2012-04-27

暖かなジュネーブ散歩~4月末~


最近うちの近くでも見かける藤の花。
ここはジュネーブのおそらく高級住宅街にある、とある家。何だかエレガントな雰囲気ですね。


今日は特に目的があったわけじゃないけど、昼前からジュネーブに出かけてきました。
ようやく20℃越えした街は新緑の青々した葉の色やカラフルな花々、そしてだんだん増えてきた旅行客でにぎわっていて、散歩するのにちょうど心地よい午後でした。


こちらはツツジなのかな?ちょっと小ぶりだけど、鮮やかな赤とピンク。
(ツツジだと仮定してですが)日本の花のイメージが強いけど、ヨーロッパの街並みにもなじむ花なんですね。


ジュネーブの旧市街でスズメが水浴びしてました。
結構近づいて撮ったので私も少し水かぶっちゃったけど、水しぶき、見えますか?


散歩のシメはマックカフェのイチゴフラッペ。(奥はモカフラッペ)
半袖でもいれるし、その上にジャケットを着ても大丈夫なとても過ごしやすい日でしたが、温かい飲み物よりちょっと冷たいものが欲しくなる、そんな感じ。2日前なら絶対なかった選択肢。ようやくいい季節になってきたかな。お天気は周期的に変わるようなので、晴れの日は有効に。

みなさんよい週末を!



最後まで読んでくださってありがとうございます。
ブログランキングに参加してます。クリックしていただけると嬉しいです♪


2012-04-25

ジュエリーのようなパティスリー in アヌシー

アヌシー続きになりますが・・・

先日訪れた時はショッピングがメインだったのですが、結局食べてばかりの1日に。。。
まあそんなもんです、私たち(苦笑)

お茶休憩したパティスリー兼カフェがよかったのでご紹介します。
ショッピングストリートの一角にあり、通り過ぎてしまいそうな小さな入口ですが、店先のショーケースの中の美味しそうなスイーツに思わず足が停まりました。


美しいスイーツ達です♥ジュエリーのようにも見えちゃうくらい。
足を停めたが最後でした・・・。


 お店の看板。こちらを目当てにどうぞ。
一見購入のみのお店にも見えますが、"salon de the"(サロン・ド・テ=喫茶)の看板があり、
お茶と一緒にスイーツをいただくことができます。


店内はこんな感じ。
すっきりとしたモダンな内装で私好みです。


こちらがいただいたマカロン。どうも見た感じマカロンが”売り”のようだったし、
粉ものが食べられない夫もマカロンならOKなので、6個も注文。
プラリネやピスタチオ、カフェ、シトロン・・・後は忘れちゃいました(汗)


実はそれほどマカロンは好きではないので、どうこう感想を述べられる立場ではないですが、酸味のあるシトロンとカフェ以外は美味しかったです。酸味のあるケーキやタルトはいいけど、マカロンではどうもダメでした。まあこれは人それぞれの好みなので。

こちらのお店のサイトが見つからなかったので、紹介されたサイト(フランス語)にパティシエの写真が載ってたのでリンク貼っておきます。(こちら→
おとなしそうで感じのいいパティシエさんがお茶出しまで全部やってて、それも好感度高かったです。


Rémi Driot pâtisserie
2 rue de la poste 74 000 Annecy
Tel: +33 (0)4 50 45 56 18


最後まで読んでくださってありがとうございます。
ブログランキングに参加してます。クリックしていただけると嬉しいです♪


2012-04-23

アヌシーでブルターニュ体験


日本の感覚からすると、桜が散り終わったらだいぶ暖かくなり、天候も割と安定して過ごしやすい日々が続く4月、という印象ですが、ヨーロッパはそうはいかない模様。

'96年にイギリスにいた時もそうでしたが、1日に全部の天気があり、時には雹(ひょう)が降ることも。安定してくるのは5月からだそうで、4月はガマンの月ってとこでしょうか?


写真はイースターの時に行ったアヌシー。(イースターの話はこちらです→
この時はまだ暖かかったです。アヌシーはカメラを向けたくなるところが多く、いつも言ってますが大好きな街。


観光地なので、ちょっとランチタイムからずれていても多くの店がランチ営業してます。
この日行ったのは、なぜかブルターニュ(北フランス)名物のクレープ屋さん。クレープと言っても、甘いものだけじゃなく、おかずになる(塩味)そば粉を使用したガレットもあり、ランチには最適。最近は日本でもガレットが食べられるお店が増えてきてますね。


そしてもう一つのブルターニュ名物はりんごのお酒”シードル”。
このシードルはグラスじゃなく、写真のようなカップに入れて飲むのが伝統的なようです。それだけ気軽に飲まれてる証拠ですかね?味もすっきりしていて、あまりお酒に強くない私でも飲みやすいアルコール飲料です。

アヌシーでブルターニュ料理というのも変な感じでしたが、私が食べたのはガレットではなく、オート・サヴォアのローカルチーズ("reblochon"ルブルション)が入ったサラダ。


中ほどに見える白いのがそのルブルション。クセがなく食べやすいチーズですが、かなりの高カロリーのようなので、食べすぎにはご注意。


最後まで読んでくださってありがとうございます。
ブログランキングに参加してます。クリックしていただけると嬉しいです♪


2012-04-22

ハリウッド俳優もフランスに来ると・・・

まだまだ全くといっていいくらいフランス語を理解してない私ですが、テレビは毎日見てます。
ニュース番組がほとんどで、いつもうるさく夫に「今何の話?」と聞き、時々嫌がられます(泣)

フランスでももちろんハリウッド俳優をはじめ、英語圏の有名人は話題になるのですが、そのフランス語読みが結構笑える!どうしても英語読みに慣れている私の耳には不思議に聞こえてきちゃいます。もちろん、日本語の発音もよっぽど変だと思うことも多いけど、フランス語の響きがまだまだ新鮮な私には「お笑い」感覚で楽しめるひと時なんです。

その中でも印象に残っている例をご紹介します。
(日本語表記 / 英語表記 / 私の耳にはこう聞こえるフランス語発音をカタカナ表記、の順で紹介)


いつまでたってもかっこいいジョージ・クルーニー。こんな彼もフランス語だと・・・

ジョージ・クルーニー / George Clooney / ジョルジュ・クルーネー

”ジョルジュ”はいいけど、クルーネーって。。ちょっと吉本風にずっこけちゃう瞬間。


古いけどジョージ・クルーニーの映画ではこれが好き

スリー・キングス 特別版 [DVD]
ワーナー・ホーム・ビデオ (2000-10-13)
売り上げランキング: 59,983


同じく元ビートルズのポール・マッカートニーも”ポール・マッカートネー”となっちゃいます。


こちらの俳優さんご存知ですか?
イギリス人俳優で「トランスポーター」シリーズで人気になった、ジェイソン・ステイサム。頭はさみしいことになってるけど、セクシーさも持ち合わせたかっこいい俳優さん。そんな彼も・・・

ジェイソン・ステイサム / Jason Statham / ジェイゾン・スタータム

クールな雰囲気が吹っ飛んでしまう瞬間です・・・。フランス語は"H"を発音しないので、英語のような"th"の発音がなく、日本人にはある意味、そこだけは発音しやすいけど、英語の発音に慣れてると違和感たっぷりです。

トランスポーターもいいけど、ジェイソン・ステイサムならこっちの方が好き


スナッチ (1枚組) [DVD]
スナッチ (1枚組) [DVD]
posted with amazlet at 15.10.05
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2011-02-23)
売り上げランキング: 23,834


ちょっと歳とってから、なぜか小泉元首相に似てると言われた、リチャード・ギア。
最近では熱心な仏教徒としても有名ですが、彼の場合・・・

リチャード・ギア / Richard Gere / リシャール・ジェル

もうこうなると赤の他人って感じ。最初は誰のことか全くわかりませんでした。リチャードをリシャールと発音するのは知ってたけど、ギアがジェルって。彼もフランス語発音されたら自分の名前ってわからなかったりして!?

こんな感じのリチャード・ギアもいいですよ

運命の女 特別篇 [DVD]
運命の女 特別篇 [DVD]
posted with amazlet at 15.10.05
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2003-06-19)
売り上げランキング: 65,933


こちらは本名じゃなく映画の役名ですが、みなさんご存知「ハリー・ポッター」。
さきほど、フランス語では"H"を発音しない、と言ったので想像できるかとは思いますが・・・

ハリー・ポッター / Harry Potter / アリー・ポテー

わかっちゃいるけど、、、って気分。ちなみにハリーの友達のかしこい女の子役”ハーマイオニー”は、

ハーマイオニー / Hermione / エルミオン

ポスター見て、この子!と指さしてもらわなきゃ誰のことだか想像できません。


ハリー・ポッターの中では第3話が一番好きです

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人 [DVD]
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント (2014-07-16)
売り上げランキング: 8,375


フランス語読みのことばかり言いましたが、英語も都合よく英語読みに変えること多々あり。
その一例がこちら。


フランスの現大統領、ニコラ・サルコジ。ちょうど今日4月22日は大統領選挙の第1回投票日です。
ちょっと今回彼は劣勢なようですが、そんな彼は英語圏のニュースだとこう呼ばれちゃうことが多い。

ニコラ・サルコジ / Nicolas Sarcozy(英語・フランス語同表記)/ ニコラス・サルコジ(英語読み)

歌手の奥様、カーラ・ブルーニとはなんだかんだ続いてるね〜

Little French Songs
Little French Songs
posted with amazlet at 15.10.05
Carla Bruni
Verve (2013-04-16)
売り上げランキング: 142,912



こうやって見ると、日本語はがんばってその国の読み方に近づけようという努力が見られるけど、英語圏やフランス語圏って自分たちの言語愛が強い印象。どちらがいいかわかりませんが、それぞれのお国の文化なので「郷にいれば、郷に従え」かな。さて、いつになったらフランス語発音の英語名に慣れるのやら・・・?



最後まで読んでくださってありがとうございます。
ブログランキングに参加してます。クリックしていただけると嬉しいです♪


2012-04-21

ベルギーな夜

昨夜は思いがけずのベルギーナイトでした。

夕飯前に買い物に行き、冷凍のムール貝を見つけ、付け合わせのフライドポテトも冷凍食品。夕飯前に買い物、だなんてこうなることが初めから半分わかってたような結果。。。

でも出来上がりはなかなかいい感じに!


ムール貝は冷凍食品なので、既に殻は取られた状態。なので写真だとクラムチャウダーのように見えちゃいますが、れっきとしたベルギー名物「ムール貝のワイン蒸し」です。

袋には”レンジで5分”と表記されてましたが、フライドポテトができ上がるまでに時間があったので、弱火にかけたフライパンでじっくり温めました。(ちょっとは手をかけた感じ?)

これに白ワインを合わせると、これがまた美味しい!(フランスワインでしたが・・・)
でも本来は、ベルギービールを合わせるのがベルギー流。


実は滅多にない、それもベルギービールがうちにもあったのですが、ベルギーナイトが突然決まったもんだから冷蔵庫に入れてなくて・・・。このビールが息子ちゃんのママ(=夫の元妻)からもらったものだから、避けたなんてことは決してありません!ベルギー・ナミュール産の白ビールなんて珍しいもの、あげると言われたら断る理由はないでしょう(笑)

普段うちにビールがないのは、ビールにはグルテンが含まれているから。(夫がグルテン不耐症のため) そうじゃなくても彼は元々ビールが好きじゃないらしい。さあ、このビール、一体いつ飲むことになるのやら?(未だに冷蔵庫に入ってません!)


この可憐できれいな白いチューリップ。
今週体調を崩して元気がなかった私に、と私が好きなチューリップを買ってくれました。
スーパーで一緒に買い物してる時に物色してたからすぐにわかったけど、その優しい気持ちが
とても嬉しかったです。

でもチューリップって、オランダですね~。ベルギーづくしではなかったけど、心温まる金曜の夜でした。


最後まで読んでくださってありがとうございます。
ブログランキングに参加してます。クリックしていただけると嬉しいです♪


2012-04-20

女心と4月の空


散歩に行きたいと思っても変わりやすいこのところの天候。そしてまだ暖房が必要な肌寒さ。まあ4月はこんなもんでしょう。

体調崩しやすい時期ですが、みなさんご自愛ください。(という自分がバテてたけど。)
日本はもうすっかり暖かくて大丈夫そうですかね?


今日は午前中からいいお天気だったので、昨日行けなかった罪滅ぼしにかなちゃんとお散歩。
この前までまったく葉っぱがなかったのに、今では新緑が眩しい。


なんてことはない風景だけど、時々大草原の小さな家を彷彿させるところ。


ライトブルーの雨戸が映える建物。学校なのかな?前に学生さんらしき若者たちがドッと出てくるのを見たけど。


最近発見した可憐な黄色い花。うちの庭の隅に2輪だけ咲いてます。


お日様をいっぱい浴びた1時間のお散歩で大喜びのかなちゃん。(よだれ出てるよ~!)

  
でもうちに着くと疲れたのか、ゴテ~ンと日光浴。


私:「かなちゃん、疲れたの?眠いの?」

かなちゃん:「ん?好きにさせて!」

2歳のギャルは変わりやすい春の空のよう・・・。



最後まで読んでくださってありがとうございます。
ブログランキングに参加してます。クリックしていただけると嬉しいです♪


2012-04-16

パン屋でフランス語

先日パンを買いに行ったパン屋で、夫に見事つき放されました。笑
「自分が食べるパンなんだから自分で買え」と。(こんなキツイ言い方じゃないけどね)

まあ、そろそろパン買うぐらいのフランス語はできるだろう、と実地テストなわけです。



隣町のパン屋


横に彼もいたけど、ちょっと緊張しながら、"Une campaillette, s'il vous plait."と頼むと、聞き返されることもなく、私の注文したパンを袋に入れてくれ、"1.10 euros."と。

実はこの値段ははっきり聞き取れなかったけど、価格表があったのでわかったのでした。数字は苦手です。。一応欲しいものは買えたので、合格できました。

ちなみに"campaillette"はバゲットのように長いけど少し幅があるパンです。


ストラスブールで見かけたパン屋


フランス語はご存知の方も多いと思いますが、男性名詞と女性名詞があるので、それに付く冠詞も変化させる必要があって、これが外国人の私には覚えられない。イタリア語のように、"o"で終われば男性名詞、"a"で終われば女性名詞という規則性がない(涙)

"campaillette"は女性名詞なので"une campaillette"(カンパイエット1個)となり、クロワッサンなら男性名詞なので、"un croissant"(クロワッサン1個)と同じパンでも種類が違うと変わってくる始末。


シャンベリーで見かけたパン屋


まあ文句言う暇があったら勉強しろ、ということ?
旅行に行ってて4回分クラスを休んじゃったから、もともとついて行けてなかったのに、さらに置いてけぼり状態なので、遅れを取り戻さないと。



パン屋さんのフランス語
パン屋さんのフランス語
posted with amazlet at 15.10.27
酒巻 洋子
三修社
売り上げランキング: 229,941




最後まで読んでくださってありがとうございます。
毎日のように行くパン屋だから上達も早いかも?クリックしていただけると嬉しいです♪


2012-04-15

ジュネーブ旧市街のカフェバー "22 grand' rue"

この頃肌寒い。
3月のポカポカ陽気はどこへやらで、最高気温も10℃越えるか越えないか。
まあこれがヨーロッパの春。でもせめて雨が止んでほしいな。

少し天気のよかった金曜日にジュネーブへ行ってきました。
今週は息子ちゃんがイースター休みで1週間うちにいるので、気軽にひとりで出かけられるのは最後と思って。ひとりと言っても、昼からは夫と合流。先週は火 曜日から普通に仕事に行ってたけど、同僚の多くは休みで職場も休みモードが漂っていて、金曜日は午後から半休を取ったとのこと。(彼も休みモード?)

ランチをしたお店がとてもよかったのでご紹介します。

 

店内入ってすぐのカウンターコーナー。
夜にはいい雰囲気になりそう。


春らしいサラダ。
ビネガーが効いたドレッシングが美味しかった。
後ろにある"Valser"という水は
スイスの有名なスパークリングウォーターだそう。


今日のランチ"Plat du Jour"を注文。
鱈(たら)と細かくしたチョリソ(スペインのソーセージ)のグリルと
オリーブオイルで味付けしたマッシュポテト。
見た目よりあっさりして美味しかったです。


こちらが今週のランチメニュー表。
金曜日"vendredi"のメニューをいただいたわけです。

夫によるとウェイターのお兄さんはジョークのきいた感じのよい応対で好感が持てたとのこと。
うう、、その会話を理解するにはまだ相当の時間がかかりそうですが、お店のオシャレ度合いからみて、夜のお店という雰囲気なので、人と人の出会いの場を演出するキャラなのかも。

22 Grand' Rue
Grand-Rue 22, 
1204 Genève, Switzerland
Tel:  +41 (0)22 311 22 07
http://www.plusone.ch/bars-geneva/22-grandrue/


この後、いつものカフェでブラウニー食べちゃいました。
ショーケースの目の前に座ってたのがいけなかった。。。でも美味しかった~♪




最後まで読んでくださってありがとうございます。
ブログランキングに参加してます。クリックしていただけると嬉しいです♪


UA-68325954-1