2013-01-20

夫の上司宅へ

雪の週末。
でもそれほど冷え込んではいないので、時折みぞれだったり、雨になったりもした土曜日。夫の上司のお宅へお呼ばれしてきました。


こちらは私たちが持っていったデザート。
隣町のパティスリーで前日に予約しておいたもの。


夫のボス宅はスイスのローザンヌ。うちのあるレマン湖畔とは対岸で、距離的にはジュネーブを通って行った方が近いけど、週末・雪のジュネーブ市街は渋滞しそうかも、と判断して逆のモントルー周りで行くことに。

約束の時間、かなり早めの午後4時ほんの少し前に到着してしまったので、車内で待機。お呼ばれの時は少し遅れてお邪魔するのがお決まりですからね。

お宅はローザンヌの駅からもそう遠くはないところにあるとアパートと聞いていたけど、ローザンヌの街中にそういえば今まで行ったことがなかったので全くイメージなし。坂の町とは知ってたけど、雪の日は大変そうな感じ。でも車内からちらっと見えた大聖堂も素敵。夫がジュネーブよりローザンヌの方がいい雰囲気だ、と言っていたのがよくわかりました。

そしてお宅のアパート。
えっ?アパートっていうより昔ながらの邸宅、マンション。実際後で聞いた話では、昔からあるマンションをアパート式にいくつかの住宅に分けたリニューアル邸宅なんだそう。ローザンヌ駅から徒歩15分ほどのところにあるこちらの建物、坂の上にあるのでレマン湖一望、外からの騒音まったくなし、内装もモダンにリフォームしていて本当に素敵なお宅。

ホントはね、おうちのあちこちを写真撮りたかったんです。でもさすがにそれは失礼かな、と躊躇われたのでやめました。その代わり、というか料理は許可をとって写真撮らせてもらいました。


ワインとおつまみでアぺロをした後の前菜。サーモンをムース状に蒸したものがほうれん草に包まれてます。見たままとても美味しかったです。


メインはおそらくポークの間にハーブやベーコンをはさんだオーブン焼き。付け合わせのポテトグラタンともとても美味しかったです。

私にとってうれしかったのは、膨大な量の料理じゃなかったこと。他のみなさんはこのメインをおかわりしてたけど、私にはこの一皿で十分な量。日本にも行ったことがあるボスなので「日本人はあんまり食べない。」というのを理解してくれていたのかも?です。


こちらは最初の写真の持参デザート。
お料理の量が私にはちょうどよかったので、デザートも軽くペロッといけました。フランボワ―ズとピスタチオが効いたさっぱり系のムースタイプだったので食べやすかったのもあります。みんなおかわりしたので、6人分のケーキはすっかりなくなってしまいました(笑)。

うちとは全く経済的な状況が違いすぎるので、ボス宅をマネすることはできないけど、参考になるところはいろいろあったのでいいインテリア勉強にもなりました。


そして余談ですが・・・

帰りも行きと同じ道を選択し、うちまであと30kmぐらいというところだったんですが、土砂崩れで道路上に木が倒れていて通過できず。(行きは片側だけがふさがった状態でした)

そこは全くの一本道なので迂回はできないのに、フランスさん、どけるおつもりはないんでしょうかー?土曜日だから働きたくないとか?

もう仕方ないのでレマン湖1周しちゃいましたよー!10時過ぎにおいとまして、うちに着いたのは夜中の1時。勘弁してーー!


最後まで読んでくださってありがとうございます。
おかげで今朝はお寝坊さん!でもいい夜でしたよん。クリックしていただけると嬉しいです♪

0 件のコメント:

コメントを投稿


UA-68325954-1