えました。ラッキー♪搾りたてで氷を入れて嵩(かさ)を増やすわけでもない、新鮮ジュース。とても美味しかったです。








左上は私がジュースの後にさらに注文した"renversé"。フランスでは見かけないこのメニュー。カフェオレよりもミルクの分量が多いものだそう。(wikipediaのご説明より→) コーヒーが苦手な人でもこれなら飲みやすいかも。私には見た感じからして、オーストラリアやニュージーランドで見かける「フラット・ホワイト」"Flat White"に見えました。Wikiの説明を読んでもこのrenverséに似てるかも。ちなみにジュネーブではBoreal CoffeeでこのFlat Whiteをいただけます。(renverséはジュネーブならどのカフェでもいただけます。)




こちらの一見バー風なカフェからはお友達と。

ここの通りにはカフェがひしめきあっていて、どこにしようかね~と適当に入ったら、デザートがなくて残念だったけど、少しお値段お安めで、ハーブティーもあったし、お店のお姉さんがキュートで親切でした。

他のお客さんはみんな外のテラス席に居る中、私たちは日本人らしく店内で。まあ気楽でよかったです。




その後、やっぱり甘いものが食べたくなったので、普通のサロン・ド・テに移動して、私は上のアップルタルトを頂きました。ここのパン屋兼サロン・ド・テのショーケースに置かれていたスイーツ、どれも結構巨大で、日本の「ハーブス」のケーキを思い起こすようなサイズ。でもペロッと食べちゃいましたけど。

異国暮らしのあれこれを話し、スッキリし、美味しくケーキも頂け、お天気もよく、といい1日でした。



最後まで読んでくださってありがとうございます。
実はもう1軒カフェに入りまして。それはまたご紹介します。 クリックしていただけると嬉しいです♪

0 件のコメント:

コメントを投稿


UA-68325954-1