2012-09-27

一難去ってまた一難のわが家


店のショーウィンドーのように秋めいてきました。
日の出が遅くなってきたこともあり、朝は特に寒く感じるので暖房必須。

こちらは電気を使うラジエーターでの暖房が基本。
もちろん新居にも元々ついていたので電源を入れると、ひとつが時々バーン!と音が鳴りドキッとするぐらい。

他にもシャワー横の洗面台があまりにも臭いので取り外すと、今度はシャワー室からの水漏れ発見。他にもキッチンの換気扇の取り付けが悪く突然落ちてきたり、、、。ひとつ解決しても次々と問題発生し、ついには夫がキレてしまったり。(一瞬だけでしたが)

思わず2人で、
「とんでもない家を買わされたんじゃないか、、、」
って話しこんでしまう始末。古い家だと承知で購入したものの、こうも欠陥だらけじゃまともに住めません。

夫は以前より通勤時間が長くなったので余計に疲れているし、私も昼間自分で何かできるわけじゃないし、問題だらけ状態に少し疲れてきているのは確か。

でも暮らし方って人によって受け止め方が全く違ってくるもの。
恐らくこの家の元オーナーはあまり細かいことは気にせず、というか気にならなかったんでしょう。

でも私たちはせっかくの持ち家なんだから、問題あるところはきちんと修繕して快適に暮らしたい、と考えるタイプ。特に夫はその「きちんと」のレベルがかなり高いので不満が多いと思います。

元々シャワーと洗面台は取り替えたいとは思ってたものの、こうも早くガタがくるとは。うちはミリオネアではないので、あれこれいっぺんに買い替えることはできないから予算的に厳しいのが本音。それでもこのまま水漏れをほっておくわけにもいかないので、早いうちに取り替えないといけなくなってしまいました。

ただこんな状況でも家を持てる、というのはジュネーブで働く人にとってかなりうらやましいことのようです。

ジュネーブは物価も土地も恐ろしく高くて、フランス側に持ち家する人が多いのですが、近年はジュネーブからますます離れていかないと見つけられないそうです。

うちの唯一いいところは立地。レマン湖畔でジュネーブからもそう遠くはないので余裕で通勤圏内。夫の職場の人からはかなり好条件だと思われているみたいです。あまり文句ばかり言わず、家が持てたことに感謝しないといけないのかもしれないですね。


昨日、運転免許の書き換え申請に行った時の待ち時間で入ったカフェでのコーヒータイム。
カフェオレってフランスではカフェオレボールに入って当たり前に出てくるものかと思ったら、温かいミルクを横につけるスタイルでやってきました。どこもこんな感じなのかな?



最後まで読んでくださってありがとうございます。
負けずにリフォームがんばって!ってクリックしていただけると嬉しいです♪


2012-09-21

ロマンチックな隣町 Nernier


引き続きいいお天気だったので、隣町まで散歩に行ってきました。

ここはお隣のご夫婦おすすめの町、Nernier(ネルニエ)。
私たちが住むMessery(メスリー)から東に行くと→Nernier→Yvoireと続いていて、NernierもYvoireのように古い街並みが残っていて、町の看板には「ロマンチックな町」と書かれていました。最初の写真にあるように湖畔のレストランはいい雰囲気でした。


町の路地も緑や花が飾られていてとてもきれいです。


さわやかないい天気だったのでまだテラス席でお茶しても大丈夫。



少し秋っぽい窓辺の花飾りが綺麗でした。


Nernierに向かう途中の並木道。たぶん個人宅に通じてそうだったので先に進むのはやめました。


こちらもNernierに向かう途中。午前中でしたが日差しが眩しいくらい気持ちよかったです。


「あたし、ボートに乗ってみたい!」
と思ったかどうかは知りませんが(笑)、この町の湖畔沿いは犬連れもOKだったのでよかったです。

Nernierまで行って帰って来るだけなら1時間弱、とちょうどかなちゃん散歩にいい距離。でももっと写真撮りたかったので、with or withoutかなちゃんでこれから何度も行きたいです。いや~いいとこ住んでるわー(笑)


最後まで読んでくださってありがとうございます。
Nernierいい感じな町だね、って感じた方もそうでない方もクリックしていただけると嬉しいです♪


2012-09-20

新居のある町 Messery


長らくごぶさたしておりました。
みなさま変わらずお元気ですか?

9月5日に引越し、6日に元のアパートの掃除&不動産業者との最終チェック、7日から11日までとあるところへお勉強(←また後日お話します)、その後は掃除、片づけ、掃除、改修作業、掃除。。。
改修作業はまだまだスタートしたばかり。ほぼ全て夫が行なってるのでそんなすぐには終了しませんが、自分たちの快適な住まい・わが家を作り上げるには仕方がないこと。私にできるのは、掃除・洗濯・料理、とごく限られたことだけど、それぞれの役割を果たし力を合わせてやっていくしかない!と未だ積み上げられたダンボールを見てため息つきつつ、自分に言い聞かせております。

ネット開通は思いのほかスムーズに進み、12日には使えるように。気持ちスピードもアップしてサクサクイケます。

ただ5日から12日の午前中まで電気のない生活を強いられまして、これは堪えました、、、
間の4日間ほどは留守にしてたので、賞味4日ぐらいですが、キツかったです(泣)

まだ家はぐちゃぐちゃなので、まずは新居のある町、Messery(メスリー)をご紹介します。
場所はこのブログ下の「場所」の「フランス メスリー」をクリックするとGoogleマップで確認できます。ご覧のとおりレマン湖のほとりのジュネーブからもほど近いところにあります。

最初の写真はどの町にもある役所"Mairie"。
フランス国旗の3色の意味(自由・平等・友愛)と入口に書かれてます。
ただこのmairie、月曜日以外は午前中のみオープンというなんとものんびりな役所。小さい町はこんなものらしいですが。


Mairieのすぐ隣の教会。これもどこでも見かける風景。毎時、時報のように鐘をならしてくれるので、それは有難い感じ(笑)


Mairieと教会の向かいにあるショッピング街(?)。
と言っても、この町にはパン屋2軒、小さなスーパー1軒、薬局1軒、美容院2軒、カフェ3軒、という、町というより村です。


Mairieに行く手前の街角。すごく好みではないけど、町の花飾りは結構きれいで気に入ってます。


これはどこにでもある風景じゃないレマン湖畔の風景。
少し歩くとすごくこじんまりとしてるけど、ビーチのような公園のような一角があります。犬は立ち入り禁止となってるので、残念ながらかなちゃんとは来れないけど、ベンチもいくつかあるので今の季節でも今日のようないい天気の昼間なら本読んだりしてくつろげそう。

写真から伝わるかどうかわかりませんが、全体的にのんびりした雰囲気。
数少ないカフェの前にはちょっと強面系のおじさん・お兄さんたちがたむろってはいるものの、その人たちもリラックスした様子。要は田舎なんです!笑

有名な観光地"Yvoire"(イヴォワール)もすぐ近くでよく観光バスが通り過ぎていくけど、Messeryも静かでいいとこですよー!

P.S. Messeryにもレストランありました。それも2軒!行く機会があったらまたご紹介しますね。


最後まで読んでくださってありがとうございます。
のんびりしに行きたい!と感じた方もそうでない方もクリックしていただけると嬉しいです♪


2012-09-03

次は新居から!



週末は、(古いけど)新居に行き、大掃除&不要な物の取り外しなど結構な作業をしてきて、ぐったり。

今朝はそれもあって起き上がれず。
ただそれだけじゃなくて今朝はかなり涼しく、布団から出たくなかったくらいだったんです。また週末あたりは暖かくなるようですが、着実に秋へと向かってるフランスです。

今の家にいるのも明日まで。
今日歩いて買い物に行った時、ボルテール城の前にいつもいる羊たちに「さよなら!」と言っておきました。まあ彼らが私を知る由もないけど、勝手にお気に入りだったので。

1年ちょっと住んだだけなので、ものすごく思い入れが強いわけではないけど、結婚式を挙げたmairie(市役所)があるので、記念の町ではあるわけで。

おそらく明日突然ぶちっとネットも止まってしまうことだろうし、新居でいつネットがつながるかはわからないので、(って同じこと前回にも書きましたね、汗)
今度こそしばらくお休みです。


夫が日本で撮った写真です。東京のとある庭園で。
動物写真は基本撮らないですが、結構いい瞬間に立ち合うみたい。私は立ち合っても、決定的瞬間を逃してしまうのですが。

お休み前に愛を感じる写真をみなさまに。



最後まで読んでくださってありがとうございます。
引越がんばってね~、ってクリックしていただけると嬉しいです♪


UA-68325954-1