2012-01-06

1月のスイーツ -ガレット・デ・ロワ"Galette des Rois"-

フランスでは、1月6日にガレット・デ・ロワと呼ばれるお菓子を食べる習慣があります。
年末か1月になると、パン屋さんやスーパーなどでこのお菓子が店先に並びます。

ガレット・デ・ロワ

日本でもフランス系のパン屋さんで最近見かけるようになって、名前は聞いたことがあったけど、どういった理由で食べるのかは知らなかったので調べてみた。

1月6日はキリスト教の暦で「エピファニー(公現祭)」と呼ばれる祭日。(祝日ではない)
イエス・キリストの誕生を祝いに東方の3賢人(王様とも言われる)がベツレヘムを訪れた日、つまりキリストが初めて人間の前に現れたとされる日。

参考サイト:「ブルゴーニュの日々」

パン屋のショーケースに並ぶ
ガレット・デ・ロワ

フランス人はそれほど信心深いわけじゃないけど、こういった伝統は大好き。

ガレット(galette)は円形のお菓子、ロワ(roi)は王様の意。このお菓子を食べる楽しみは中に入っている「フェーヴ(そら豆の意)」と呼ばれる飾りをあてること。昔は乾燥したそら豆を入れていたらしいけど、現在は陶器が金属製の飾りをフェーヴとして使用するそう。そしてあたったら、王様(女王様)になり、紙製の王冠(最初の写真にある王冠)をかぶることができる特典付き。

うちは家族3人でいただいた。4つに切り分けたガレット・デ・ロワを1ピースずつ、各自のお皿にのせ食べ始めると、、、あれ・・・?私のピースの中にフェーブが!王冠もゲットして女王様に。
新年早々幸先のよいスタートがきれました。

南国少女柄のフェーブ


ランキングに参加しています。「読んだよ!」のしるしにクリックお願いします。 
1日1クリックがカウントされてランキングに反映します。 
人気ブログランキングへ

0 件のコメント:

コメントを投稿


UA-68325954-1