2011-12-14

アロマでかぜ対策

とうとう私にも出番がやってきちゃいました。
風邪・・・

最初は息子ちゃん。
もう数週間前から咳や鼻水症状。まだ鼻声だけど、週2回のプールにも学校にもちゃんと行く。若いっていうことかな?

次に夫。
職場で風邪が流行ってて、それに乗り遅れることなくもらってきました。
熱こそ出なかったものの、喉の痛みと鼻水、鼻づまり。今は多少の咳と鼻水。

彼らの症状が悪い時から、2人用にアロマオイルを焚いたり、枕元にオイルをつけたティッシュを添えたりして、予防線を張っておいたつもりなのに、隙を狙って私にも。昨日から喉が痛い。

幸い熱はないけど、今朝は身体がだるく、申し訳ないけど朝は寝てました。今の時点では良好に向かってます。

さて今回使ったオイルは

レモン 【学名:Citrus limon】 抗菌作用・免疫力アップ。今回は芳香浴用。
ユーカリ 【学名:Eucalyptus radiata】 呼吸器系の問題によい。今回は枕元用。
ティートリー 【学名:Melaleuca alternifolia】 抗菌作用。今回は芳香浴用。
ペパーミント 【学名:Mentha piperita】 呼吸器系・消化器系の問題によい。今回は芳香浴用。
ラベンダー 【学名:Lavandula angustifolia】 困ったときのラベンダーと言えるぐらいどんな
状況にも使える。今回は枕元用。



左からティートリー、ペパーミント、レモン




アロマオイルはもちろん即効性はなく、万能でもないけど、香りがあるだけで気分が落ち着き、安らぐもの。 今回、なぜか夫がいつもは大好きなティートリーの香りが嫌いになり途中から使用中止に。いくら「○○にいい・・・」と言っても不快な香りは逆効果なのでオイルの有効性と好みの香りであるかで選びたいものです。

その他、レモンジンジャーティーなども飲みました。ジンジャーは血液循環をよくしてくれるので体が温まり、風邪の時だけじゃなく寒い冬には今では必需品のようですよね。みそ汁の中にもスライスしたショウガを入れていただきました。体がポカポカになるのでおススメです。

さてアロマのことを考えると自分の中でニュージーランドが反射的に浮かんできます。最近NZ時代の友人が同じ学校のアロマコースを修了したという話を聞いたせいもありますが。

南半球のNZは今が夏。人生のほとんどを北半球で過ごしている私には夏のクリスマスがしっくりこなかったけど、印象に残っているのが下の写真の木。


ポフツカワ(Pofutukawa)
NZ原産の木

ちょうど今の時期に赤い花が咲き、NZではニュージーランドクリスマスツリーとも呼ばれています。これは私が住んでいたおうちの庭にあったポフツカワ。赤と緑のきれいなクリスマスカラーですよね。

0 件のコメント:

コメントを投稿


UA-68325954-1