2012-10-30

フランス菓子いろいろ

暑い間はあまり食べたいと思わなかった甘いもの。
食欲の秋とともに甘味への欲求が増してきました。

最近食べて気に入ったお菓子たち。


Tartelette aux pommes、リンゴのタルト。
お店にはフランボワ―ズの小ぶりなタルトもあったけど、季節ものだしと思ってこちらに。
酸味がかなりあったけど、リンゴ系のお菓子は大概なんでも好き。思ったよりボリュームがあったけど、ペロッといけました(笑)。


Paris-Brest、少し前には日本でもよく見かけたパリ・ブレスト。調べてみたらこちらのお菓子は結構な歴史があるようです。1891年にスタートしたパリとブレスト(ブルターニュ地方の都市)間の自転車レース開催にちなんで作られたお菓子だそう。シュー皮の形を車輪に見立てて、中にプラリネクリームをはさんだもの。食べにくい印象があったけど、シュー皮もクリームも硬すぎず柔らかすぎずのほどよい硬さでナイフが入れやすかったです。もちろん味は見たままの美味しさ。


こちらはフランスのカフェやレストランでよくあるメニュー、"Cafe gourmand"。
コーヒーか紅茶に小ぶりなお菓子が数種類ついたセットメニュー。これで5ユーロだったかな?

左側のお菓子名は忘れちゃったけど、スポンジの間にカスタードクリームが入ったもの。
真ん中は"Fran"と呼ばれる焼きプリンのようなお菓子。
右側はガトーショコラ、とお店の人は言ったけど、要はブラウニーでした。(同じか?)

いろいろ少しずつ食べたい日本人向けのメニューだと思うので、ぜひお試しあれ!



最後まで読んでくださってありがとうございます。
スイーツ食べてる時って笑顔になるよね~。そう思った方もそうでもない方もクリックしていただけると嬉しいです♪

0 件のコメント:

コメントを投稿


UA-68325954-1