2012-11-08

焼き栗"marrons grillés"の季節


久しぶりに都会(まち)の風景を。

昨日の午後、久しぶりにジュネーブに行きまして。
もう街はクリスマス一色かな?と思いきや、そうでもなく。でも高級デパート"Globus"のショーウインドーはクリスマスデコレーションになってました。クリスマスのコンセプトは«Noël à la française»だそうで。フランスっぽいですかね?


それよりも私が何よりも嬉しかったのは、この↑焼き栗の屋台。おじさんに写真撮らせて、とお願いしたのにブレてしまってごめんなさい!(ある意味いい感じかも?)でも美味しかったですよー。


ジュネーブの繁華街にあるこの屋台の近くはそれはそれは焼き栗のいい香りがして素通りはきびしいです(笑)。さて今年は何回ここに通えるだろ?

このマグカップかわいい、、、


今週は家の改修作業で休みをとっている夫だけど、昨日の夕方のプレゼンテーションだけは自ら行なわなくてはいけないということでジュネーブに行ったわけです。

その間、久々の街をぶらぶらしながらも午後6時半ともなると暗いわ寒いわで、帰りのバス亭近くのスタバで暖をとることに。ってしっかりスコーン頼んでるし(苦笑)!

ただコーヒーはショートを頼んだはずなのに、レシートを見るとトールとなってるし。
「なんでかな、、、」と思ってると、近くのテーブルには日本人女性とフレンチネイティブの2人組。
日本でもよく見かけた、カフェでの語学クラスといった雰囲気。もちろん何を話してるかはわからないけど、一生懸命な女の子が素敵にみえました。がんばってる姿は美しい!です。



最後まで読んでくださってありがとうございます。
お前もがんばれよ(笑)、ってクリックしていただけると嬉しいです♪

0 件のコメント:

コメントを投稿


UA-68325954-1