2012-02-22

フレンチサービスとアメリカンバー

話が少し戻りますが、先週の土曜日。

年始に注文していたソファーが完成したとの連絡。デリバリーに必要な車もこの日借りられるとのことで、Annemasse(アンマス/アンヌマス)にある"Fly"という家具屋へ。L字型のソファーで色やL字の向きをうち好みで注文生産という形でオーダーし、完成は2月末と聞いていたから、「意外と早いじゃん!」とちょっと驚いた。

こちらでは家具のデリバリーを頼むとかなり送料がかかるので、自分で持ち帰るか乗らないような大型家具なら、この店のように車を格安で貸してくれる。

Annemasseはフランスの街だけど、うちから行くと一旦スイスを横切ってまたフランスに入るというルートを通るしかない。でもフランス国内の買い物なので、税金などの問題はないから税関で面倒なことはナシ。ところが、例えばうちからも近いスイスにあるIKEAで同じようなソファーが欲しいと思っても、原則購入はできないんです。フランス住民がスイスで買い物できる限度額というものがあるようで。(こちらをご参照ください→

お店に着いて、トラック代を含めた支払いを済ませ、車に商品を載せて、係りの人が車の傷などのチェックをして、出発。

この流れ、ごく普通に感じますよね。でも私は結構感動してたんです。
「"Confo●ama"と全然違う~。フランスにもちゃんとできる店はあるんだ!」って。

少しご説明しますと、去年のクリスマス時期に息子ちゃん用のベットをその"Confo●ama"で注文したんです。お店の人によると、「年明け早々には入荷します。トラックも○ユーロでお安く貸し出せます。」とのことだったので、デザインもよく、何より安いということで購入することに。

ところが、約束の年始は連絡はなし。まあクリスマスに年始とお休みモードの時期だからもう少し待ってみようと低姿勢に構えてたのが大間違い。次の週に確認の電話をすると、「4~6週間はかかります。」との返事。年始に入荷って言ってたやん!と叫ぼうが、店側は同じ返答。その後もいっこうに連絡が来ないので、そろそろかと電話をしても、「店側ではわかりません。生産している工場から連絡が行くはずです。」と今度は責任転嫁。結局、年始に新しいベットで寝られるはずだった息子ちゃんが初めて寝たのは、2月8日だった。ちなみに貸し出してくれたトラックはなんのチェックもされずタバコ臭かった。

とまあ、こんないきさつがあったので、Flyの対応に感激してしまったのだ。もちろんソファーもステキだし、トラックの予定貸し出し時間より早く返却したら、過剰分を返金してくれた。

どちらもチェーン店なので、どこの店舗でも同じようなサービスかどうかはわかりません。 Confo●amaでもよいサービスをする店舗があるかもしれませんが、この一件以来よい印象はもてないので、今後こちらでお世話になることはないでしょう。

話は変わって、Flyに行く時、予定より少し早く到着してしまったので(フランスでよくありますが、お昼12時から14時までクローズするお店が多いです。このFlyもそう。)、時間つぶしに近くでお茶でもしようと見つけたお店がおもしろかったのでご紹介します。

"No Limit"という名のレストラン。

アメリカンな外観

中に入っても、ミラーボールっぽいライトやバイク、バイクのウエアなどが飾ってあり、「フランスだよね、ここ?」と夫と2人で確認しあったぐらい(笑)ちょうどランチタイムでお店は大盛況でした。

インテリアもアメリカンなイメージ

朝が遅かったので、お腹がすいてなく、飲み物だけ頼んだので、バーコーナーでいただきました。

暖かい日だったのでシュエップスレモン

お店のバーコーナー

フランス人って結構アメリカ好きな人多いと聞きますが、ここのオーナーはきっとそうでしょうね。
今度は食事もしてみたいです。

No Limit 
1 Rue Chantemerle  74100 Ville-la-Grand, France
Tel: +33(0)4 50 92 40 92
http://www.restaurant-nolimit.com/accueil.htm




最後まで読んでくださってありがとうございます。
ブログランキングに参加してます。クリックしていただけると嬉しいです♪



0 件のコメント:

コメントを投稿


UA-68325954-1