2012-06-27

初めてのお呼ばれは、、、



週末の話ですが、夫の同僚宅へ初めてのお呼ばれでお邪魔してきました。
ジュネーブにほど近いのにとっても静かな「村」。同僚の方は以前この村の村長さんを務めたこともある地元の名士。そんな「名家」に言葉が出来ない私がついていってもいいものか、と申し訳ない気分だったけど、こちらは夫婦単位で出かけるのが普通なので、仕方ないのです。


夫もこちらに来るのは初めて。
教えてもらった住所にたどり着いても、番地が見つからず、彼に電話をかけると、大きな農家のおうちの向かいにある近代的なアパートからやって来た。教えてもらっていた住所宅はその大きな農家だけど、普段住んでいるのはもう少しコンパクトなアパートで食事をいただくのもそちらでとのこと。

まずアパートでアペリティフをいただいて、ベランダから素敵な風景を眺めていると、同僚の方いわく、見えてるおうちはほとんど彼の一族。「いとこ、兄弟、姉妹、、、」という単語が次々と並んでた。ここでは有名な一族なんだろうな、と全く異次元の世界をのぞかせてもらった。


食事をスタートする前に近所を少し散歩しよう、ということになり、その大きな農家の一部を拝見。
花飾りのある窓辺が外観の一部で、ランプのあるコーナーは玄関の一部。中は「昔の農家の生活」展示がしてあるミュージアムのよう!今でも使えるし、生活もできるようだけど、アンティークや高価そうなものばかりで私には恐れ多くて住めそうにない。


庭にはロバもいて、いったいどこまでが庭なの?!という広さ。庭を周るだけでいいお散歩になりました。

そしてここからようやくディナー。
お邪魔する前に夫から彼の人となりやプライベートのこともちらっと聞いていたので、私たちがデザートだけ用意すればいいと聞かされた時は、「料理って誰が準備するんだろう?」と疑問だった。

彼は少し前にかなり歳の離れた若い奥さんと別れて今は独り。でもまだその奥さんのことが忘れられない状態らしい。会話の途中でも彼女のことを話す時は、未だに「私の妻」と言っていた。

でも食事に関しては何も心配する必要はなかったみたい。彼自身が全て作ってました!


こちらが前菜。何だと思います?
リンゴとシェーブル(ヤギ)チーズのオーブン焼き。こんな組み合わせ考えたこともないです!タイムなどのハーブやアーモンドスライスが効いて、とても美味しかったです。


こちらはメインのスズキのホイル蒸し。こちらもペッパーやハーブがいい感じで、ホイル蒸しなのでさっぱり。でも何よりも美味しかったのは、右上にちらっと見えるリゾット。エシャロットやニンニクたっぷりの中に隠し味のような感じでポルトワイン入れてました。そういう発想全くないです!ホントはもっと食べたかったけど、アペリティフ、前菜で結構お腹が膨れてきてたので少ししか食べれませんでした(泣)


もうメインでお腹ははち切れそうでデザートにたどり着けない!って思ってたら、何とその前にチーズ。。。これはかなりキツかった、、、。手前の2種類がフランス、奥がスイスのチーズ。でも出されたからには手をつけないと、ということで全種類少しずついただきました。空腹状態ならもっと美味しくいただけたと思います、すみません。。。

そしてデザート。(デザートの写真は以前の投稿をご参考に→
もう絶対食べれない!って思ってたら、あら意外、小さいポーションにしてもらったのでペロッといけちゃいました(笑) 割とさっぱり系のケーキだったからかな。これからもこういったムース系のケーキを選ぶことにしよう!

お呼ばれで私が言葉より心配していたのは、最後まで食べたり飲んだりできるか、ということ。量が半端じゃないし、だけど、食べないと失礼にあたる。って私には結構拷問のような、、、。でもワインをあまり飲まないようにしたら、全部に手をつけることができました。まあ何とか合格点でしょうか?

この日、彼のお宅に着いたのが午後6時。そしておいとましたのが午前0時過ぎ。
そして、次の日曜日、私たちが起きたのは正午でした、、、。


最後まで読んでくださってありがとうございます。
お呼ばれお疲れ様。美味しい料理食べれてよかったね、ってクリックしていただけると嬉しいです♪


2012-06-25

1年経ちましたフランス生活



昨日でフランスに来て1年経ちました。
あっという間だったような、そうでもないような、でもいろいろあった1年。

1年目はまず生活に慣れることが第一だったので、そのあたりはクリアできたと思うけど、自分の努力不足で語学はまったく伸びなかった。2年目はそこを何とかしないとね。

まだいろいろ変化がありそうだけど、じっくり腰をおろして今後を見通しながら生活ができそうなので、もっともっと生活を楽しんでいきたいです!


「フランス生活」といいつつ、スイスを行き来する生活はこれからも変わらないだろうけど、これもヨーロッパならでは。あれこれ発見の日々は続きます。

写真はお呼ばれ先(スイス)の近所。ジュネーブからすぐなのに車の音もほとんど聞こえない平和な村。
「たまに行くならこんな村」に認定!(笑)


最後まで読んでくださってありがとうございます。
2年目はもう少しフランス語話せるようにならなきゃね!ってクリックしていただけると嬉しいです♪


2012-06-23

ハイクオリティーなパティスリー "Sebastien Brocard"


今週末は“超”いい天気でスタートしました。
汗ばむほどでもなくさわやかで晴天なので、日陰に長くいると涼しいくらい。これぞヨーロッパの夏です。どうもこちらの夏は6月21日からスタートするようで、夏のスタートを祝うミュージックフェスティバルがあちこちで開かれているそうです。

私たちはそういったイベントには参加せず、今日土曜日は夫の職場の同僚宅にお呼ばれしているのでそちらへ出かけてきます。同僚といってもかなり年上の方で一度だけお会いしたことはあるのですが、フランス語しかできないようなので私が直接話しかけることはできないけど、かなりの名家の出身の方で、私にとってはさながら「スイスの名家拝見!」です。

そんな時は日本と同じく何か手土産を持参した方がよいようで、夫が彼に「デザートを持っていく」と約束したので、午前中に近くの街のパティスリーに買いに行ってきました。


ここがかなりモダンな内装のお店。マカロンやショートケーキ、チョコレートなどのデザート系からパンも少々ありました。どちらかと言えばここは田舎町なので、こんな素敵なパティスリーがあったとは意外!(失礼、)

パティシエの方はいろいろ受賞歴もあるようで、その道では有名な方なのかな?


こちらがお店の入口


手土産とは別にひとつだけケーキ買っちゃいました(苦笑)
"Bisou Bisou"(キス キス)と名付けられたかわいいデザインのケーキは甘酸っぱいアプリコットジャムが入った夏向けのさっぱりした味。日本人好みの甘すぎない味でとっても美味しかったです。(って行く前から食べるな、って?)


こちらが手土産で持参するケーキ。マカロンをデコレーションに使ってて見た目もいいし、味もスッキリ系な感じだったので選んでみました。味はまたの機会にご報告します。

この店のサイトをみたら、ジュネーブとディボンヌにも店舗があるようで、お近くの方は是非お試しください。
ではこれからお呼ばれ先に出かけてきます。

Sebastien Brocard
9 Bis, Rue de Lyon
01630 St. Genis Pouilly, France
Tel: +33 (0)4 50 20 99 04
http://www.brocard-patissier.com/home_new2.php


最後まで読んでくださってありがとうございます。
お呼ばれ先で食べすぎちゃダメよ、ってクリックしていただけると嬉しいです♪


2012-06-22

Long time no see! ~久々の再会~


ちょっとごぶさたしちゃいました。
月曜日の夜に日本から友人が遊びに来てくれて、久々の再会を大いに楽しんでおりました。

彼女に前回会ったのは、おそらく5年以上前。
日本では彼女は東京、私は名古屋だったのでなかなか会えず。
元々、イギリスの語学学校で知り合った友人で私より少し年下だけど、外国で知り合うと歳の差は全く関係なく、日本人同士でも簡単にファーストネームで呼び合え、彼女のさっぱりした性格もあり、久しぶりにあってもそれほど空白の時間を感じることなく接することができるいい関係(と私は思ってる)。

イタリア旅行に行く前にわざわざ立ち寄ってくれたのに、私が未だに車の運転をしてないものだからバスでジュネーブに行くだけになってしまったけど、「平和で緊張することのないいい街じゃん!」とさらっと言ってくれた。あまりいい天気ではなかったけど、初スイスを楽しんでもらえたようでよかった。

ちなみに最初の写真はジュネーブの観光スポットともいえる国連本部の入口。いつもバスからトラムに乗り換えるポイントで幾度となく見たけど、実際入口まで近づいたのは私にとっても初めてだった。2人の感想は、「ふ~ん、、、」。そんなもんです(笑)


ジュネーブは旧市街、大聖堂、レマン湖沿いを歩き、ランチしたり、お茶したり、と場所がジュネーブだっただけで、日本で会うのと変わらない自然な感じ。彼女も言ってたとおり、ジュネーブが平和な街だから余計に気楽にいられたのかも。

到着した月曜日は長旅で疲れてるだろうから、うちでディナーをしたけど、火曜日はうちの近くのレストランに3人で行った。私たちがバレンタインデーで利用した"Le Physalis"。(ご参考に→

彼女はとても面白い子で、仕事の関係でパリにもよく来るので、話すことはできないけど多少のフランス語を知ってるし、英語もできるので、夫とも直接会話ができ、彼も楽しそうだった。そしてレストランでの時間はあっという間に過ぎたのでした。


前回このレストランに来た時にはなぜか教えてもらわなかったお店の名前の意味。
"Le Physalis"は日本語で「ほおずき」だそう。デザートの上にのっている黄色い実がそのほおずき。チョコとナッツがかかっていたので、実の酸味が際立った感じであまり美味しいとは感じなかったけど、よく見たら店のあちこちに飾ってあった。


月曜日、ジュネーブに着く前のフランクフルトでパスポートコントロールが大混雑で乗り換え便がひとつ遅れてしまった彼女。

水曜日は、早朝ローマに飛び、そこからまた乗り継ぎ予定だった。
「今回は2時間あるし、大丈夫だよね?」
「ローマの空港はフランクフルトほど大きくないから大丈夫だよ!」
と話しながら、別れ際は少し泣きそうになったのを抑えながら見えなくなるまで見送りした私たち。

1日ちょっとだったけど、本当に楽しかった。わざわざ立ち寄ってくれて本当にありがとう!

と、ここでおしまいのはずが、彼女の後日談で立ち寄ってもらったことが申し訳ない気分に。

なんと、ジュネーブ-ローマ間のeasyjet(格安航空会社)便がなかなか搭乗とならず、しばらくするとアナウンスで、

「遅れて申し訳ございません。只今キャプテンが行方不明で代わりを探しています。今しばらくお待ちください。」とのこと。

って、、、ありえんでしょ!?

そして40分遅れで離陸した便はローマには無事に着いたものの、荷物の受け取りでトラブル発生。そのせいで予約していた乗り継ぎ便には乗れず、4時間後の便を正規の価格で購入しなければならなかった、とのこと、、、。

イタリアよ~、、、やってくれるわ!ってイタリアのせいというより、格安航空に乗るリスクかもしれないけどさっ!

でも今頃はイタリアのリゾートで別の友人と合流し楽しんでることでしょう。残りの滞在を楽しんでね~!帰りこそはなんのトラブルもなしに無事に日本に帰れますように!!!


最後まで読んでくださってありがとうございます。
お友達に会えてよかったね!ってクリックしていただけると嬉しいです♪


2012-06-17

パーフェクトな週末


とってもいいお天気続きで夏の陽気。
今週末は特にパーフェクトじゃないでしょうか?お出かけ予定の方々はいいお時間を過ごされたことでしょう。

うちは特にどこへ行くこともなく、夫は庭の草刈りや洗車をしたり。息子ちゃんはパパのお手伝い。
私はその間、かなちゃんの散歩に行ったり、洗濯したり。ごくごく普通の生活。のんびりしてました。

このように暑くなってくると、庭やバルコニーで食事やお茶をする人が多くなってきます。
うちも夕飯以外は外でいただきました。(写真撮ればよかった!)
外で食事をすると、鳥のさえずりもより聞こえ、非日常的な気分満載。いつもと同じものを食べても、より美味しく感じられ贅沢な気分になります。

この天気がせめて火曜日まで続いてくれるといいんだけど。

というのは、日本から友人が訪ねてきてくれるんです!
イタリア旅行の前にわざわざ立ち寄ってくれるので、少しでもいい思い出になるようにね、お願いしますよ、おてんとさま!

まずは明日、彼女が来る前に最後の掃除をしないと!


あたしもlizのお友達に会うの楽しみ♪ワォ~ン!


最後まで読んでくださってありがとうございます。
お友達が来てくれるなんて良かったね!ってクリックしていただけると嬉しいです♪


2012-06-13

雨の朝にラベンダーとクロワッサン



最近天気悪いです。
そして少し気温も低め。
それに合わせてか、月一でやってくる頭痛もあり、少しパソコンから離れてました。

こんな肌寒い中でもラベンダーが咲いてるんですね。
街のある一角にラベンダーが植えられていて、いい香りが漂っていました。

この写真を撮った日は朝からパン屋に歩いて行った日。
「曇ってるけど大丈夫だよね」、と傘も持たずに出かけたら途中からパラパラ。
「まあこのままパラパラだけだよね」、と歩き続けるとどんどん強くなる一方。
でもその時にはパン屋の方が近いし、家に帰っても食べるものないし、で仕方なく歩き続け、結構なずぶ濡れに。そんな状態で撮ったラベンダー。

そんなちょっとがんばった私に、バゲットだけじゃなく、クロワッサンも買ってしまいました(笑)


パン屋を出ると、さっきまで降ってた雨が急に止んで、パンをどうやって濡らさないように持って帰るかと考えてたのに、その必要がなくなりました。こちらはバゲットなどの長いパンを全て覆う紙袋は存在しないので、いつも頭が出てる状態。それを抱えてうちに帰る風景ってフランスっぽいイメージ。

でも雨降るとみなさんどうしてるんだろう?
雨上がりの帰り道の疑問でした。

往復40分強歩いたおかげでおいしい朝ごはんがいただけました。朝ごはん前の運動もたまにはいいか!


最後まで読んでくださってありがとうございます。
ずぶ濡れになってかわいそうね、ってクリックしていただけると嬉しいです♪


2012-06-10

シャトー・ド・ヴォルテール"Chateau de Voltaire"でフランス語ツアー



5月末の話ですが、ベニスから帰ってきた次の日がフランス語クラスの最終日。
そして、その最終日は学校全体でわが町の観光の目玉(?)、ヴォルテール城"Chateau de Voltaire"をフランス語ガイドで城の概要を理解するという、超初心者の私には無謀な企画。

まあそれでも普段はお金のかかる場内のガイドツアーに参加できるというのは、きっとこれが最初で最後のような気がしたし、最後だし、ということで参加しました。当日は快晴でした。


こちらがお城の入口。
以前にも、「私の住む町、フェルネー・ヴォルテール」で外観はご紹介しましたが、その時は門の外から撮影したので、こんな近くで見たのはもちろん初めて。直近でベニスのものすごい建築物を見てきてたので、大した感動はありませんでしたが、、、。


ガイドツアーといっても、1階部分の各部屋を見るのみ。城のあちこちで改修作業が行なわれていたので、2階部分も見られる状態ではないのかも。こちらはヴォルテールさんの書斎。


こちらはヴォルテールさんが使用したんだろう机


こちらはちょっとおまけですが、おそらく改修中でお遊びで作った城全体の模型のようなものなんでしょうが、香ばしいにおいがしました。それもそのはず、木くずのように見えるのはすべてコーンフレーク!


庭はトピアリーガーデンになっている部分もあり、少しだけスノッブな雰囲気もありました。夏の間は庭は一般に開放されるようなので、のんびりしに来るのもいいかも。

肝心のガイドツアーですが、城に入る前の説明を聞いてる際に引率してくれたセンセイたちが、ガイドの人に、「子供向けに話すような感じでお願い!」と頼んだそう。子供向けだろうがなかろうが、私には理解できなかっただろうけど、、、。

私が理解できたのは、
  • ヴォルテールは生涯独身だったが、男の子を養子に迎えた。
  • 彼はとても金持ちだった。
  • 同じく哲学者で思想家のルソーとは仲が悪かった。
と、この程度。ガイドのお姉さんはもっともっと説明してくれたのに!でもレベルが上のクラスの人たちはほぼ理解できた模様。

こんなんで学校終わっていいのか?と思うけど、これからは私のやる気次第。はてさて、いつになったらフランス語話せるようになるのやら。。。

(シャトー・ド・ヴォルテールの情報はこちらをご参照ください→  )



最後まで読んでくださってありがとうございます。
ひとりでもフランス語の勉強しなきゃダメ!ってクリックしていただけると嬉しいです♪


2012-06-05

Roland Garros”ローラン・ギャロス”でテレビにかじりつき

ベニス旅行記の途中ですが、、、

只今、テニスの全仏オープン(Roland Garros)の真っ最中、というかもう終盤にさしかかってるところで、初めてまともにテレビ観戦できる日々を満喫中♪この全仏がグランドスラムの中で最も華やかな印象があると感じるのは私だけかしら?

日本で一時期WOWOWに加入していた時はまずまず観戦できたけど、ヨーロッパの試合は深夜になるので仕事してない時でもなかなか生では見られない。ここでは当然現地時間で主だった試合は最後まで見れるのでかなり興奮しております(笑)

今日は男子準々決勝でお気に入りのロジャー・フェデラーが出るということで、それまでに用事を済ませテレビの前へ。

2セットダウンした時は、かなり相手に圧倒されてたので「ヤバい!」感じでしたが、なんとか辛勝。
 
今日のロジャー (大会サイトより)


もうひとつの準々決勝は現在世界ランキングNo1のジョコビッチ。
彼のファンの方には申し訳ないですが、彼がおもしろいいいお兄ちゃんだというのも理解してますが、私は嫌い。なので普段は彼の試合は見ないのですが、今日はおもしろい試合展開だったので見ることに。

長年テニス観戦してると、先週のウエアやラケットのメーカーなど自然に覚えちゃうのですが、今日ジョコのウエアを見ると、なんかいつもと感じが違う。

「彼はイタリアのセルジオ・タッキーニを着てたはずなのにロゴが違うな~、、、んでもってどこか見覚えのあるロゴ、、、?」

アップになった時によく見ると、それは「ユニクロ」。

「ええ~~、ナンバー1がユニクロ~~~!?」

これまでは日本人選手ナンバー1の錦織くんだけだったのに。でも何だか嬉しい気持ちに。

 ユニクロのサイトより
(柳井さんちょっと緊張ぎみ?)


ユニクロのサイトを見ると、彼と5年間の「グローバルブランドアンバサダー契約」を結んだとのこと。(記事はこちらで参照ください→

残念ながら錦織くんは怪我がちなので、今大会も欠場してるし、成長してるけど露出度的にはまだまだだけに、ジョコビッチが着るとなれば宣伝効果はものすごいものになるでしょうね。ユニクロの世界戦略はまだまだ続く、ってところでしょうか。

ただし、次の準決勝はロジャーとジョコビッチとなったので、いつもどおりロジャーの応援をさせていただきます。(といってもジョコが勝つだろうけど、、、)

私:「ね~かなちゃん、どっちが勝つと思う?」


かなちゃん:「あたしはボール遊びができればいいんだもん!」

私:「・・・」


最後まで読んでくださってありがとうございます。
聞く相手間違ってるよ、ってクリックしていただけると嬉しいです♪


UA-68325954-1