2012-11-18

静寂に包まれた日曜日


今日のレマン湖。
先日の快晴の日()とは一転して、どんより曇り空な情景。どこまでが湖なのかもはっきりしませんが、こちらの方が好みの人も中にいるでしょうね。(←それはうちの夫。)


週末の午後、特に日曜日はお散歩している人をどこでも結構みかけます。もちろんこのような曇天の日でも犬がいなくても、そして雨が降ってても。少しでも外の空気を吸う方がいいですからね。


うちの町の小さな食材屋さんの素朴なクリスマスデコレーション。
ここメスリーでクリスマスらしいところは今のところこの店のみ。日本の方がきっとずっとステキでしょうが、人口2000人ちょっとの村なんでお許しを。

このお店、まだ勇気がなく入ったことはないんですが、エディアールの紅茶やKusmi Tea、雑貨類、そしてワインまで、と細々した女性受けしそうな品揃えなんですよね。そのうち覗いてみたいと思います。

それにしても今日のお散歩時、車どおりがない時は住宅地を通っても全く音のない、まさに「シーーン」という瞬間が何度かありました。静かな晩秋、いや初冬の日曜日でした。



最後まで読んでくださってありがとうございます。
写真からもひとけがなく、シーンとした雰囲気伝わるよ、ってクリックしていただけると嬉しいです♪

2 件のコメント:

  1. こんばんは。
    今日も寒かったですねぇ。
    食材屋さん、かわいいですねー。♪
    品揃えもお洒落っぽいんだろうなぁ。

    本当にここ周辺の日曜日は静かですよね。
    冬は特にそう感じます。
    平日でも、イギリスは店の音楽が通りまで聞こえてきていたけど、フランスは音楽をかけているところが少ないような気がします。
    文化の違いでしょうか。

    返信削除
    返信
    1. ジュンさん、こんばんは♪

      町の食材屋さん、外からチラッと見る限りではなかなかいい感じです。でも店主も買い物客も見かけたことがないので、未だに入る勇気がわかないんです。

      ジュンさんに言われて気付きました。(遅すぎ?)そういえばフランスのお店って音楽かかってないですね。いつも静かだなと思ってました。イギリスや日本もたいてい音楽かかってますもんね。日本の家電量販店のような妙なテーマ曲がかかってるくらいならナシの方がいいですね(笑)。

      削除


UA-68325954-1