2012-12-22

Season's greetings 2012




今年も作ってもらいましたクリスマスカード by 夫。

去年と土台は同じ自宅クリスマスツリーですが、今年はシルバー一色のさらにシンプルバージョン。
(去年のクリスマスカードはこんな感じでした→

日本人としてはクリスマス前に1年を振り返るのはまだ少し早い気もしますが、ひとり反省会をちらちらと・・・
(「1年の計」からの反省)

  • フランス語:ちっとも上達しなかった。でも少しずつ理解できるようにはなった。
  • アロマの勉強:ブログに載せつつ復習程度。9月に学会に参加したのはいい刺激になった。
  • 写真:偶然うまく撮れることはあってもあくまで偶然なのでね。

他にあげるとしたら、まだまだフランス(&スイス)生活になじみきれてない、とか神経質に考えすぎるとか反省することばかりが目立つ年となってしまった感があります。来年はもう少し明るく振り返れるようになりたいものです。

明日から数日間、夫の両親を迎えてのクリスマスとなります。去年は夫と2人だけだったので、気負うことなくお気楽に過ごしてたんですが、本当の意味のクリスマスを初めて過ごすことになります。ちゃんとおもてなしできるのか、とちょっと不安ですが、夫に助けてもらいながら力まずやっていきたいです。

最後に、ここ数年のクリスマスソングの中で一番お気に入り、Coldplayの"Christmas Lights"を聞きながらクリスマス気分を盛り上げていきましょう♪




最後まで読んでくださってありがとうございます。
みなさん楽しいクリスマス過ごして下さいね~!あなたもね、ってクリックしていただけると嬉しいです♪


2012-12-21

暮れのにぎわい時の出会い


写りがイマイチですが、ジュネーブの繁華街。
「年の瀬」という言葉はこちらの感覚には合わないんだろうけど、人の浮足立った様子をみると日本人の私からすると、歳末の慌ただしさを感じるこの時期です。

今年は去年ほどクリスマス楽しみー!という気分にならない。
引越してきてもうすぐ4ヶ月。バスルーム工事も今週の水曜日に終了し、とりあえず自分たちの手でできる修繕も一旦中休みできるところまできて、ようやくホッとしたというところ。気付いたらもうクリスマス休みだった、という感じです。


さらに写りが悪くてすみません・・・。なんだか感じのいいディスプレイだったのにこんなんで。心躍ってた時だったからかな?

このジュネーブに出かけた日、素敵な出会いがありました。
ブログを通じて知り合いになれた大人な日本人女性。(って間違いなく私の方が年上のはずですが)
日本の外で知り合う日本人とは年齢をあまり気にしなくていいのが楽でいいです。(と言いつつ、いきなりタメ口にはなりませんけどね。)もちろん年齢関係なく人柄や話が合うかというのも重要だけど、自分が気を使う性質だからかもしれませんが、日本にいると年齢の違いで言葉づかいが変わってくるのでね。

「同じカフェで3時間近くもしゃべり続けてた」、と夫に話したら、「場所も変えずにそんなに!?」と驚いておりましたが、私にはごく普通のことという感覚。(ですよね?)

最初から肩肘張らず気さくに話せる雰囲気を持っている方だったので時間を忘れて話し込んでました。ブログやっててよかった、と思った瞬間です。むかーし、昔、イギリスに語学留学してた頃はインターネットどころか携帯もない時代だったんでね~。海外に住むにはいい時代になったなとつくづく感じます。


今日のおまけクリスマス(最終回):
今日の写真はどれもイマイチ?ですみません・・・。
ジュネーブ旧市街のカフェ前にあったツリー。ツリーって昼間に撮るとどうもイケてないですね(汗)。



最後まで読んでくださってありがとうございます。
何だかんだ言ってクリスマス風景撮ってるじゃん、とダメだししつつクリックしていただけると嬉しいです♪


2012-12-18

ジュネーブのバス事情と国境の町"Hermance"

ちっとも晴れないこの頃ですが、先日の大雪後急に気温が上がり、ついでに雨も降ったので(否、降り続いてる・・・)、すっかり雪は溶けました。人間にとっては雪はいろいろやっかいなのでしばらくはこのまま雪なし生活できるといいな。

今月もっとどこかで写真撮ってたはず?と探したらやっぱりありました。
Hermance(エルマンス)というスイス側にあるフランスとの国境の町。ジュネーブに行きたい時はここからバスに乗っていきます。この時はバスが来るまで時間があったので初めてぶらぶらしたのでした。


白鳥さんたちがペタペタのんびり歩いてるここは、夏の間はビーチのようで入場料も払うんだろうな、と思われるゲートがありましたが、今の時期は好きに入っていいみたい。


私が住むメスリーよりも小さな町のようなので、学校があるのかどうかもわかりませんが、子供作と見られるオーナメントがツリーに飾られてました。

このエルマンスからジュネーブに向かう道沿いはそれはそれは、というお屋敷ばかりが立ち並ぶ高級住宅地といった感じ。毎日これに乗っていく夫によると、朝はとにかく学生(高校生ぐらい)が多いようですが、女の子は学生とは思えないくらい「大人の女」を意識した服装だったり髪型だったりの子が多い。男女ともにiPhone率が高いそう。ま、まあ当然ですかね?(笑)


さすがに終点エルマンスで降りる人はまばら。それでもバス亭横にある駐車場はいつも満車。そのために朝早くに家を出る夫もたまに駐車できなくてこの小さな町中の路駐OKの場所まで行かなくちゃならない日もあるようです。

それでも有難いのは、ジュネーブは"P+R"(英語だとPark & Ride、フランス語ではParking+Relais)システムがあちこちにあって、有料のパーキングが多いけど、エルマンスのは15時間以内ならタダ。パーキング代結構しちゃうけど、ジュネーブ市内の交通渋滞に巻き込まれるくらいなら、と利用してる人も多いのかも。

バスも運が悪いと渋滞に巻き込まれちゃうけど、バスレーンがあるところなら確実にバスの方が早い。日本だと(名古屋だと、と言った方がいいかも?)バスレーンは抜け道とばかりに乗用車が普通に走っちゃってるけど、こちらではバイク以外は決してバスレーンには入らないです。スイスだから?今のところフランスでバスに乗ったこともバスレーンを見たこともないのでフランスのバス事情はまだわからないです。

ご参考までに・・・
TPGサイト(ジュネーブ周辺の公共交通機関)
http://www.tpg.ch/fr/web/guest



今日のおまけクリスマス:
ジュネーブの旧市街のカフェが並ぶ広場"Place Bourg du Four"の一角。
この日は天気はよかったけど、結構肌寒かったのにテラス席には結構人がいたな~。私には無理!(笑)



最後まで読んでくださってありがとうございます。
お金かかっても渋滞にはまるストレスを考えたらP+Rは便利だよね、ってクリックしていただけると嬉しいです♪


2012-12-11

香りと食生活の関係


昨日の月曜日は雪が降ったりやんだりの寒い1日。今日は朝路面が凍結してて散歩時、何度も転びそうに。ちなみにこの寒さ、木曜日まで続くんですって!ブルブル・・・


ところでみなさん、香水は日常的につけますか?それとも特別な時のみですか?
日本でも年々香水をつける人が増えてきているように感じますが、こちらはつけていない人の方が少ない印象があります。犬の散歩をしている人でもすれ違うと何かしら香ってきますからね。

私は以前は好きで日常的につけてました。大概は海外旅行に行った時に免税店で買ってました。
でも突然ダメになったんです。それは食生活を変えてから。8年ぐらい前かな?いろいろありまして、食事を玄米菜食にしたんです。玄米はデトックスにはもってこいで体質改善になるとのことで、それまでひどかった花粉症が徐々に改善されたのはこのおかげだと今でも思ってます。

食生活を変えたと同時に化粧品や生活用品も環境に負荷のかからない製品に変えました。私、やる時は結構徹底する方で、この頃はナチュラリストまっしぐらでした。周りでひいてた人はかなりいたと思います。

この頃からそれまで気に入ってつけてた香水が全くダメになってしまいました。香水って動物性香料(ムスクとか)入っていることが多いのが理由なのかな?と勝手に理解してました。革製品すら身につけないというところまでは徹底してなかったけど、食生活の変化が影響したんだなと、「私は」感じてます。人によって反応の仕方は異なるのでこれは私が体で感じた結果です。


アロマセラピーの勉強を始めてからは、さらに香水からは遠ざかり、植物などから抽出された「天然の」香りを好むようになりました。

さて、今現在の私は、というと・・・
  • 食事:雑食。(肉、魚、牛乳以外の乳製品、何でも食べます。)
  • 香水:ユニセックスのかる~いものをお出かけの時のみ。(犬の散歩やスーパーぐらいならナシ)

本音を言うと今でもベジタリアン食の方が好きです。こちらに来た頃、夫にもベジタリアン食を用意してたら、「何だかパワーが無くなった感じで気力がわかない。」と言われてしまいました。私と会うまでは筋肉をつけるため、アスリートのような食生活(鶏ささみなどのたんぱく質の多いものをとる)をしていたのと、私が用意したベジタリアン食はたんぱく質が彼の体には不十分だったんだと思います。

そんなことがあったのと、(知ってる)魚があまりない(魚料理をそもそもあまり知らない・・・)ことも手伝って、肉食復活。私も玄米が手に入りにくいし、ベジタリアン食と肉食を2種類準備するめんどくささのため、元々の雑食生活に戻ったのでした。

それでも今のところは昔使っていたような香水にカムバック!とはなってません。そこは精油の素晴らしさを知ったから、ということになるのかな?軽い香水をつけるのは、夫の為と言ったところ。彼は精油の香りも好きだけど、長年の香水愛好者なので私にもつけてほしいんだそう。精油を使って香水をつくることもできるので、ここはめんどくさがらずに自作しよっ。

最近うちの補修にお金がかかって自分の香水が買えないかわいそうな夫。先日ジュネーブでこっそり買ってきました。クリスマスプレゼントとして。今は私のクローゼットに隠してます(笑)。

男性用の香水だとさらに苦手なものが多い私も、これなら大丈夫という香水でこのあたりだとジュネーブでしか見かけないので珍しいブランドなのかな?香水は瓶がお洒落なのでプレゼント向きだけど、好き嫌いがはっきりわかれる商品なので、お土産とか初めてのプレゼントにはしない方がいいでしょうね。

ところで、こちらのテレビで香水のコマーシャルをよく見かけますが、日本人からすると結構びっくりするくらいセクシャルな内容です。それこそ香水の目的のひとつなんでしょうが(笑)。香水のコマーシャルを見るたびに、「ああ~まさに肉食だわ~」とヨーロッパの肉食文化を感じます。

草食系の日本人男子がこれを見たらどう思うのかな?と思ってしまうのでした。


今日のおまけクリスマス:
ジュネーブの花屋さんの店先で見かけたクリスマス用キャンドルアレンジメント。黒や茶というシックなキャンドルもいいもんですね。




最後まで読んでくださってありがとうございます。
香りと食生活って関わりあるのかな?よくわかんないけど、えいっ!ってクリックしていただけると嬉しいです♪


2012-12-09

青い空と白い雪


今週末は寒さを除いてはいいお天気でした。
特に今日の日曜日はほぼ1日中気持ちよく晴れ渡って、雪景色がより美しく見えました。

うちの辺りからはモンブランが見えないのは残念ですが、ちらほら見える山々も私が知らないだけで、山好きな人たちにとってはきっと有名どころなんでしょうね。青い空、白い雲、白い山、白い大地の美しい風景です。


今日は初めて夫と一緒に近所を散歩しました。これまで家の改修作業で忙しく、散歩する気にもなれなかったようだけど、今日は早く作業を終えて、気持ちよく晴れ渡っていたので外に出てみたくなったようです。

このメスリーを一望できるポイントにて、「メスリーにこんなに家があるんだ!」と軽く驚いてたのがちょっと可笑しかったです。それくらい静かな村なもので(笑)。


雪が積もるといつもの風景が違って見えて、いつもは撮らないところを撮りたくなっちゃいます。

今週は雪は降らなそうですが、気温がますます低くなる予報のようで・・・。しばらくこの雪も残り、カチカチに硬くなって、転んでしまわないように皆さんお気をつけください。先日雪と全然関係ない時に散歩中転んで、大きな青あざ作ってしまった私からの足元注意報です!


おまけ・・・

先日行ったジュネーブで見かけたクリスマス風景を毎回1枚ずつご紹介します。(つまりたくさん撮っちゃったもので・・・笑)
今日のは旧市街中心にあるレストランのアーチ型入口がいい感じです。




最後まで読んでくださってありがとうございます。
青い空は全てを綺麗に見せるマジシャンのよう。かっこつけるんじゃないよー、ってクリックしていただけると嬉しいです♪


2012-12-07

冬のアート・祭り in ジュネーブ


昨日久しぶりにジュネーブに行ってきました。
いろんな目的はありましたが、一番は刺激を受けること。平和な村生活もいいけど、街好きな私には時々都会の喧騒が恋しくなります。


予想どおり町はクリスマスムードいっぱいでたくさんの買い物袋を抱えた人を多く見かけました。

いろんな目的のひとつの中に、光のアート探しというものがありました。
ジュネーブの冬の夜を光のアートで飾るというイベントのようで、今年は11月30日から明けて1月6日まで飾られています。昼間見てもあまり意味はないような気もしますが、野外アートって探す楽しみもあります。と言いながら11箇所中2箇所しか見つけられませんでしたが(苦笑)。


こちらは旧市街の中の教会(?)の前にいつもは見かけないものがあったのですぐわかりました。近づいてみると・・・


赤い小さめの灯油缶のように見える容器に足がはえた妙なモノたち。周りの雰囲気にちっとも合ってない感じが逆におもしろく感じました。


もう1箇所は去年もここにあったから今年もきっとあるだろうとヤマはって行ってみたら、やっぱりありました。紙飛行機が流れるようにつながった作品。でもこれは夜じゃないとおもしろくないですね。

もしかしてこのイベント、今回が最後になるかもしれないようで。お近くの方はぜひ夜に見に行ってみてください。
(こちらを参照→

別の目的としては、「マルミット」のチョコレートをウインドーショッピングすること。
これはジュネーブ最大のお祭り、「エスカラード」のシンボルのお鍋を模したチョコレート。昨年はパレードだけ見て、由来も何も知らず、もちろんこのお鍋の存在も全く知らなかったので見てみたかったんです。


ジュネーブを歩き回っていたらありとあらゆるチョコレート屋やお菓子屋で見かけました。生粋のジュネーブ人は自分たちの誇りの象徴のようなこのマルミットのチョコ鍋を毎年買うんでしょうかね~?それはともかく、この時期しか見られないものなので、実際に目にすることができてよかったです。
(エスカラードに関しては、以前の記事に説明載せてるのでよかったらみてください→

今年は今週末の日曜日がメインのパレードとなってます。


最後はレマン湖を横断する路線ボートに15分揺られ、夕焼けを堪能。
昨日は前日の雪も止み、寒かったものの久しぶりのいいお天気で足が痛くなるまで歩きまわれました。夜中にこむら返りになってしまうくらい足はくたびれてたけど、いい1日でした。


最後まで読んでくださってありがとうございます。 
イベントだらけのジュネーブで刺激は受けられた?、ってクリックしていただけると嬉しいです♪


2012-12-03

寒い日にはアロマバス


今日も引き続き雪。
昼過ぎからは断続的に降り、夜にはなぜか雨になりました。明日の朝は路面凍結するかも。

うちの庭の端に育っている木。葉っぱが散り落ちてから気がついたけど、ヤドリギに寄生されてるのかな?といった様子。ヤドリギの生態をよく知らないけど、浸食されて元々の木が倒れてしまったりしないといいのだけど。

うちのバスルームが工事中で使えない間どうしてるのかというと、実はもうひとつバスルームが2階にあるんです。ただパッと見使いにくそうなので初めは使ってなかったんですが、今の状況では仕方がない。

ただひとついいのはバスタブがあること。シャワーヘッドがどうにも使いにくかったのでそれだけ取り替えて使ってます。そして最近は寒いのでお風呂につかったりもします。その際せっかくなのでうちに宝の持ち腐れのように揃ってるエッセンシャルオイルをあれやこれやとその日の気分でブレンドして入れてます。


最近買いそろえた精油やキャリアオイル、フローラルウォーター


ブレンドする時は3種類ほどのオイルを使うんですが、最近気に入ったブレンドはサイプレススイートオレンジベルガモットの組み合わせ。オレンジとベルガモットは以前の記事にも書いたのでサイプレスをご紹介します。

サイプレス【学名:Cupressus sempervirens】
身体面:静脈を収縮させる作用があり、静脈瘤・痔・浮腫などに効く。足などのむくみにもよい。月経時の痛みや月経過多の解消、更年期症状のひとつであるホットフラッシュに効果がある。デオドラント作用があり、汗の出過ぎを抑える。
精神面:負担の大きい状況時などに心を落ち着かせ穏やかな気分にさせる。転職や引越などの人生における変化の時(近親者との死別などの辛い時期を含む)の助けになる。

身体面だけみると、夏向きな感じのオイルですが、引越などの変化があった私にはぴったりかな、と思い使ってみました。香りは木の香りがやや強く、好みは分かれると思いますが、さっぱりしていて私は好きです。お風呂じゃなくても足湯にとてもおすすめなオイルです。

*ちなみにこの3種とも禁忌はありませんが、ベルガモットオイルだけ光毒性があるので夜の使用なら大丈夫ですが、朝風呂には入れないでください。




最後まで読んでくださってありがとうございます。
アロマオイル、即効性はないけど、気分はよくなるよね。それって大事、ってクリックしていただけると嬉しいです♪


UA-68325954-1