2013-12-12

2度目のお呼ばれ


バタバタしていた週末の土曜の夜は夫の同僚宅へお呼ばれで出かけました。
前回彼のお宅にお邪魔したのは去年の6月。私にとってこちらに来てから初のお呼ばれでした。

当日はクリスマスショッピングであちこち出かけた後だったので、疲れ気味でお邪魔してしまいましたが、またまた美味しいお料理でおもてなししていただけました。

ちなみに最初の写真は手土産のケーキを買ったお店のそばにあるmairie(町役場)です。ピンクに黄色の派手な建物にはこれぐらいのシンプルなイルミネーションがいいですよね。


前回はアパートの方で食事をしましたが、今回は元々住んでいたおうちの一角での食事となりました。昔ながらの農家宅で、全てがミュージアムにあってもよさそうな雰囲気のあるお宅です。


暖炉を使うと余計にいい感じです。手前にあるツボのようなものが、ジュネーブのエスカラードというお祭りの前にチョコ菓子として並ぶ「マルミット鍋」の本物です。さすが「民族博物館」ならでは!


食事は、まずこちらの前菜から。目にも鮮やかなこちら、何だかわかります?
ビート(ビーツ)というボルシチに入っている野菜にフロマージュブランというヨーグルトに近いさっぱり系のチーズを混ぜたそうです。ビートは確か日本語では砂糖大根とかテンサイと呼ばれていて、名前のとおり甘みのある根菜。なのでこちらの料理もいい甘みがあって美味しかったです。


もう1種の前菜。上から、フォアグラ、スパイスパン、レンズ豆、スモークカモ肉。フォアグラ用の丸く薄くスライスされたパンもありますが、フランス語で言う"pain d'épices"と合わせるのが本当の食べ方とおっしゃってました。(とっても申し訳ないですが、私、フォアグラが苦手なのでどちらも変わりないかも?)

レンズ豆とスモークカモ肉はとっても美味しかったです。


こちらがメインのサーモンのクリーム煮とカルドンのチーズ焼き。カルドンって何?と聞いても、夫も同僚の方もうまく説明できないよ、と言われ。食べた感じからしたら、日本の「フキ」みたいな味の印象でした。


先日買い物に行った時、偶然スーパーで見つけましたよ、Cardon。袋に入っていてわかりにくいけど、見た目はセロリの茎みたいな感じでした。


手土産として持っていったデザートはいつものお気に入りのパティスリーでのお買い上げ。ライム、パイナップル、クリーム、ビスケット生地から成る、さっぱりした味でとても美味しかったですが、ほんの少ししか食べられず。この前にもチーズを出してくれたんですが、無理無理!

この夫の同僚の方、同僚と言っても年齢はかなり上。何でも知っている博学な方なので、今の職場で働くよりもどこかの大学教授になった方がいいのでは?といつも思います。そういった方なので、話が止まらずこの日も失礼したのが、12時前。夫も最後の方は涙目になってました。苦笑

でも2度も呼んでいただけてうれしいものです。またうちの方にもご招待しなきゃ。



最後まで読んでくださってありがとうございます。
博学な上にお料理上手で、凄すぎ!クリックしていただけると嬉しいです♪


2013-12-10

今冬、最初で最後のフォンデュと出会い


先週ジュネーブに出かけた夜は食事会でした。
まだ参加し始めたばかりの会で、メンバーは会長さんぐらいしか知らない状態でいきなりの忘年会参加でしたが、近くの席の人たちが英語ができる人ばかりで救われました。笑

忘年会会場は店内のライト代わりになっているオブジェで何のお店かわかるでしょうか?


お題にもあるのでバレバレですが、フォンデュを含めたグリュイエール地方料理のレストランでした。他にも選択肢はあったんですが、寒くなってきたしレストラン名からも期待できそうだったのでフォンデュをチョイスしました。

パンが食べられない夫にもちょうどよく、ポテトまで出てきて、フォンデュ自体も美味しく大満足!


私が座った席がどうにもこうにも身動きとれない席で、離れた席にいる人と交流するのは無理そうだったので、周りの人が話しやすい人だといいな、と思っていたら、ちょうど真横に座られた女性がイギリス出身とのこと。英語も聞きとりやすかったですが、何より彼女のキャラクターが上品なだけでなく、ユーモアにも溢れ、とても話がはずみました。

彼女にもお連れの男性がいらっしゃったんですが、ご夫婦なのかどうかがはっきりしなかったのでまあその辺は触れないことにしました。私の母親より少し若いぐらいの外見で、そのような年代の方と話がはずんだのはたぶん生まれて初めて?ぜひもっとお近づきになりたいと思い、帰り際に私のメールアドレスを渡して、今後も連絡を取り合えたら、と伝えました。(その後メール来ましたー!)


そんな個人的な話はどうでもいいとして、フォンデュ話に戻ります。

フォンデュ鍋にあるチーズがなくなりそうになる頃、鍋底のチーズはほとんどチーズクラッカー状になるんです。(想像に難くないと思いますが、) それをこちらでは"la religieuse"と呼ぶそう。日本語にすると「尼さん」。由来まではわからないですが、その英国女性がその名を教えてくれました。そして彼女がお店の人にそのreligieuseを食べられるように鍋底をきれいにしてもらうようにも頼んでくれました。

その図が上の写真です。お店の人(写真右の男性)が何か特別なツールを使って鍋底をゴシゴシしてます。こうして最後まで食べるのが普通だそうで、お店の人に頼めば底から綺麗にチーズをはがしてくれます。まさにチーズクラッカーの味でした。

ちなみにお題にある「最初で最後のフォンデュ」というのは、私たち、フォンデュはひと冬に一度と決めているからです。この冬のフォンデュは今回で終了!笑


レストラン自体もとても人気のお店のようで、私たち団体がいたので来る客、来る客、入店お断りしていたし、私が座った席のすぐ後ろに置かれていた電話もひっきりなしに鳴っていました。ジュネーブ中心からは少し離れますが、12番のトラム沿いにあるのでアクセスもいいお店だと思います。


Le gruyerien
Rue de Chêne-Bougeries 2
1224 Chêne-Bougeries
Tel: +41(0)22 349 10 12
http://www.le-gruyerien.ch/



最後まで読んでくださってありがとうございます。
慣れないチーズにワインで食後はちょっと大変なことになってましたが・・。苦笑 でも楽しい夜でした。
クリックしていただけると嬉しいです♪



2013-12-06

カルージュのクリスマス


昨日は朝からジュネーブに行ってきました。午後はお茶の予定があったので、午前中、どこに行こうかな?とまだ薄暗い中思案・・・。そういえばカルージュに夏以来行ってなかったし、クリスマスの時期にも行ったことがなかったのでお散歩がてらカルージュまで歩きました。

最初の写真は厳密にいうとカルージュに行く途中なんですが、この髭もじゃのサンタさんがかわいくて!残念ながらお店はまだオープン前の時間で入れませんでしたが、窓から覗いたかぎりはかわいい雑貨がたくさん並んでました。


ここからはカルージュです。ちなみにカルージュに行くのは午後からがおすすめ。午前中はあまりお店が開いてないんです。なのでカフェ以外はすべてまだ開店前のお店の写真となってます。

上の写真はチョコ屋さんの店先。オレンジにチョコがちょこちょこと刺さってる!(オヤジギャグ?もしかしてこの表現も古いかも??)


≪2013年12月8日追記≫
オレンジに刺さってるのはチョコではなく、クローブ(仏語でGirofle、日本語で丁子(ちょうじ)とも呼ばれる)というカレーなどにも使われる香辛料が正しいようです。
クリスマスや新年によく作られる「ポマンダー」というもののようです。疫病よけや防臭に使われ、手作りものをプレゼントすると幸福をもたらすとも言われているものだそうです。



カフェの軒先がかわいくデコレーションされてる!


雑貨屋さんの店先。このツリーに魅かれて。


カルージュでいくつか見かけたサンタさん。
必ず腕がこのように構えた感じになってました。


カルージュの方がデコレーション的に好きだな~。ホントは入りたいお店もあったんですが、行くのが早すぎでした。午後からの街、カルージュです。


おまけ・・・


今週末はジュネーブの冬のお祭り、エスカラードがあるので、チョコレート屋さんの店先にはどこもこのチョコでできたマルミット鍋が飾られていました。今年は行こうと思えばパレードを見に行くこともできるけど、パスかな?笑  でもまだ行かれたことない人は一度は見てみるとおもしろいですよ。



最後まで読んでくださってありがとうございます。
少しヒールのあるブーツを履いて歩いたからか、今日は足全体が筋肉痛・・・。
クリックしていただけると嬉しいです♪


2013-12-04

霧のレマン湖


今朝まだ暗いうちに窓を開けてもわかるくらいものすごい霧に包まれていました。昼過ぎ頃までもやっていたかな?

写真は朝9時過ぎのうちの町にある教会周辺。結構近くから撮ったにもかかわらず教会は霧に覆われてはっきり見えません。ちなみに手前に見えるちゃちな飾りは役場前のクリスマスデコレーションです。かる~くスルーしてくださいませー!笑


そして午後3時ごろ散歩に出かけた時のレマン湖はこんな感じでした。かろうじて湖面と空の水平線の辺りにラインが見えるので、どこが水平線なのかがわかるぐらい。一面グレーですが、日食のような太陽もちらっと顔を出しています。


夕方に買い物に出かけた時はまた朝のような深い霧になり、視界は10mぐらいだったか?お隣のベルギーでは霧のせいで車100台以上が玉突きとなる大事故も起きたようなので大変です。

湖沿いということもあって霧に覆われることは割とありますが、ここまで深い霧は珍しいです。夫にとってはこれが写真撮影のベストな条件。仕事になんて行きたくないー!と朝、ダダこねてました。笑



最後まで読んでくださってありがとうございます。
確かにこんな日に仕事行くのは彼にはつらいよね。代わってあげられるものならね~。(無理、ムリ!)
クリックしていただけると嬉しいです♪


2013-12-03

乾燥に効きそうシアバター


今朝はかなり冷え込みました。最低気温-5℃!
車はカチコチに凍っていたし、芝生も真っ白で昼前までそんな状態が続いていました。

最初の写真はパン屋へ行く途中に目にした霜を被った葉っぱ。この時9時過ぎ。寒くてなかなかパン屋に行く気になれずでした。苦笑


昼過ぎにはご覧のとおり晴れてきたんですが、吐く息も白く肌寒かったです。レマン湖の対岸はもやってはっきり見えない状態でした。でも私はそんな状態の方が好きです。


さて、この頃、というかしばらく前から空気が乾燥していることもあって特に手荒れがひどいです。「アロマセラピストでしょ、いいオイル知ってるんじゃないの?」という声も聞こえてきそうですが、オイルをどれほど塗りたくろうとダメなものはダメで。昔から秋から冬にかけてはひどい乾燥肌なんです。

"You are what you eat."というプレーズを聞いたことがあるでしょうか?文字通りなんですが、体は食べたもので作られるという意味です。以前、忠実にマクロビオティックの食事をしていた時は常に意識していたフレーズなんですが、このところ雑食ですっかり忘れかけていたところ数日前ふと思い出しまして。

こちらに来てから朝食にバゲットを常食するようになりました。美味しいものだから毎朝食べてますが、バゲットの姿を想像してみると・・・。

かたく焼きしめられた表面、中はしっとり。

何か問題でも?って感じですが、この表面の状態。これがそのまま自分の肌の状態になっているんじゃないか、と。朝食以外ではご飯やパスタなど食べてはいますが、ビスケット類の焼きしめられたお菓子類も食べてるし。食べちゃいけないとは思いませんが、毎朝のことだから食べ過ぎているのかもしれません。冬だけでも朝ごはんはお粥にするとか考えようかな?

とはいえ、食事療法は効果が表れるのに時間がかかるので、てっとり早く手荒れを何とかしようと、あれこれ試したところ、私にはシアバターが一番いいようです。

Mマーク シア脂(シアバター)バーム 20g

このシアバターを以前から持っていて、リップクリーム代わりに使っていたんですが、髪の毛や体中どこにでも使える植物性のものなので、いいのでは?と手に塗ってみたら少し手荒れが落ち着いてきた感じがします。寒い時期は硬くなって手に取りにくくなりますが、しばらく手のひらに置いておいたら柔らかくなります。ちょっと使用感がべたつくことと、てかりがあったりもしますが、しばらくすれば肌になじんでくるので問題なし。一度につけすぎないことがコツです。かかとの角質ケアにもいいかも。

食事は徐々に見直していくとして、まずはガサガサ肌解消にこまめにシアバター使っていくことにします。


最後まで読んでくださってありがとうございます。

ほら、冬は朝パン屋に行くのもツライからやっぱりライスがいいかも。笑
クリックしていただけると嬉しいです♪


2013-12-02

気ぜわしい師走のスタート


今日は昼前に散歩に出かけた頃から晴れ間が広がり、午後の太陽が沈むまではまずまずの温かさでした。

ちなみに最高気温はこのあたりで4度だったようです。これで暖かく感じる私ってすごいかも?笑


週末に早々とクリスマスツリーの飾り付けを済ませました。早すぎるんじゃないかと思っていたら、今晩お隣さんの庭でもクリスマスイルミネーションがスタートしていたのでそうでもないのかも。でも何だか気ぜわしい12月です。

こちらはもちろん師走なんて概念はないんだろうけど、クリスマスの準備ってやっぱりいろいろあるんでしょうね。うちの夫の職場でも明日の午後はちょっとしたクリスマスパーティーをするそうです。夫はホットワインを準備する係だとか。何か楽しそうだな~。私も参加したいー!笑


そういえばピラティスの先生が今年最後のクラスで何かと慌ただしい季節だからこそメディテーションなり、ゆっくり呼吸をしてほんの10分だけでも落ち着く時間をつくると、その後の行動がより効率的になるとおっしゃってました。まさしくそのとおり!先生からは25ページに渡るピラティスの基本の動きに関する資料を送ってもらったことだし、実践せねば。

一応プリントアウトはしたんですが、まだその動きを試してない・・・。時間は自分でつくるものですな。



最後まで読んでくださってありがとうございます。
今日は掃除だなんだとバタバタしてピラティスもしなかったな~。いかん、いかん。
クリックしていただけると嬉しいです♪


2013-12-01

スープの美味しい季節


今日も風の強い肌寒い一日でした。それでも日差しがあったので、日光浴も兼ねて隣町まで散歩に行ってきました。

最初の写真。今年の9月の初めに似たような角度で撮った写真をブログに載せたんですが、光や木々の葉の様子など季節の違いを感じておもしろいです。


写真を撮った時は偶然波立っていなかったのか穏やかなレマン湖に見えますが、今日も常に強風の中を歩いていたんです。


それでもこの青空には救われますが。



これぐらい寒くなってくるとスープが美味しく感じられませんか?うちはなぜだかこのところ毎週金曜日の夕飯はスープです。毎週いろいろ野菜を変えて作ってます。


この時は確かかぼちゃとニンジンだったかと。


作り方はものすごく簡単です。
材料の野菜を(2,3種類同じような色の野菜があるといいと思います。)ざく切りにして、3,4個のじゃがいもも同じようにざく切り。全て大きめのお鍋に入れて、半分以上のお水を入れて野菜が全部柔らかくなるまで煮ます。その後ブレンダーで混ぜて、塩・こしょうするだけ。

お気に入りはブロッコリーとポロ葱(ポワロ・リーキ)の組み合わせのグリーンスープなんですが、作った後、部屋中がポロ葱臭になって2日ほど臭いがとれませんでした。うちの換気が悪いだけかもしれないけど。でもスープはとっても美味しかったので、臭いが気にならない方にはおすすめです。

今週は少しだけ暖かくなる予報なので、それが当たることを期待してます。



最後まで読んでくださってありがとうございます。
夫がポロ葱臭嫌いなので、もうあのスープ作れない・・・。泣
クリックしていただけると嬉しいです♪


2013-11-27

クリスマス前のアヌシー


先週末アヌシーのサロン・ド・テでお茶をした日はとにかく寒かったので(その後もますます寒くなってきてますが)、かけ足で街を周りました。周りながら気付いたのは、そういえばアヌシーにクリスマス時期に来たことがなかったな、と。クリスマスマーケットも開かれるようで、その屋台の準備も進んでいるようでした。

まだ本格的なデコレーションではないかもしれないし、曇った昼間に見たのであまり理想的な時間帯ではなかったですが、ほんの少しご紹介します。(旧市街ではなく、ショッピングエリアのみです。)


通りの間のイルミネーションがカラフルで何だか素朴。


こちらの方が見やすいかな?


かわいいお菓子屋さんの窓辺。まだ飾り付けの途中だったみたい。笑


これはショッピングセンター内の飾り付け。かなり子供向け。
小さい子供連れの家族が何組も写真を撮っていました。


そして最後に有名なスポット。(クリスマスには全然関係ないですが。)
見にくいですが、バックグランドに写っている山にうっすらと積雪しているのが見えるでしょうか?この風景がさらに寒さを強調しているかのような日でした。それでもこれからはクリスマスショッピングなどで週末は特に忙しくなるんでしょうね~。


最後まで読んでくださってありがとうございます。
寒くてもクリスマスデコレーションを見るとワクワクする子供のような私です。笑
クリックしていただけると嬉しいです♪


2013-11-26

今年最後のピラティス


週末からの強風(la bise)はまだ吹き続いています。

私は週末からと思っていたのですが、夫は先週の金曜日からすでに吹いていると主張。まあいつスタートしたかはそれほど重要なことではないのですが、先日この強風のことをブログに書いたら、「ビーズは3の倍数の日数吹き続けるのよ。」とのコメントをいただきまして。(ありがとうございました!)

夫の主張が正しければ、今日で5日目になるので明日までは吹き続けるのかも。鎧戸がガタガタ音を立てたり、少し隙間風があったりするのでそろそろ止んでほしいところです。写真をご覧のとおり天気がいいのがまだ救いでしょうか。


少し前にピラティスの体験レッスンを受けに行った話をしました。
その際はビギナークラスで9割フランス語でのレッスンだったので、先生の動きを目で追わないとついて行けないことが多かったのですが、その後もう一度アドバンスクラスの方を受けてみたら、動きにもついていけたし、生徒さんがほとんど英語圏の人なので英語でのレッスンで私にはより分かりやすかったこともあり、アドバンスクラスに入ることになりました。

と、始まったばかりだったのに今日でもう終わり。町の広報にピラティスクラスのお知らせが載っていたから新しくスタートするものだとばかり思っていたら、どうも私は期(1期は3ヶ月)の途中に入りこんだようでした。12月はみんなクリスマスショッピングなどで忙しいから、ということでクラスはなし。次回は1月7日から3ヶ月ということになるようです。


先生はピラティスのインストラクターだけでなく、フィジオセラピスト(理学療法士)でもあり、クラスをスタートする生徒さんには全員彼女の自宅サロンに一度来てもらって、各自のフィジカルチェックをすることにしているんだそう。

2度目のクラスの翌日に彼女の自宅へお邪魔してきました。


彼女は同じ町に住んでいるけど、うちからは歩いて30分弱ぐらいの距離で、行ったことのない地区だったので、いい散歩にもなりました。


私もアロマセラピストとしてほんの少し自宅サロンをしていたので、細かくコンサルテーションを行なう感じがよく似ていて、少し懐かしく感じたりしながら、姿勢や日々行なうといいエクササイズなどを個人的に指導してもらいました。彼女の英語は時々早口で聞き返すこともあったけど、基本とてもクリアに美しいブリティッシュイングリッシュを話すので聞き心地が良かったです。彼女の声自体がいいんでしょうけどね。

それからは、せっかく個人指導していただいたので、出来る限り家でも運動をするように心がけています。そのおかげかピラティスレッスン後に筋肉痛がひどくなることはなくなりました。彼女のレッスンはピラティスだけでなく、ヨガの要素やゾーンセラピー(チャクラ)、メディテーションなど私好みの系統も交えて進めてくれるのでかなり気に入ってます。

今日も最後にネット上で申し込める、フリーメディテーションコースのことを教えてくれました。11月11日にスタートしているので途中になりますが、無料なので興味ある方はこちらから申し込んでみてください。(→


P.S. 2,3,4枚目の写真は先生宅に向かう道すがらの風景でした。



最後まで読んでくださってありがとうございます。
休みの間も忘れず運動しなきゃね!クリックしていただけると嬉しいです♪


2013-11-25

アヌシーのサロン・ド・テ Folie Royale


週末の土曜日、アヌシー近郊で用事があったので、帰りにアヌシーに立ち寄ってきました。これといった目的はなかったけど、いつ行っても楽しいアヌシー。でもこの日は寒かったー!街中に雪は残っていなかったものの、アヌシーに向かう峠道は標高が高いこともあってかなり雪が残っていました。

何気なく街を歩いていた時に、雰囲気のいいサロン・ド・テを見つけたのでご紹介します。


最初に目についたのはこのウィンドー。


そしてクラシカルな外観。アイロンワーク好きな私はこれで入店決めました。笑


お店はショコラティエが基本のようで、中に入るとたくさんのチョコが並んでいました。


どれも丁寧に手作りされたチョコと言った感じ。(お店の方の許可をとって撮影しました。)


次に目に入ってきたのがこのショーケース。魅力的なケーキがいっぱい!夫が私に話しかけるのを聞いたお店のご主人が、「英語で説明しましょう。」と全てのケーキの説明をしてくれました。いつものモンブランにも魅かれたけど、今回はシブーストをチョイスしました。


喫茶コーナーはダークウッドが使われていて落ち着いた雰囲気です。


こちらが私の注文したシブースト。
カスタードクリームとリンゴの組み合わせが抜群。
美味しかったです!


こちらは夫が選んだメレンゲをコーヒー味のペーストとナッツ類でコーティングしたお菓子。

細かいことですが、お菓子にはナイフとフォークが添えられてきました。ごく当たり前なことかもしれませんが、このあたりではケーキを頼むとスプーンだけ、ということが多いんです。それで大丈夫なこともあるけど、食べにくいことが多い・・・。それに特になくてもいいけど、ケーキの下にレースペーパーが敷かれているのも結構珍しいです。そんな細やかさも高ポイントでした。


一緒に頼んだクリスマスティー。ティーポットの傾き具合がいい感じです。


お店のご主人はオーストリアのウィーン出身で家族経営のサロン・ド・テだそうです。夫曰く、ご主人のフランス語はなぜか少し英語なまりな感じだったとか。クリアで聞きとりやすい英語を話されるので私にはありがたかったです。

支払いの際にはお嬢さんが応対してくれてました。彼女はフランスで生まれ育ったのでフランス語はネイティブ。英語は少しフランス語なまりがありましたが、帰り際にチョコを試食までさせてくれて、笑顔がかわいく魅力的なマドモアゼルでした。ご両親の故郷であるオーストリアにいつか住みたいと言っていました。

アヌシーで少しインターナショナルな体験ができた週末でした。


Folie Royale

13 rue Royale, 74000 
Annecy, France
Tel: 04 50 52 28 58


最後まで読んでくださってありがとうございます。
行ったことはないけど、オーストリアもチョコが美味しいことで有名ですよね。試食したチョコも美味しかった~♪
クリックしていただけると嬉しいです♪


UA-68325954-1