2012-01-29

デザイン街灯のある街 -サン・プレ"Saint-Prex"-

少し前、こちらのブログで看板の写真を撮るのが好きと話しましたが、先日訪れたスイスの「サン・プレ"Saint-Prex"」で、おもしろい被写体を発見。

デザイン街灯とでも呼んだらいいのかな?以下がその写真です。





歩きまわってもそれほど時間のかからない街中に数々のデザイン街灯。昔、街灯コンテストでもあったのかな?街並みもかわいかったけど、街灯もおもしろいです。


ランキングに参加しています。「読んだよ!」のしるしにクリックお願いします。 

1日1クリックがカウントされてランキングに反映します。
人気ブログランキングへ


2012-01-28

メルヴェイユ -謝肉祭(カーニバル)の揚げ菓子-


先日スーパーで買い物をしていると、夫が「これこれ、前に話したスイスのお菓子だよ!」と嬉しそうにカートに2つもその「お菓子」を入れた。

それがこちらの「メルヴェイユ」。
謝肉祭=カーニバル”の時期のスイスの揚げ菓子だそう。(フランスにも地方により違う名前で同様の揚げ菓子があるようです。)

表側はスイスのメイン言語のドイツ語表記
Merveillesがフランス語
「素晴らしいもの」の意味

小麦粉、バター、卵を混ぜた生地を油で揚げ、砂糖をまぶしたお菓子。

箱の中に薄いメルヴェイユが6枚入ってます
横から見たメルヴェイユ

サクサクしていてとても軽い食感なので1,2枚はペロッと食べれちゃうけど、カロリーは高そう・・・。

とはいえ、時期のものをいただくのは楽しい。ただし、食べる時に手や口が砂糖まみれになるので、気心の知れた人とお楽しみください。


ランキングに参加しています。「読んだよ!」のしるしにクリックお願いします。 
1日1クリックがカウントされてランキングに反映します。
人気ブログランキングへ


2012-01-25

甘くないフランス語



一向に上達しない私のフランス語。

それなのに月曜日は頭痛で起き上がれず、がんばって行っても余計に頭が痛くなりそうだったので休んだ。

親切なクラスメイトが授業内容と宿題をメールしてくれたけど、私のフランス語じゃそんなの無理って感じの宿題。好きな映画をひとつ取り上げて、監督や俳優などの情報やあらすじを簡潔にまとめ、自分の感想を述べる、って英語でも結構大変なのに・・・。

私は映画は大好きで前はよく映画館にも行ってたけど、こちらに来てからは言語の問題もありまだ行ってない。なので新作はわからないけど、好きな映画は選びきれないほどある。

フランス映画の方がいいかなと思って、「アメリ」が浮かんだけど、あらすじって??

アメリ [DVD]
アメリ [DVD]
posted with amazlet at 15.10.05
パンド (2002-08-02)
売り上げランキング: 5,366

大好きな映画だけど、ストーリーをまとめられなかったので、結局選んだのは、何度も観てるお気に入りのラブストーリー"Before Sunrise"(邦題は「恋人までの距離(ディスタンス)」)。

ビフォア・サンライズ 恋人までの距離 [DVD]
ワーナー・ホーム・ビデオ (2010-04-21)
売り上げランキング: 2,889


1995年の映画だからもうかなり昔だけど、ほぼ主役の2人だけのシンプルなストーリー。ウィーンには行ったことないけど、街の美しさもロマンティック度を上げてます。若いうちにしかできない恋物語だけど、甘酸っぱい気分になります。

で、肝心の宿題は、Google Translateを使いながら、こちらもなるべくシンプルにして、わからないところは夫に聞き、何とか仕上げました。フランス語の勉強後はいつもぐったり。甘いもの消費が増えてきたのはフランス語のせい?


ランキングに参加しています。「読んだよ!」のしるしにクリックお願いします。 
1日1クリックがカウントされてランキングに反映します。
人気ブログランキングへ


2012-01-22

レマン湖畔のかわいい村-スイス、サン・プレ"Saint-Prex"-

雨の予報に反して、今日の日曜日はまずまずの天気。

レマン湖畔の撮影をしたいという夫のリクエストで、モルジュ"Morges"」付近の撮影&散歩に出かけた。

今日は気温が10℃前後で暖かく、散歩している人がかなりたくさん。天気もどんどん良くなり、サングラスが必要なくらい眩しくなってきて、撮影どころじゃなくなってきたので、帰り際に私が気に入りそうな村に立ち寄ってくれた。

それがサン・プレ"Saint-Prex"というレマン湖畔の村。歩いてもあっという間に周れる小さな村だけど、昔ながらの雰囲気を残したかわいらしい街並み。冬の日曜日ということで余計に静かで、タイムスリップしたような雰囲気すら感じました。

村の中心にある時計台

時計台下にあるチーズ屋さん

この下の写真、よく見てください。真ん中にある細いはしごのような物、何かわかりますか?
これ、ネコ用のはしごで2階の窓に容易に行けるようになってるんです。


 どこも昔の映画やドラマの撮影にすぐ使えそうな感じの建物ばかり。




少し歩けばすぐにレマン湖につき当たります。特に家族で散歩している人を多く見かけました。


特に観光地化されている感じでもないので、夏でもゴミゴミしないのかも。路地裏はどこもいい雰囲気だし、レマン湖沿いの散歩も静かに気持ちよく楽しめるかわいい村です。



ランキングに参加しています。「読んだよ!」のしるしにクリックお願いします。

1日1クリックがカウントされてランキングに反映します。
人気ブログランキングへ


2012-01-21

アートな店看板 at あちこち

昨日に引き続き、アートな看板写真をいくつか。


スイスのロール(Rolle)にあるアートギャラリーの看板



同じくロールにあるパン屋さんの看板
Boulangerieの"A"がはずれてるけど、クロワッサンのモチーフがかわいい。



中世の町ペルージュ(Perouges)で見つけた・・・何屋さんだろ?


これからも行く先々でアートな看板を発見したら撮影していきたいと思います。


ランキングに参加しています。「読んだよ!」のしるしにクリックお願いします。 
1日1クリックがカウントされてランキングに反映します。
人気ブログランキングへ


2012-01-20

アートな店看板 in ジュネーブ

私の好きな被写体のひとつ、お店の看板の写真をいくつか。
全てジュネーブの旧市街で見つけたものです。

洋服屋さん

ギャラリー兼本屋

パン屋

ギャラリー

看板に魅かれる理由は看板自体のデザインもそうですが、周りにある鉄(アイアン)のデザイン。
硬い鉄が丸みを帯びると、とたんに洗練された雰囲気になるなと感じます。アイアンアートはヨーロッパの歴史ある街並みにぴったり!


ランキングに参加しています。「読んだよ!」のしるしにクリックお願いします。
1日1クリックがカウントされてランキングに反映します。

人気ブログランキングへ


2012-01-19

ベルギー料理~チコリのソテー~

私のブログのプロフィールに

”日本・ベルギー・フランス・スイスのごちゃまぜ生活”

と書いておきながら、ベルギーの話題は一度だけ。日本ほど遠くはないけど、しょっちゅう訪れることもできない。夫から聞くベルギー話は同じフランス語でも言葉や表現が少し違うことぐらい。

そんな中、先日初めてと言ってもいいくらいベルギーらしい食事を夫が用意してくれたのでご紹介。下の写真にある「チコリ」を使った料理です。


「チコリのソテー、シュレッドチーズ添え」とでも命名すればいいのかな?
作り方はいたってシンプル。
  1. 3人分でチコリ8~10個を水洗いし、半分か4分の1にスライス。
  2. オリーブオイル(適量)をフライパンで温め、そこにスライスしたチコリを入れる。
  3. チコリの表面に焦げ目がついてきたら少し水を足して蓋をして約10分程蒸し煮。
  4. くたーっとした状態になったら出来上がり。塩・こしょうをお好みでふりかけます。
お好みでシュレッドチーズをかけ、これに茹でたじゃがいもと塩・こしょうだけで味付けした豚肉のソテーを添えます。豚肉を添えるのがベルギーでは一般的らしいけど、うちは夫が好きじゃないのでターキーにしましたが、鶏肉でも何でもいいです。お好みで。

味は大人の味です。息子ちゃん(14歳)は苦い、と言って食べませんでした。
私は独特の苦みが逆に気に入りました。今までは生でサラダとしてしか食べたことがなかったので、新鮮でした。フランスではグラタンにすることもあるけど、どちらかといえば生でサラダとして食べることの方が多いとのこと。

ベルギーではシコンと呼ばれるチコリ。(フランスではアンディーブと言います。)
日本ではまだ珍しい野菜かもしれませんが、秋から冬にかけての季節野菜なので見かけたら一度お試しください。


ランキングに参加しています。「読んだよ!」のしるしにクリックお願いします。
1日1クリックがカウントされてランキングに反映します。
人気ブログランキングへ


2012-01-17

ジュネーブのカモメとかもめ食堂

先日ジュネーブに行った時、ちょっとおもしろい光景に出会った。


レマン湖沿いにはいつもカモメがたくさんいるけど、結構な数でこんなきれいに整列しているのは初めて見た。私が写真を撮り終わると、私の後ろにも何人かカメラを向けている人がいた。面白く感じたのは私だけじゃなかったみたい。

もう1枚、自分の指定席のように居座るカモメ。


このカモメちゃん、しばらくビクともせず。他のカモメに指定席を取られたくないかのよう。

カモメたちを見ていたら、急に思い出したのが、2006年3月に公開された邦画「かもめ食堂」。
フィンランドのヘルシンキを舞台に、個性的な3人の日本人女性が交流する、特に何かが盛り上がることのない“日常生活”がゆったりしたペースで描かれた作品。

まず映画館で鑑賞し、大いにハマってDVDも購入。何度も見たけどなぜか飽きない。特に日本で忙しい日常を送っていて、ヘルシンキののんびりしたペースがうらやましく感じられたのかもしれない。

それと映画に登場する小道具や料理。かもめ食堂で使われている食器など、シンプルで使い心地がよさそうでどれも憧れた。料理も日本人が日常食べるメニューだけど、どれも美味しそう。

日本にいた頃は、映画に登場する“シナモンロール”に魅かれ、スタバなどでよく食べていた。

でも今はやっぱり”おにぎり”。
「おにぎりは日本のソウルフードなんです。」と主人公のサチエさんが言ったセリフが今とても身にしみる。

かもめ食堂 [DVD]
かもめ食堂 [DVD]
posted with amazlet at 15.10.05
バップ (2006-09-27)
売り上げランキング: 1,643



ランキングに参加しています。「読んだよ!」のしるしにクリックお願いします。
1日1クリックがカウントされてランキングに反映します。
人気ブログランキングへ


2012-01-15

らくらく雪山歩き -サレーブ山"Mont Saleve"-


天候に恵まれた今週末。
今日15日、日本では伯母のお葬式がとり行われている。
気持ちは日本に向かっていたが、寂しそうな顔をしていると家族が心配するので、こちらでの家族生活を楽しむことにした。

昨日購入したばかりのスノーブーツを履いて、山へ出かけた。
最初は近くのスキー場に行こうとしたけど、駐車場に車をとめることができず、反対側の山へ行くことに。

スイスを横切って、またフランス側に入ったすぐのサレーブ"Saleve"という町にケーブルカーがあり、それを利用して登山。5分もかからないうちに山の上に到着。

北側にはレマン湖、南側にはモンブランが望める頂上。今日は特に天気がよく、360度見渡すことができた。

まぶしい光を浴びた木

レマン湖をのぞむ北側の風景

モンブラン(中央)もくっきり


雪が大好きなかなちゃん

問題なくケーブルカーに犬も乗ることができるところがこのあたりのいい点。なので山頂には犬がたくさんいました。車で山頂に行くこともできるけど、ケーブルカーだとあっという間に登れるし、ウォーキングもできるので(ちょっと疲れたけど・・・)車酔いしやすい人にはおススメ。

ちなみにここはスキー場ではなく、散歩を楽しむところ。パラグライダーの出発地点でもあります。
新しいスノーブーツも問題なく、これからは雪が降っても散歩に出かけられそう。

サレーブ山"Mont Saleve"(フランス語)
http://www.tourismesuisse.com/leman/information/nature/montagne/f_b_1_0_1550-Mont-Saleve-France.html


ランキングに参加しています。「読んだよ!」のしるしにクリックお願いします。 
1日1クリックがカウントされてランキングに反映します。
人気ブログランキングへ


2012-01-13

別れは突然に -海外生活の不都合-

今朝、珍しく日本に住む弟からメールが。

「M伯母ちゃんが今日亡くなりました。お母さんは帰って来なくていいと言ってるけど、弔電だけ送ってほしいそうです。葬式は15日です。では元気でね。」

M伯母ちゃんは私が物心ついた頃から、ずっと入退院を繰り返し、いつも病気がちだったので、ある程度予想はしていたものの、こういったことは海外で生活することの不都合のひとつだと改めて感じた。

お葬式が15日。航空券を探しても、日本に到着できるのは15日の夜。間違いなく間に合わない。思わず、親の死に目にも会えないこともあり得るのかと考えてしまった。うちの両親2人とも70歳手前で常備薬など飲んだりはしているけど、今のところいたって健康。でも事故はいつ起こるかわからないから覚悟しなきゃいけないのかな、とも感じた。

M伯母ちゃんは母親の姉で、昔からわりと近くに住んでいてよく遊びに行っていた。母親が仕事をしていたので、私たち兄弟は小さい頃の夏休みなどの長い休みの時は毎日伯母ちゃんのうちに預けられていた。伯母ちゃん夫婦には子供がいなかったので、私たちを自分の子供のように可愛がってくれた。

でも成長するとだんだん足が遠のき、年始にお邪魔するぐらい。最近はそれもなくなり、最後に会ったのは数年前。いつも私のことを気にかけてくれてたのに申し訳ない思いでいっぱい。そして今回はお葬式にも参列できない。

そんな私ができることは、自分で選択した人生を楽しみ、幸せに暮らすこと。

M伯母ちゃん、心配しなくていいよ。私、大好きな人と楽しく幸せに暮らしてるから。
どうぞ天国で大好きなG伯父さん(M伯母ちゃんの夫)と穏やかな時間を過ごしてね。




ランキングに参加しています。「読んだよ!」のしるしにクリックお願いします。
1日1クリックがカウントされてランキングに反映します。
人気ブログランキングへ


2012-01-11

フランスでのお買い物

今日からフランスでは冬のバーゲンセール"Soldes"(ソルド)がスタート!とテレビのニュースでも取り上げられていました。(こちらを参照→冬のソルド開幕

私も週末に近くのショッピングセンターに行く予定にしてるけど、駐車場に車をとめることができるのかが気になるところ。入店できても店舗で商品をまともに見ることができるのかも微妙。

常々日本ほど物事がスムーズに進む国はないと感じています。
対してこちらフランスは買い物ひとつでも時間がかかる。

例えばスーパーマーケットでの買い物。
まとめ買いをする人が多いからというのもあるけど、レジはいつも長蛇の列。スーパーに行く時間帯、お店の規模にもよるけど、まさに運次第。

欧米のレジは自分で商品をかごやカートから出してレジのベルトコンベアーのような場所に並べ、レジの店員さんがスキャンした商品をまた自分でその場で袋詰め(もしくはかごやカートに入れなおす)作業をするので、要領の悪い人だとかなり待たされる。

こちらでは野菜や果物はばら売りされていることが多いので、自分が欲しいだけ袋に詰めて近くのはかりに載せ、モニターから自分の選んだ商品の写真を選ぶと、自動的に計量され、バーコードの付いた値段ラベルが出てくるのでそれを袋に貼り付けなくちゃならない。

それをし忘れる人がたまにいる。実は私も一度だけやらかしたことがあるけど、これはかなり迷惑をかけることになる。店員さんばかりが悪いわけじゃない。

他には、こちらのスーパーではリュックサックのような大きなかばんや他の店で買い物した手さげ袋を店内に持ち込むのは禁止。万引き予防が理由らしい。なので入口のカウンターでそれらを預けなくちゃならない。これを引き取りに行くのも結構な時間がかかるので、大きいかばんで行かないことと、他の買い物後にスーパーには行かないように心がけている。

こちらで知り合った日本人のお友達も言っていたけど、日本では「お客様は神様です」精神にあふれてるけど、こちらではそんな考えは全くないと覚えておいた方がいい。

あと夫がいつもするので私もするようになったことが、買い物後のレシートチェック。余分にレジ打ちされてることがたまにある。ちなみにレジ打ちされてない時もあるのでこれはラッキーとそそくさと帰る日もあり。悪いことばかりでもない。

スーパーのBio(オーガニック)商品コーナー
どこのスーパーでも割と品数は多い

最後に今までスーパーでびっくりしたこと
  • 店内でスズメが飛び回ってた。
  • 商品を購入する前に食べる客が結構いる。(後にレジ打ちしてもらえばOKらしい)
  • 客が商品を破損して店内が汚れててもずっとそのまま。
  • カートをド真ん中に置きっぱなしのまま友達との会話に夢中な客。(これは日本でもアリ?)


ランキングに参加しています。「読んだよ!」のしるしにクリックお願いします。 

1日1クリックがカウントされてランキングに反映します。 
人気ブログランキングへ


2012-01-10

日本の「誉れ」

やりましたね、澤さん!

昨日のニュースで、私が大好きなFCバルセロナ所属のリオネル・メッシがFIFAのバロンドールを受賞したと聞いた瞬間、女子は誰?と思い、早速検索。予想どおりではあったけど、改めてうれしく、そして誇らしいです。

メッシと2ショット(FIFAサイトより)

受賞前にメッシと握手(FIFAサイトより)

澤さんのお名前は穂希(ほまれ)。
名前どおり、日本の「誉れ」(=名誉)ですね。そして着物もよく似合う。こういった世界中が注目する舞台で、着物は映えますね。
ぜひ今年のロンドンオリンピックでもメダル取ってほしい!

ちなみに”うちの”メッシも3年連続バロンドール受賞なんて快挙を成し遂げ、こちらもバルサの誉れです。まだ24歳なんです彼。ずっとバルサにいてね~。



ランキングに参加しています。「読んだよ!」のしるしにクリックお願いします。
1日1クリックがカウントされてランキングに反映します。

人気ブログランキングへ


UA-68325954-1