2012-02-15

フランス式バレンタインデー

昨日はバレンタインでした。


フランスでは他の欧米諸国と同様、恋人たちや夫婦2人で楽しむ日のようです。
プレゼント交換というのもアリみたいですが、どちらかと言えば男性から贈るパターンが多い、と夫に言われたので、私はプレゼントを用意しなかった。

でも何か美味しいものでも作ろう、と考えていたら、仕事から帰って来た夫はキッチンに用意していた食材をしまいだした。

「今日は何も作らなくていいから。」

少し前にレストランを予約していたらしい。何も知らなかった私は彼が帰って来る少し前にちょっとお菓子をつまんでた。(内緒!)やっぱりつまみ食いはいけないってことね・・・。

訪れたレストランは隣町にある"Le Physalis"。
行くのは初めてだけど、フランス語クラスの宿題でここのメニューから好きな料理を選ぶというのがあって、行ってみたいと思ってたところ。

この日はバレンタイン特別メニューのみで、前菜(1皿or2皿)、メイン、デザートのコース。
(メニューはこちら→http://www.lephysalis-prevessin.fr/content/pop/popup1/menu-marche.html


フランボワ―ズ入りのカクテル


前菜は1皿だけ注文。
サーモンとレマン湖のお魚をタルタルにしたマリネ。2種類のタルタルでハート型になってるのわかります?


メインも魚にして、ホッキョクイワナ(フランス語:omble chevalier)のグリルとマッシュポテト、温野菜添えをいただきました。ムース状のソースはさっぱり甘めで美味しかった。野菜がたっぷり添えられていたのもうれしかった。
chevalier

ワインは夫が詳しいので任せっぱなし。
南フランスのシャルドネ白ワイン"2010 Domaine Montrose Chardonnay"。
さっぱり辛口ワインでした。ごめんなさい、私ワインに詳しくないので語れないです・・・。



デザートは上が夫の頼んだピスタチオのマカロン。下が私のフォンダンショコラ。
もう見たままです。美味しいかったです!


帰り際には、女性にバラ1輪のプレゼント。
そんなに大きくない店内でしたが、ほぼ満席でもちろんカップルばかり。(男3、女3の6人というグループもあったけど)特にがんばってオシャレしてる人たちばかりでなく、いたって普通。カップルのお付き合い歴にもよるんだろうけど、バレンタインにレストランに行くというのが浸透していることなのかもしれないとも感じた。


Le Physalis

70 Rue Chapeaurouge 01280 Prevessin
Tel: +33(0)4 50 40 46 12
http://www.lephysalis-prevessin.fr/


ランキングに参加しています。「読んだよ!」のしるしにクリックお願いします。
1日1クリックがカウントされてランキングに反映します。
人気ブログランキングへ

2 件のコメント:

  1. いいなぁ・・・素敵すぐる・・・・
    お写真がもう・・素敵すぎて
    泣けてきます・・・涙

    返信削除
    返信
    1. ханямаさん

      ハイ!今回は素直に幸せでした。

      でもこのディナーのおかげで今月の暮らしがキツくなりそうなんですけどね・・・苦笑

      削除


UA-68325954-1